忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと、ブログさぼってました。
というより、引継ぎ前で、ちょっと忙しくて。

先週まで、土曜日は、日本語の教え方の授業を受けに、
ハノイまで行っていて、
9時からのクラスに出るために、朝4時45分に起き、
5時45分に家を出る生活だったので、
今日もつい、同じ時間に起きてしまった。

もったいないので、もうちょっとしたら、
市場の散策にでも行ってみようかと。




地元のオペラハウス。 

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
PR
じゃ、明日、また続きを・・・とか、
次回に続くと書いていた、過去の書き込み。
少しずつ、それらの放置されていたシリーズを
完結させていく予定。

今回は、カンボジアで家探しシリーズ。
前編はこちらから。
http://cambodia.blog.shinobi.jp/Entry/294/
http://cambodia.blog.shinobi.jp/Entry/296/

 

フリースクールがある近くの風景より。
新しい建物とバラックの家が混在しています。
最近は、プノンペンは土地バブルで、
至るところで、新しいビルや長屋が建築中なんですが、
このフリースクールがあるスタンミンチェイとゴミ山付近は、
ぽっかりと新築ゾーンから外れています。
この付近の周りは、新しい町が出来ているんですが、
何か取り残されているのか、
古くからの住民の生きている力なのか。




こちらも、フリースクールの近く。
すぐ裏の寺です。
寝釈迦の彫刻なんですが、
あまり大きくない寺ですが、頑張っています。
ここのお坊さん達の中には、
けっこう英語が話せる人が何人かいて、
私も休み時間に行って、
話をしたりしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、カンボジアで部屋を借りて、
新生活をスタートさせたところから。

勤める学校も変わって、
付き合うカンボジア人学生も変わった。

普段一緒にいるのは、カンボジア人の先生や学生。
本当に、日本人との接触は少なくなった。

前の学校の学生は、ちょっとお金持ちの学生が多くて、
英語や中国語が話せる人が多かった。
新しい学校の学生は、働きながらだったり、高校生だったり、
外国語の勉強はほとんどしたことがない人もいた。

上のお金持ちだけど、
前の学校の学生は、学費が月10$、
新しい学校は、自分の学生が月5$、
他のカンボジア人の先生の学生が、月4$なんで。

他の日本語学校だと、月1$なんて、学校もある。

また、その学校のことは別の機会に。

それで、引っ越してから、
前の学校の学生が、授業では会えなくなったので、
夜にご飯を食べに行こう、とか
遊びに行こうと、よく誘ってくれた。

金曜と土曜の夜は、よく飲みに行っていて、
けっこう遅くまで飲んでは、家に帰っていた。

さて、この新居の1階には、大家さんが住んでいて、
門の所には、犬がいた。
私の住まいは、2階だったのだが、
この犬、慣れるまでは、かなり吠えてきて、
本当に、番犬にぴったり。

ある晩、ものすごく犬が鳴いていた。
たぶん夜の1時ぐらい。
でも、寝ていたので、特に気にもせず。
その何分後かに、
大家さん夫妻のの話し声とまた犬の声が。

そして、更に、何分か後。
私の部屋の玄関をドンドンと叩く音。
そして、大家さんの奥さんの方の声。
なんだなんだ、と
ちょっと小ぎれいな服を上に羽織って、
ドアを開けると、

大家さん夫妻に挟まれて、自分の学生が・・・。

泥棒だと思われて、捕まった模様。

また、長いから、次回へ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
最近のことなど、徒然と。



授業風景です。
男の学生が多い、夕方クラス。
日替わりで、日本語と英語を勉強しています。




教室に、掲示板を作って、
子供達みんなの写真と、
それぞれのプロフィールや将来の夢なんかを書いて、
貼っています。
これは、その写真撮影の様子。
周りから、笑ってとか、いい顔とか言われて、
つい、そっちを見てしまっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長々と書いた書き込みが2回に渡って、固まってぐったり。
あー、せつない。
もう一回書くけど、たぶんやる気なしの文に・・・。
おもしろ話もオチも特になし。

最近読んだ本より、

最近、「あなたはそのままでいいんだよ」
と書かれた本が売れたり、
そんなニュアンスの文を読んで癒されている人がいるが、
今まで、そのままの自分でいたばかりに、
今悲しんでいる自分がいる。
何か変わらないといけない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日書いた、咳が続く人たち。

