忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すみません、これ、10月2日に書いたもので、
カテゴリーを変えたら、ここに飛んでしまいました。

久しぶりで。
ネットの調子が悪いのか、
書き込みどころか、ブログもホームページも行き着くことすらできず。
 忙しいけど、元気にやってます。

今は、今週末に行われるスピーチコンテストの
2次審査の練習中なんですが、
出場する学生が、夜11,12時まで残業なんてこともあり、
練習時間が取れていない感じです。
逆に私のほうが、待ちぼうけで。っていうか、
夜11、12時まで残業なんて…。
自分はそんな日本社会がいやで、
飛び出ているというのもあるのに、不思議なものです。

 さて、今日はそのスピーチコンテスト(カンボジア)に
出場したスタッフのソレンさんの話。

 カンボジアでのスピーチコンテストは、
まず作文を出して、作文審査、良かったら、本選というもの。
当時、私が働いていた学校からは、
主張できそうなレベルの学生もいないし、
本当に蚊帳の外で、
日にちとか、作文提出なんて、まるでチェックする必要がなかった。

 その日は土曜。
朝、私はコンピューターの先生とご飯を食べに出かけ、
昼は市場に買い物に出かけ、 3時ぐらいに学校に戻ってきた。
すると、学校にいた同僚の人が、
さっき、ソレンさんがスピーチコンテストに出たいから、
作文を見てほしいと言ってきたよ、と。

 いないと伝えてくれたそうで、
4時過ぎにまた来ると言って、帰って行ったらしい。

のん気に、カンボジアの歌番組なんかを見ながら、
待っていると、 4時過ぎにソレンさん登場。

 へー、出たいの? 

ええ、是非。
というわけで、作文を書いたので、見てください。

うん、いいけど、いつまで見て、直しておけばいいの? 
提出があさっての11時までなので、できれば、今…。

ただでさえ、丸二日を切っていて、
しかも、提出するための用紙は、日本大使館にあると言う。
ということは、あさっての月曜日は事実上なし。 
今晩読んで、明日もう一度書き直しをさせて
明らかにタイムオーバーなんですが…。

自分は作文はあまり手直しをしたくないので、
長く書かせて、いいところを引っ張ってくるので、
何回も自分の言葉で書き直しをさせる。
 間に合わないって、絶対。
なんて、言ってられない状況。

とりあえず、同僚に状況を説明して、ネタ提供。そして、いざ添削開始。
PR
前回の続きで。

スピーチコンテストに参加したいと言うソレンさんの作文添削開始。
とりあえず一読して。

ちなみにタイトルは、どうしたらカンボジアに来る観光客増えるか、
というもの。
さすが、当時、観光学科の大学生だけあって、
なかなかの選択。

読んで、なんとなく日本人が好きそうな感じの作文だな、と思ったけど、
事実ばかりが多くて、ちょっとガイドブックのような印象。
とりあえず、もうちょっと自分の体験談や
問題点や改善策などを考えさせて、
もう1回次の日に持ってくるように指示。

ちなみに、この段階で、私はスピーチの条件(字数制限、時間制限)を
まるで把握していないんだけど。

でも、日曜日はソレンさんのために、1日あけるから、
できたら、電話をかけて、すぐに来い!!と。

にしても、カンボジア人(っていうかソレンさん)、
変なところで自信があって(いい意味で)、
明日の午前中まで、持ってきます、と言って、家路へ。

そして、ソレンさんが帰ったあと、
同僚の人とまた大笑いと苦笑いの間ぐらいの笑い。
さすが、カンボジア人、なんて言いながら。

私も正直、この段階で、ちょっとムリかな・・・、
でも、できるだけ、やってあげよう、と。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析