忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



たまには、かわいい写真でも。

いつも、私のくだらない話につきあっていただいてるので、

少しでも、心の洗浄になれば。


勝手に、映画について、書くので、

あまり興味のない方は、スルーで。


レッドクリフ2の試写会に行ってきました。

1は見てなかったので、

行く前は、話が分かるか、ちょっと心配で。

10年ほど前に読んだ、

三国志のマンガで、

乗り切れるか?と思っていたら、

試写会前に、なんか出演キャラが多いこと判明。


でも、上映が始まって、5分は、

ちょっとした復習の時間があって、

面白く見ることができました。

大好きな張飛もわりかし活躍してました。

中村獅童も出ていたのですが、

私が、細マッチョ・ゴリマッチョのCMを

ちょっと思い出してしまうアクシデントはあったものの、

いいポジションです。

中国語も分かりませんが、

たぶんいい感じだと思います。

字幕が、戸田奈津子さんだったので、

映画が始まった瞬間、

あ、間違いない、と思ったんですが、

戸田奈津子さんって、

普段は英語→日本語の翻訳のはずなのに、

中国語→英語→日本語だったのかしら。


ちなみに、12日に、

レッドクリフ1をテレビでするそうです。


偶然、試写会好きの友達も見に来てたのですが、

彼も1は見てなくて、

三国志のゲームで勉強してから来たとの事。


昔、ラオスに住んでいたときに、

たまに、ラオス人の友達数名と

小旅行に行ってたのですが、

夜食堂でご飯を食べて、

部屋でビールを飲んでいるときに、

中国の歴史物のテレビが始まると、

みんな釘付けになってました。

当時は、中国人の出演者の吹き替えが、

タイ語なので、

なかなか受け付けられず、

みんなが乗り出しているのを

後ろの方で見ては、

周りの友達に、

タイ語をラオス語に直してもらって、

ようやく分かる程度なので、

中国語の字幕があるときは参加、

字幕がないときは、手酌酒でした。


今なら、あの友達と一緒に、

みんなで中国歴史ドラマが見られると思います。


中国歴史ドラマのタイ語吹き替えも微妙ですが、

今までで、ものすごく新鮮だった吹き替えは

アルプスの少女ハイジと

キャプテン翼が話す、中国語。

クレヨンしんちゃんが話す、

タイ語、ベトナム語、英語。

こち亀の両さんとドラえもんが話す、ヒンディー語。


映画のドラゴンボールは、

怖くて、手が出せません。

今みたいのは、

もうすぐ公開のスラムドッグ$ミリオネアと

おっぱいバレーです。

映画館の窓口で、

おっぱい1枚と言えない若人もいるのでは?

別に、おっぱいバレーだったら、

普通に言えるか。


 にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 

 

 


PR
最近、マジメな書き込みをしていた私ですが・・・。

今日、市役所(家から徒歩2分)に

戸籍抄本を取りに行きました。

そして、受け取って、家に帰ってびっくり。

私の履いていたジーンズのファスナーあたりに、

朝、歯磨きをした時にたれた

つばで薄まった歯磨き粉のしみが。

場所的に・・・色的に・・・

想像してください。

ちょっとした、昼下がりの情事です。

って、下ネタかよ?


ご報告がありまして・・・


お、ついに嫁入りか?と

思ったあなた、

期待を裏切らない女


・・・には、なれません。


4月下旬からカンボジアで働くことになりました。

9ヶ月間ですが、

なかなかの僻地です。

やることがなさそうな所なので、

エロ小説でも書き始めてみようかと思います。

1年後には、夕刊フジで

連載が始められるといいんですが・・・

どっちかというと、夕刊紙はゲンダイファンです。

(30代以降がターゲットのこのブログ。)

いやいや、久しぶりに

クメール語を勉強します。

2~3ヶ月に1回ぐらい、

センターに行って、

授業は見られなくても、

会議ぐらいには出られたらいいな、と思っています。



それから、

センター宛に、振込みができるようになりました。

(今までは私の個人名だったので)


みずほ銀行 山形支店 1420622

カンボジア アイセンター
       ↑ スペース空いてます。


今月は、飲みに行く回数を1回減らして、

子供たちになんか使ってあげようかな、などど

思っていただけたら、是非、こちらまで。


間違っても、私が、

おれおれ、ちょっと事故ってさ・・・

などということはありませんので。

私には、弁護士役は演じ切れません。

ガラスの仮面もないので、

北島マヤにもなれないので、

ご安心を。


この手続きをしてくれた、

みずほ銀行のお姉さんがすごくいい人で、

私が帰るときには、

体に気をつけて、がんばってくださいね!