私の身近だけかな、と思っていたら、
けっこう他にもいる。
毎週土曜日だけ、
ハノイに、日本語の教え方の勉強をしに行っているのだが、
その先生も、一緒に勉強しているベトナム人の先生も
ゲショゲショと辛そうな咳を。
ちなみに、私はそれに加えて、風邪をひいてしまい、
今朝は、ハウンド・ドッグのような声に。
(またもや、ターゲットは30代)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ何ヶ月か、相撲がおもしろくて、
取り組みがあるときは、
なるべく家でテレビを見ているようにしているのだが、
今日は、朝青龍と白鵬の取り組みが面白かった。
どっかの動画を見てもらえれば分かるんだけど、
白鵬が下にぺったり手をついた後に、
朝青龍が上からダメ押しで押して、
白鵬が激しくにらんで、あわや・・・の雰囲気。

なんてったって、解説が、
「土俵の上じゃなきゃ、始まってるね。」ですから。

琴欧洲が、ブルガリア語で喜びの言葉を言ったのも、
すごくよかった。

私の田舎、山形は、親方の琴の若の地元なんだが、
この琴の若の実家は、スーパー。
琴の若が現役のときは、
琴の若が勝つと、花火が上がって、
割引になっていたのだが、

琴欧洲が決まった昨日は、花火がバンバン上がって、
このスーパーで、卵50円セール。
今日も、朝早くから花火がバンバン上がって、
15%引きセール。

私の母も、朝早くから出かけていったそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の後任はほぼ確定なのだが、
いつ赴任するかとか、引継ぎはどうか、などは
決まっていない。
一応6月中旬から、遅くても月末には
引継ぎをして、出国したい。

人事部長が気を使ってくれて、
あまり帰国が遅くなっても悪いから、
もうちょっと大丈夫?と、よく言ってくれる。

ええ、まあ・・・とこたえる私に、
たぶん、私が婚期を逃すのが心配なのか、
申し訳ない・・・を繰り返す部長。

私の本心。
1、カンボジアに早く行って、子供たちに会いたい。
2、楽天の応援に帰りたい。
  早く帰らないと、シーズンが終わってしまう・・・。

そんな私。

  にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
フリースクールの授業の一コマから。



このクラスは、女の子が多いクラス。
たまに、男の子が一人の時も。
女の子たちのパワーがものすごい時は、
こっそり、先生の近くに、避難しています。




授業の最後は、フリツケ付きの歌でしめます。
クラスみんなで、楽しそうに踊ってます。
(ダンシングヒーロー BY 荻野目ちゃん 
 今日も30代以上の方で、すみません。)



うわ、くらっ!
夜の英語クラス。
ソレン先生のクラスは、男子生徒に大人気。
兄貴、付いて行きますぜ!!
とでも、言っているようです。
付いて行ってもいいんでしょうか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そろそろベトナム生活も引き上げだ。

今まで住んでいたどこの国でもだが、
引き上げる、とみんなに言うのが、
引き上げの1~2週間前なので、
この時期になると、急に誘いが増え、
付き合いが急がしくなる。
でも、これはちょっといい面かも。

それから、悪いこと。
これは、前に住んでいた、カンボジアでもインドでも共通。
理由はよく分からないが、
帰ると決めて、
あと1ヶ月から1ヵ月半で帰国という時期になると、
だいたいひどい風邪を引く。
そして、風邪は治るのだが、
そのまま、ずっと咳が止まらなくなる。

日本語を教えているので、
話すのが仕事なのだが、
授業中もゲショゲショやって、
説明が途切れ途切れになったりして、
水を飲みながら、授業をすることもしばしば。

今も、先月、風邪を引いて以来、
この咳がなかなか治らない。

話さないと、咳も出ないのだが、
一旦話し出すと、ちょっと厄介。
電話で話すときも、やはり水を飲みながら。

そして、最近では、自分の学生でも
同じような症状になっている人がチラホラ。
みんながみんな2~3週間は、辛そうにしている。
お茶を飲んでうがいをしたり、
なるべくタバコの煙を吸わないところへ行ったり。

