忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プノンペンに新しくできたデパートというか、

ショッピングモールの様子でも。




ちょっと見づらいかもしれませんが、

資生堂の化粧品コーナーで、

後ろの看板のところは、

TSUBAKIと書いてあります。

資生堂は、プノンペンには、

いくつか店舗があります。




フードコートです。

カンボジア飯から、いんちき日本食、

コリアンフード、ジュース、アイスなど、

けっこう充実。




意外と人がいません。

みんな涼みに来ている感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛があれば、どんな苦しい生活でも耐えられる・・・。

そんなことはない、と思う。

比較的、ワイルドな生活でも耐えられ、

村の工事現場で働いていたこともある私だが、

野外トイレは耐えられても、耐えられないもの。

それは、水シャワー。

ちょっとでも、寒いときに、

水シャワーをするときは、

息ができなくなってしまう。


つい、2,3日前、

ラオスで一緒に働いていた同僚と

東北の冬は辛い・・・という話をしていて、

水シャワーなんてありえない、と言っていたのだが。

今日、見事に、お風呂が故障してしまった。

さすがに、今日は、最低気温0℃。

水シャワーなんてしたら、死ぬ。

家の近くの健康ランドに行って、

とても幸せなひと時を過ごしてきた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週の土曜日に、

「ブタがいた教室」という映画を見てきた。

この日は、監督のトークショーもあるので、

かなり楽しみにしていた。

映画は、かなりよくて、

今年の邦画は、おくりびとか、これか、というぐらい。

それで、トークショー。

なんか、とても面白い監督だった。

途中で、女子高生が

「映画を撮るのは楽しいですか」

と質問をしていた。

監督も、ノリがよく、

「いやー、気持ちがよくて、脳内射精みたいです。

人と一緒に何かを作り出すのは、

本当におもしろいです。」

と言っていて、

けっこう盛り上がっていた。

昨日、NHKで、

その監督が地元の大学の准教授になるという

ニュースをやっていたのだが、

脳内射精・・・の部分が見事にカット。

(そりゃ、そうだけど。)

協力しあって、映画を作るのはおもしろい、と

かなりいい人になっていて、

それはそれで、おもしろかった。

映画は、かなりおすすめ。

最近、香川照之の出ている映画は、

かなり興味を引かれる。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
PR
今日も、子供達の写真からいってみっぺ。
いや、寒いですが、
子供たちの写真でも見て、
心を熱くしていかないと。




私が、心の中で、カツオくんと呼んでいる右の子。
いつも、この二人は元気だ。
それはそれは元気。
でも、ちょっと照れ屋だったりもする。




双子ちゃんの片割れ。
絵がとても上手で、やさしい男の子。
勝手に、心の中で、
将来は、建築の仕事に就かせると画策中。



アダモスペイ!
俺たちひょうきん族 アダモちゃんより。
ラジオ体操の手の振りがいい感じだったので、つい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝、大沢樹生の夢で目覚めた。
なぜ、大沢樹生の夢で・・・と思ったら、
二度寝前につけたテレビの
広瀬香美の結婚のニュースで、
元夫として、大沢たかおの話が流れていたからのよう。

大沢たかお=深夜特急(ドラマ編)の図式。

今日、クローズアップ現代(NHK 7:30)を見ていたのですが、
「NGO銀座とも呼ばれる、カンボジアで」って言っていた。

あらら・・・。
まあ、確かに多いわ。

内容はというと、
日本や他の国のNGOが井戸をばんばん掘っているが、
その井戸のいくつかから、
ヒ素が検出されて、
ヒ素中毒や皮膚ガンになって死ぬ人が出ている、ということ。

私のおじさんが、
世界一のヒ素汚染国(らしい)バングラディッシュで
働いていた。
バングラは、ヒマラヤやインドからの水が流れてきて、
洪水でも有名だ。
基準値の30倍ぐらいのヒ素が検出されるそうだ。

が、今日、見ていた、そのカンボジアでの
ヒ素が出てきた井戸の水も、
基準値の30倍ぐらいだった。

今は、アメリカのNGOが
井戸水の成分を調べたり、
素焼きのつぼに、雨水や川の水を入れて、
ろ過したり、
水道を引っ張ったりと、
いろいろ努力している様子が写っていました。

人の為にすることが
ありがた迷惑にならないように、
自分を振り返りながら、
勉強を繰り返していくのが大切、という話は
心に響きました。


このニュースも気になるところ。

★6歳女児を連れ回し 未成年者誘拐容疑で男を逮捕

・母親に叱られ泣いていた6歳の女の子を
自動車で連れ回したとして、
松伏町の20歳の男が
未成年者誘拐の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは松伏町ゆめみ野東の20歳の無職の男です。
吉川警察署の調べによりますと、
男は26日午後2時10分頃、
自宅近くの道路で泣いていた
松伏町松伏に住む小学1年の6歳の女の子を乗用車に乗せ、
およそ11キロ離れた三郷市のJR三郷駅前交番近くまで
連れ回した疑いがもたれています。

