忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ 一応、私が住んでいる町の名所など、たまに。
 正面の大きい肖像画は、ホー・チ・ミンです。

いやー、白鵬と朝青龍の取り組み、よかったですわ。
知り合いの誘いも断って、
リアルタイムで見ようと、構えてましたんで。

昔、うちのばあちゃん(今、97歳)が
相撲が大好きな人で、
取り組みの前に懸賞金の数を数えて、
6万×・・・と、よく計算してました。
ばあちゃん曰く、
そのうち、5千円は諸経費で取られて、
実際手に入るのは、5万5千円だと。


さて、昨日もちょっと書いてたコラムですが、
やっぱりあたりさわりのない文を書くように
心がけているので、ちょっと消化不良。
というわけで、ブログ用に書き換えて、
こっちを先に。

腐っても、一応建築士の私。
街の工事現場を見るのは、好きだ。
特に、私が今住んでいる街は建築ラッシュで、
大型ショッピングスーパーとデパートがある通りは
その両脇に、オフィスビルやホテル、レストランなど
次々と、建物を建てているところだ。

私は以前に、ラオスでも建築の仕事をしていたのだが、
現場にいたのは、70%ベトナム人、残りラオス人。
カンボジアなどでも、同じように、
出稼ぎに来ているベトナム人建設労働者は多い。
 
ベトナム人の仕事の早さと、手の器用さは
群を抜いていて、現地の労働者でも、かなわない。
でも、小ずるさや物を盗む、なんてのも
関係者は、よく知っていて、
聞くと、ベトナム人には注意しておけ、と言って、
資材の数は、よく数えて、メモしていたようだ。

そんなベトナム人だから、
お金がかかると、仕事は早い。
特に、お金は出すから、
期限までに完成させてくれ、と
言った時の頑張りは、
日本人でも目を見張るぐらい。
 
彼らの仕事のスタイルは、
日本のそれとは大きく違う。
まず、現場が決まると、
最初の1,2日で、
現場の一角に小屋というか、
柱と屋根と竹のシートで作った壁の
簡易的な建物を建てる。

そして、そこに住み込んで、
共同生活を開始させるのだ。

なので、みんな、現場初日は、
大きい旅行バッグとか、
人によっては、薄手の布団などを持って、
やってくる。
 
作業員が、その現場に住み込み、
そこで寝泊りをし、飲食をともにし、水を浴び、
もちろん、作業も一緒だから、
完全に24時間一緒である。
料理もそこで行う。
 
これは、建築資材が盗まれる可能性があるのと、
現場ごとに、どんどん移動していくので、
部屋を借りて、定住してしまうと、
次の仕事にありつけないからだ。
これは、東南アジアでは、共通したスタイル。
 
聞くと、労働者の半分ぐらいは結婚していて、
1年に1,2回田舎に、家族に会いに帰る。
後の半分は、こんなスタイルなどで、
なかなか出会いがないようで、
彼女がいる、と言う人は、ほとんどいなかった。
実際、私がいた現場は100%男。
たまに、村で祭りがあると、
みんなで来て、村の女の子を見ては、大喜び。
(でも、声をかける勇気なし) 
現場を見学に来る、大学生女子がいると、
張り切って、作業にあたる。
いつも、そのやる気を見せてくれれば・・・。
特例で、
その現場に奥さんも一緒に住んで作業していたり、
子供も一緒に住んで(住所不定だが)
その現場から、地元の学校に通う子もいるようだ。
(転校が多くて、大変そうだ)
これは、けっこう珍しい例で、
私は聞いたことはあるけど、
実際に見たことがない。

そんな移動する現場作業員の話。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析