と笑顔で・・・。

今流行のところで言うと

惚れてまうやろー、
です。

(おしゃれブログ全壊・・・いえ、全開です。)

宝くじが当たったら、

全部みずほに入れて、

お姉さんから投資信託を買うよ、

と思ったぐらいです。


でも、宝くじが当たる確率は

交通事故に遭う確率より低いと言いますから。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414983554

今まで、交通事故には2回遭っている(無傷)ので、

そろそろ宝くじにも当たるんじゃないかと。

それよりも、

世界のどこかにいる、

たった一人の彼に私が出会える確率が、

これより上かどうかが気になります。


いえ、たとえ、確率が低くても

きっと確変が来ます。

1円パチンコで。

1円・・・

私の価値ぐらいなもんです。

ちなみに、私の地元では、

この1円パチンコのCMが

特に夜には、エンドレスで流れています。

もし、これを読んでいるあなたが

1年間外国にいて、帰ってきて、

山形に連れてこられたら、

この何度も流れるCMを見て、

日本で一番人気があるタレントは

川崎麻世だと、勘違いする可能性大。


おくりびとで沸くアカデミー賞ですが、

アカデミー賞作品「スラムドッグ$ミリオネア」を

ちょっと違う視点で見てみると。


この映画、

たぶん、途中で、みのもんたが出てきます。

ビートたけしが1000万円取ったりします。

そして、ゾマホンの国に、

学校や井戸を作る映画です。

あくまで、たぶんなので。


個人的には、

普通のインド映画が好きです。

この映画についての記事より。


受賞映画 「児童搾取」の声も
---

インドのスラムを舞台にした映画

「スラムドッグ$ミリオネア」が

アカデミー賞の最優秀作品賞や監督賞など

主要な賞を獲得したことに、

映画の舞台となったムンバイでは、

受賞の喜びにわく一方で、

出演した子どもたちの多くが

日本円にして

1日100円の報酬しかもらっていないとして

「児童搾取」と批判する声もあがっています。


映画の舞台になったムンバイのスラム地域では、

街頭にテレビが用意され、

早朝の6時半からアカデミー賞の授賞式が始まると、

大勢の人たちが授賞式の様子を

食い入るように見つめていました。


また、映画でヒロインの幼少期を演じ、

授賞式にも出席した

9歳の少女ルビナさんの住む小屋には、

大勢の報道陣が訪れ、

母親は「娘が映画に出演してもらったお金は

病気の夫の治療に使ってしまいましたが、

娘が有名になり、将来にも期待しています」

と話していました。


一方、この映画をめぐっては、

エキストラとして出演した子どもたちの多くが、

日本円にして1日およそ100円の報酬しか

もらっていないと話していることや、

間にブローカーが介在していたケースもあったことが

明らかになっており、

アカデミー賞の受賞によって

全世界で興行収入の増加が予想されるなか、

インドでは「児童搾取」ではないかという批判の声も出ています。

(02/23 23:54)


悲しいかな、

インドでは、けっこう妥当な金額だと

思ってしまった自分。

それぐらい普通に、格差は存在してて、

ブローカーの存在が気になるところ。



インドと言えば、踊るマハラジャ。

これにかなう映画は、そうそうありません。

ちなみに、今日見た映画は、

マルタのやさしい刺繍。

こんな感じで、

お金があまりかかっていないような

定番映画が、私は好きです。


 にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 

 



このブログで何度も書いてますが、

映画が好きです。

昨日も、試写会に行ってきました。

ここ最近、試写会にかなりの確率で当たっているのですが、

ハンサムスーツ、
桜の園、
K-20 怪人20面相伝、

と、日本アカデミー賞にかすらない感じのものがほとんど。


で、昨日行ったのは、チェ・ゲバラ29歳のほうです。

ちょっと期待は大きめ。

キューバ革命の人、

Tシャツの人、という前知識しかなかったんですが、

びっくり、アルゼンチンの人で、

そのうえ、医者でした。


ただ、途中から、

どうしたら、カンボジアに革命が起こせるか?

世界を変えられるか?

マザー・テレサも、ある意味革命か?

なんて、頭の中で、勝手に革命が始まってしまい。

(↑本気で考えちゃうのが、頭の悪いところ)

映画の内容がとびとびになってしまい・・・。

脳内でかなり盛り上がってる中、

心のBGM 渡辺美里のMy Revolutionが

流れ始めた。

(小室哲哉事件で、ほとんど聞かなくなっているだけに)

そして、映画が終わる頃には、

ゲバラと一緒に、私の中でも脳内革命が完了。

自分より若い時分に、

ゲバラは革命を起こしているっていうのに、

何、頭の中で、いっちゃってるんだろう・・・。



でも、世の中には、変えられるもの、

変えられないものがある・・・。

基本、世界は変えられると

まじで思っちゃっている私で、

まあ、それぐらいじゃないと

いろいろやらないか。

でも、変えられないものがこちら。


というわけで、抜粋。

http://r25.jp/b/column/a/column_details/id/110000005517

男はなんでオッパイが

好きなんだろう?

見るとなぜか手を合わせてしまうほど「ありがたい」オッパイ。みなさんも、「オッパイ、オッパイ…」って繰り返し唱えていると、だんだん幸せになってきませんか…? | 男はなんでオッパイが好きなんだろう? 
見るとなぜか手を合わせてしまうほど

「ありがたい」オッパイ。

みなさんも、「オッパイ、オッパイ…」って繰り返し唱えていると、

だんだん幸せになってきませんか…?