部屋もなるべくきれいにして、
乾燥しないようにはしているが、
天気がよく変わったり、
街中は、バイクによる排気ガスだらけだったりと
負の要素が多い。

私は、日本に帰りたい病と、よく呼んでいるが、
日本の空気に飢えているんだと思う。
今も、1年4ヶ月も日本に帰っていないので。

でも、学生たちは、なんで同じ症状なんだろう。
みんな、病院へ行って注射をしたりしてて、
天気のせい、と言っているが。
季節の変わり目っていうことで。

皆様も体には、お気をつけください。
日本でも、百日咳や、咳喘息などが
流行っているようなので、
ちょっと咳が出たら、病院へ。

私も、週末に病院へ行って、咳止めをもらってきます。

  にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
昨日もくじけてしまった・・・。

前回の愛人シリーズの続きで、まとめでも。

昨日の、多数の建築現場の近くに、現地妻がいる彼だが、
確かに、顔もそこそこ。
現場で働いているので、筋肉もあるし、
いい感じでやけている。

しかし、何よりの魅力は、やはり稼ぎだと。
奴は、ワールドカップの賭けで、数千ドルすっても、
普通に生活しているぐらいなもんで。

やはり、田舎では、女を養える経済力は
それだけで、魅力の一つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奴は、かなりの特例だけど、
以前に勤めていたラオスの会社でも、
普段は、地方の現場で、共同生活で、
週末だけ、町の家族のもとに、みんな帰っていた。

というわけで、普通の日は、
奥さんの目の届かないところで、
けっこう、みんな愛人というか、彼女といろいろと。

この彼女も、みんな割り切っていることが多く、
奥さんがいるから・・・と思い悩んでいる様子は、
あまり見られなかった。
普通に、一緒にビールを飲んでいたスタッフに呼ばれて、
彼女登場、なんて、たまにある話。
彼女と紹介され、ご満悦の様子で。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は仲が良かった、ドライバーも、
新婚1年でかわいい子供が生まれたばかりの25歳だったけど、
16歳の彼女を作っていた。

フォローにならないフォロー。
奴の口癖。
男は、好きな人がたくさんいるものだけど、
愛しているのは、嫁だけだ。

そして、その言葉を唱えながら、
彼女の家に遊びに行っては、
家族と一緒に、ビールを飲んでいた。

いいキャラ。
本当、仲良し。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、私が唯一、こいつはすごいと思った親父。
地方の村で住んでいたのは、上にも書いたが、
大きい町に、妻もちょっと大きくなった子供もいる親父。

しかし、地方に、愛人を作り、
その地方の現場から、30分ぐらいの小さい町に、
愛人のための家を買い、店をやらせ、
完璧な二重生活。

奥さんには、全く気付かれず、
家族も愛人も完璧に養っていた。
それぐらいの稼ぎと、甲斐性があったら、
愛人を持つのも、まだ許せるかも。

でも、奴の給料と、二家族の生活費の収支が合わないような・・・。
どうやって、小金を稼いでいたのだろう・・・。
愛人のヤギの焼肉屋か?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、最後に、私のことでも。
職場で仲が良かったにーちゃん(1つ上、既婚・子供2人あり)がいて、
ある日、一緒の現場で仕事をしていて、疲れたので、
仕事帰りに、現場の近くにある店に、ビールを飲みに行った。

何週間か、同じ現場にいたら、愛情もわいたようで、
(現場で、女は私だけだったもんで)
酒の酔いもあり、
「結婚する前に、出会っていれば・・・。
でも、嫁よりもずっと愛している・・・。」
と、どこかのドラマで絶対聞いたことがあるようなセリフを。

刺されたりしたら怖いし、めんどくさいし、
「結婚している人は、ちょっと勘弁。」と言って、
また酒を飲み続ける。
とりあえず、また世間話なんかに戻しながら。

そして、30分後ぐらいに、奥さんから電話があった。
「うちの嫁は怖いから、そろそろ帰らないと・・・。」
そう言って、ビールのお金を払って、
私を寮までおくって、速攻去っていった。

ちなみに、当時、彼は30歳、私、29歳。

奥さん、19歳。
奥さんが16歳のときに、結婚して、子供が2人。

戦うつもりもないけど、比べるのも申し訳ないから、勘弁してくれ。
そして、付き合ってもいなきゃ、好きになってもいないのに、
なぜか、フラれ気分でロックンロール。
(BY TOMCAT  30代以上の方だけ、お楽しみください。)

今でも、その現場に遊びに行くと、
一番に迎えに来てくれるけど、
あのくどきとその後の態度は、
いまだにネタにしては、イジメている。


お、このブログ始まって、2回目の恋バナ。
別に広がりなし。


 にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ



忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析