調べに対し
男は「女の子が泣いていたので、
声をかけると、三郷市に住むおばあちゃんの ところに行きたい、
と言ったので、連れて行く途中だった」と供述しています。
男は女の子の祖母の住所がわからないため、
午後3時40分ごろに交番で尋ねたところ、
不審に思った警察官が車の中に
女の子がいるのを見つけ、逮捕しました。
女の子は教科書のことで 母親に叱られ、
一人で外に出ていたということです。
 http://www.teletama.jp/news/news_p/n200810/n200810_27-1.htm

・未成年者誘拐の現行犯で逮捕されたのは、
埼玉県松伏町の無職の容疑者(20)です。
女児は無事保護され、けがなどはないということです。
容疑者は「親切心からやったのに納得がいかない」と
供述しているということです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
昔、ラオスで建築の仕事をしていた。
本当は、社長に、秘書兼通訳で採用と言われたんだけど、
赴任の直前に、設計コンサルタントで採用に、
実際働いているうちに、
いつの間にか現場監督に、シフトしていた。




当時、姉歯建築士の事件があったので、
鉄筋の太さ、数は現場で小まめにチェックしていた。




けっこう、大きい現場だったので、
毎日ぐるぐる回っては、
つなぎがどうなっているか、
部材が変えられてないか、
それはそれは大変だった。
現場作業員のほとんどがベトナム人だったので、
なかなか気が抜けない毎日だったあの頃。


中国の四川地震で、学校倒壊というニュースを見ていた。
25ミリの鉄筋を入れなきゃいけないところに
12ミリの鉄筋しか入ってなくて、
しかも、鉄筋が錆びていた。
構造とかは、専門ではないので、詳しくないのだが、
そんな私のレベルでも、
こりゃ、やばいでしょ、と分かるレベル。

中国の建築物には、
鉄筋の変わりに竹が入っていたりするという、
ウワサがあるぐらいだから。

私が建築について語るのは、本当に珍しいことなんだけど。
私が働いて、そして、住んでいた
ラオスの村の近所の風景から。
大きい病院まで、車で1時間かかります。




木の柱と床、
それに竹で編んだ壁がスタンダード。




遠くに見えるのは、学校。
みんな自転車に乗ったり、
日傘をさしたりしながら、
通学している。



ラオスを南から北に抜ける、
バスや車なども、多く通る、道路。

でも、両サイドは、
小さい集落があっては、
また、草っぱらの繰り返し。

たまに、武装(?)ゲリラが
出たりします。


↑ラジオ体操第3。
 これもラオスにいたときの、工事現場のすぐ近くの学校。
 体育の時間はないけど、体操の時間はあって、
 15分ぐらい、ひたすら体操してました。

今度こその長距離バスの話。
まずは、タイ編。
タイは長距離バスが多く、中にはVIPバスもある。
VIPバスには、トイレもついていれば、DVDも見れたりする。

私がよく利用していたのは、
プノンペン→バンコク間、バンコク→ビエンチャン間の超長距離バス。
どちらも国境で乗り換えだが、
プノンペン→バンコク間のバスは、
プノンペン→ポイペト(国境)→バンコクという経路。

カンボジア国内を走るのは、それはカンボジアのバスで、
ちょっと古い、旅行会社のバスで、なぜかバスの中もアットホーム。
一応、カンボジアのコメディ番組のDVDを見たり、
ちょっと古いクメール音楽を聞きながら、道を進んでいく。

アットホームな車内では、だいたい隣に座ったおじおばが話しかけてきて、
クメール語でちょっと答えたりすると、
大喜びで、手に持った、グレープフルーツやゲンゴロウのつくだになんかを
くれたりする。
1回困ったのが、大きいクモの揚げ物。
食べたことがないと言っていたら、
途中のトイレ休憩の時に、近くの店で買って来てしまい、
やむなく食べることに。
まあ、カリカリしてましたわ。

そんなこんなで、朝6時にプノンペンを出発して、昼の3時に国境着。
カジノで栄えている町なので、国境には金持ちタイ人もいっぱい。
歩いて国境越えで、荷物検査もなし。
500mぐらい歩いて、タイ側で小さいバスに乗せられ、
小さい食堂以外何もないでかい駐車場で降ろされる。
そこで、1時間ぐらい待つと、VIPバス到着。
これが、フカフカのイスで、いつもそこから爆睡。

しばらくすると、待ってましたのトイレ休憩。
なぜに待ってましたかと言うと、
トイレ休憩が7イレブンなの・・・。
カンボジアでクサっていた自分を
7イレブンの光はいつも私を温かく包んでくれた。
ここで、ヤマザキの菓子パンを買うのが、何よりの楽しみだった私。
当時、26,7の女だったのに・・・。

そんなこんなでいつも、10時から11時にバンコクのカオサンに到着。
あまり冒険はしない主義なので、だいたい決まったゲストハウスへ直行。
そして、バーガーキングに行く。

これが、カンボジアに住んでいたときのちょっとした贅沢の旅行でした。
ちなみにバスでプノンペン→バンコク間は16$です。

大好きなカボチャプリンの作り方が載っています。
http://www.tufs.ac.jp/common/fs/ase/cam/komado/mame/ryori.htm


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析