みなさんは、あの、その…「オッパイ」って好きですか?

じゃあ、せーので言いましょうか。

せーの! 「大好き!」…というわけで、

みんなが大好きなオッパイ。

そう、私やあなただけじゃないはずです。

男たちはなぜ、オッパイに魅かれてしまうのでしょうか?
 

男はみな「オッパイが好き」という宿命を

背負って生まれてきたわけですね。

男ならオッパイをめでよってことでしょうか。


以上。

おっぱい好きは、ちょっと進化した生き物なのか?



こういうのを載せるのは

ホームページとリンクしてるので

どうかとも思うんだけど、

(もっとまじめなブログのほうが

ウケがいいか、と考えてみたりするものの)

前にも書いたが、

最近、あいさん、尊敬しています、的な

メールが何通か来ているので、

胸が痛くて、

つい、いつものノリで載っけてしまった。

まあ、こんな人でも、たまには、いいことをするので、

そんな構えずに、

誰かの為に、ちょっとやってみようかな、と

小さいことからでも、

何か、始めてみてはいかがでしょうか。


全く、まとまりない文を

ちょっとまとまった休みの前に。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
 

 

 
 
http://www.mirai-kodomo.net/

「未来を写した子どもたち」という映画が公開されている。

私の住んでいる所では、上映されないので(問い合わせ済)、

年末にでも遠征する予定。

かなり前に、NHKかなんかで、

このドキュメンタリーの前半部分に近いものを偶然目にし、

本当に夢中になった。


「夢は世界を変えられる」


まだ、映画は見てないんだけど、

とりあえず、そんな内容だと。


 ちょっと前に、センターに来ていた方が

子供たちの写真をたくさん撮って、

子供たちにくださってました。

今回が2回目の訪問の方です。

子供たちは、他のボランティアの方にも

よく写真を撮ってもらっているのですが、

自分が写っている写真を見る機会は、けっこう少ないので、

(その場で、デジカメの画像は見せてもらっていますが)

現像した写真を見て、本当に喜んでいたようです。

その方が、以前に、

子供たちに、カメラを渡して、

自由に写真を撮ってもらおうかな、と話していて、

おもしろいアイディアだと思いました。


私も、パクリで、同じことをしてみようかと思います。

子供たちの写真と絵で、

ポストカードでも作ろうかな、と思っているので、

いろいろなパターンで試作品を作ってみようかと。

他にも、アイディアのある方、メッセージください。

かなりの確率で採用されると思います。

  
にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
 

 

 
 

日曜日に映画「闇の子供たち」の監督のトークショーに行ってきました。

http://www.yami-kodomo.jp/


(闇の子供たち 公式サイト)

これを探すのに、検索ページで、
「闇の」と入れたら、
闇の職安と闇のパープルアイがヒットしてきて、
ちょっとびっくり。

(ちなみに、今日は、ハンサムスーツという映画の試写会に
当選して、行ってきました。)

「闇の子供たち」はけっこう重いテーマで
子供の臓器売買や児童売春などを扱っています。

当日は、映画を見た後に、
監督のトークショーで、
いろいろな撮影秘話が聞けました。

そして、質問の時間ですが、
泣きそうになりながら、
こんなことがあるなんて・・・と
質問するお母さんなど、
特に、女性の方の質問が多かったです。

私も質問をしてみました。
質問は、あまりの重いムードに軽い内容にしたのですが、
最初に、カンボジアでフリースクールをしていて、
カンボジアでも、同じように、
児童買春などは、普通にあることなので、
重く受け止めて、拝見しました、
と言ったところ、
会場の何人かが、
え、普通にあることなの?
と、振り返って、私のことを見ていました。

私自身は、カンボジアの児童買春事情はよく分からないのですが、
ちょっとお姉さんの世代の売春事情は、
知り合いに、そういう人がいるので、
たまに話を聞くことがあります。

そんな話は別として、
監督が、現地のNGOの人たちと話したときに、
NGOの人たちが、
かわいそう、という気持ちだけじゃ、活動はできない、
と言っていた、と話していたそうです。

実際、フリースクールのスタッフも
(たぶんボランティアの方の何人かも)
かわいそう、という気持ちで動いているわけではなく、
何かできることをやっていこう、という
スタンスのような気がします。

フリースクールを始めたときも、
ちょっと子供たちと
高度な勉強
(宇宙の話とか、世界のいろいろな国の話とか)
の話をしてみたいとか、
一緒に遊びたいとか、
そんな話から、
ぽろっと、話が進んでいったので。

何かをしてあげる、より、
何かを一緒にやっていく、
このスタンスが好きです。


闇のパープルアイ(テレビドラマ版)の
雛形あきこの相手役の男の人が思い出せません。
思い出した方、
または、ゆーとぴあ(ゴムパッチン)の解散が気になる方は、
こちらをクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析