忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あっという間の年度末。

このブログも3年目に突入。

今月はほとんど書いてませんが、

また、地味に書いていきます。


さて、インドで知り合いになった人のブログで、

こんなサイトが紹介されてました。

質問に答えると自動的に自分の初恋相手からの手紙が届きます。

http://letter.hanihoh.com/

それで、質問に答えてみました。

すると、こんな答えが・・・。

いや、ビビリましたよ。

生年月日と簡単な質問にしか、

答えていないのに、

めがねフェチが見透かされています・・・。



あいちゃん、元気?

もう彼氏にメガネをかけさせる衝動は治まりましたか?

メガネをしてなきゃ男じゃないと

言っていたあいちゃんをなつかしく思います。

意地っ張りなあいちゃんが

「面倒くさいならさっさと別れればいいでしょ」と言って

おれを突き放したあの日から、

もう17年が経ったんだね。

月日が流れるのは早いものです。


この手紙を書いたのは、

特に用事や理由があるわけではないんだ。

ただ昨日友達と会って

あいちゃんの話題が出たから、

ひさびさに思ったままでも

何か書いてみようと思って。

びっくりさせたかな。


今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、

なんだか、あいちゃんに怒られてばかりで

つらかったなぁというイメージがあります。

女子にはもちろん、普通に男と遊びにいくときでさえ、

なんだかんだと文句をつけていましたね。

「彼女より友達が優先なんだね」と

冷たく言い放ったあいちゃんを今でも忘れません。

今はもう少し心の余裕ができたかな?

気になります。


あ、そういえばあいちゃんにとっては、

おれが最初の彼氏だったのかな?

最初のころのあいちゃんは、

わりと意地っ張りで

「他の男子にもよく告白されるけど」とか

嘘を言いまくってましたね。

今思えばかわいいものですが、

当時はカチンときました(笑)。


まだ二人がラブラブだったころ、

あいちゃんは「もうどこにもいかないでね」と

よく言っていましたね。

おれは一生そのままだなんて

とても無理だと思ったけれど、

真剣なあいちゃんの顔を見て、

何も言えなかったのを覚えています。


総括して言うなら、

おれはあいちゃんと付き合えたことを、

本当に感謝しています。

この経験があったことで、

あまりつらいことをつらいと感じなくなったし(笑)

よりかかられることのつらさと喜びを

同時に味わうことができました。


いろいろ書いたけど、

おれはあいちゃんが大好きでした。

これからもあいちゃんらしさを大切に、

そろそろサインペンでアイライン描くのはやめて(笑)、

新しい誰かと幸せになってください。


またいつか会いましょう。では。


P.S. 老人のニオイが好きって言ってましたね。

今でもそうですか?



他の人にも告白されてる・・・と見栄を張る、

まんざら間違いでもございません。

そして、加齢臭を越えて、老人のニオイですか。

新しい趣味の開拓のために、

チャレンジしてみようかと思います。


趣味が読書の私ですが、

最近、図書館で借りてきた本は、

1、神様がくれたHIV
2、麻薬の運び屋にされて
3、私の夫はマサイ戦士
4、シンドラーのリスト(DVD)

一応、どれも海外関係の本ですが、

改めて見て、守備範囲の広さに、

自分でもびっくりさせられます。

特に、マサイ戦士、かなり楽しみ。


 にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
PR


↑ ラオス・ビエンチャンの凱旋門(サイズはかなり縮小されてる)と
 最近走り始めた、比較的、街中を走るバス。

最近、自分の周りで、
バスで、ハノイからビエンチャンに行った人、
又はその反対に、ビエンチャンからハノイへ来た人が多い。
このバスは、
ガイドブックによって、マチマチなのだが、
20時間~24時間かかるらしい。

私の知り合いのラオス在住のベトナム人が、
このバスで帰郷した際に、
もう2回も、荷物を盗まれたのか、紛失していて、
だから、ベトナム人は信用できない、と
いつも、文句を言っていた。
(私も、そのあんちゃんを、
そんなに信用できなかったんだけど・・・)

なので、そんなに、乗る気もなかったのだが、
乗った人の話では、思ったよりも、評判がいい。
みんなが、最初にどれほどのもんを想像していたのか、
分からないので、
一概には言えないが。

それで、この前、このバスで、
ラオスに行った、知り合いの女の人に会った。
この人も、思ったより、バスがきれいで、
乗り心地がよかった、と言っていた。


なんか、悪い点とかなかったの?と聞いてみると、

バス旅だから、あまり水分を取らないようにしていた、と。

あれ、3時間に1回ぐらいは、トイレ休憩があるでしょ?

でも、ほら、トイレがさ、外でしょ。
やっぱ、できないよね。


その時、かなりハッとして、グッときた私。
(田原俊彦の「ハッとしてグー」より)

そうなんですよ、川崎さん。
ラオスの中長距離バスのトイレ休憩は、
食堂のトイレを借りることも多いんだけど、
山の中の一本道を行くとき。

トイレは、道路脇の草むら


大自然と一体化できる瞬間。

♪ はるか~、草原を~


というわけで、明日へ。
ブログが長すぎて、疲れる、との
ご指摘があったので、短めに。



セブンイヤーズ・イン・チベットに出たために
ブラッド・ピッドは、
生涯、中国への入国を拒否されているとのこと。

この映画のダライ・ラマ役の少年の演技が、
本当にいいです。

私のチベット知識は、
漫画「ゴーマニズム宣言」で、読んだだけですが、
中国との条約があり、
日本のメディアが、
この問題を取り上げないのは、
本当に残念です。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

 



↑ 外の屋台の隣に縁台で、昼寝をする子供。
 ちょっとやそっとのバイクの音では、起きません。
 慣れたものです。

昨日のブログの続きを書く前に、
どうしてもツッコミをしておかないと。

私、31歳。
しつこいけど、独身女性。

昨日、部屋を掃除していた。
来週から、プライベートで知り合いの人に
自宅で、日本語を教えることになったので、
その為に。

雑誌を整理しているとき、
どうしても捨てる前に・・・と
つい、読んでしまう。

その90%が、オヤジ向け週刊誌。

そう、私はオヤジ向け週刊誌が大好き。

週間ポスト、現代、(新潮、文春、)大衆、アサヒ芸能、
ここら辺が主なところ。

そして、かなり古いアサヒ芸能に目を通していたときに、
グラビアのちょっと後ろのほう、

思いっきり、ヘアヌードが。

そのヘアヌードの女の人のキャッチコピー、


「熟女の新星」。


ふーん、熟女ねー、全く興味ないわー、と思いつつ、
その人のプロフィールに目を通す。

1975年5月生まれ。

あれ、1コ上じゃん・・・ってことは、今32歳。


え、じゅくじょー?


と言いますと、私ももうすぐ熟女の仲間入り?
しつこいですが、まだ嫁入り前でございます。

確かに、性格は多少腐っておりますが、
まだ、人間的にも肉体的にも熟してはいないと・・・。

ただ、年代物のワインのように、
よく寝かせてある(食べてすぐ寝る)ので、
熟成間近な予感。




忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析