忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プノンペンのソリアデパートの屋上からの風景。
ここは、プノンペンで働いていたとき、
カンボジア人の友達と、
映画を見た帰りに、
よくここでボーっとしていました。

まあ、そんな風景です。



ちょっと、分かりづらいでしょうか。

ちなみに、その友達とは、
ラオスの食堂で、
隣のテーブルに偶然座っていたことから知り合い、
後に、自分のラオス人の学生の友達であることが判明。

滞在時には、よくしてもらっていました。



正面のちょっととがっているのが、
王宮




ちなみに、デパートの屋上には、
インラインスケート場があったりします。
けっこう、バタバタ転んでいたりしますが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リンク先に、
以前にボランティアの来てくれていた
原田さんという方の、ホームページを追加しました。
「TAGAMEの挑戦」です。
こちらもどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

意外と、ベトナム在住者で、
このブログを読んでくださっている方が多いのは、
本当にうれしいのだが、
今日は、会社の人に見つからないか、
ちょっと心配しながらの書き込み。
 
私が勤めている会社の業種は、製造業なのだが、
先日、会社に泥棒が。
盗まれたのは、とある部品25キロ
(部品の名前を書いてしまうと、
会社名も分かってしまいそうなので、ふせます。)
以前に会社に勤めていて辞めた人が、
会社のユニフォームを着て、
さも社員の様子で、工場に入り、部品を手に。
そして、妊婦を装い、
お腹や靴下の中など、
合計25キロ分を、体のいろいろな部分に仕込み、
素知らぬ顔で、工場を出て行ったそう。
 
セキュリティーも甘かったんだろうけど、
お腹に仕込まれた日には、ちょっと難しいか。

でも、お腹に20キロぐらいを仕込むって
すごいことだよな・・・と
感心してしまい、ちょっと反省。

そんなベトナム人の一面も見られます。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

 

PR
北海道にお住まいの大和様から、
子どもたちにと、たくさんの本をいただきました。

さすがに、読めるほどの
日本語のレベルではないのですが、
景色の写真や動物の絵を、
周りと交換しては見ていたようです。



カンボジアは、あまり書籍には
恵まれていないので、

かなり食い入るように読んでいた模様。



小さい子には、
先生とボランティアの方の手助けつきで。




やっぱり、女の子は、
ロマンチックな絵が好き。




日本の写真を見て、
想像を膨らませているのかな?
見ているのは、森の写真だから、
田舎だとでも、思っているのかも・・・。

本当に、ありがとうございました。
カンボジアでは、本は本当に貴重なんです。


さて、今日の書き込みは、数え年について。

カンボジア、ラオス、ベトナムなど、
東南アジアでは、数え年を用いている所が多い。

特に、カンボジアの一部やラオスになると、
誕生日もあやふやだったり、
親が早く学校に行かせようと、
生まれ年も、ずらしているケースもある。

昔、ラオスに住んでいたとき、
職場の同僚のラオス人と飲みに行った。

一緒に行った、男7名。

そのうち、4名 1月1日生まれ
1
名 1月2日生まれ
2
名 5月1日生まれ

親が、絶対、テキトーに決めたでしょ。
特に、誕生日を決めるとき、
1日15日が、覚えやすいので、ダントツ人気。

カンボジアも同じで、
中には、生まれ年は分かってるけど、
誕生日がない人もいたりする。

ちょっと、豆知識。
東南アジアにも、干支があるのだが、
卯→ネコ
羊→ヤギ
亥→ブタ

というように、微妙に違いはある。

干支の数え方は、日本と同じなので、
今年が、ネズミ年なのは、共通だ。

さて、数え年の話に戻るが、
1976年8月生まれの私は、
2008年3月現在、本来は31歳。
8月で32歳になる。

しかし、数え年システムだと、
2008年の元旦に、33歳になっている計算になる。
つまり、その年の誕生日までは、
自分の年+2歳

誕生日が来てからは、
自分の年+1歳にして、計算。

まあ、学生と話すとき、
よく、年を聞かれるのだが、
特に、よく考えず、
数え年ではなく、普通の年の数え方で、
31歳だよ、と答えていた。

で、また話はちょっとずれるが、
2月に、旧正月があり、
この旧正月の後には、みんな、よくお寺に行く。

そして、その年の幸運を祈ったりするのだが・・・。

みんなが気を使ってか、
私が嫁入りできるか、心配してくれているのか、

お願い事をしてきました!!と

首ひものついた、
石とか、プラスチックのネックレス
を買ってきてくれる。

その石とか、プラスチックには、
干支が刻まれているのが、ほとんどなのだが・・・。

私、31歳。辰年。
でも、みんなは、数え年で考えているから、
数え年で31歳は、巳年、又は午年。
(本当の年で換算すると、30歳、又は29歳)

そういうわけで、巳年のネックレス×2
午年のネックレス×2を、
日替わりで、つけている。

神様がけんかしないか、はちょっと心配だけど、
学生の優しさは、大切にしないと。

ちなみに、今日はヘビの刻まれた石のネックレス。
明日は、が空へ登ろうとしている、
プラスチックのネックレスを、つける予定。

たまには、普通の話で。
昨日のブログが、ちょっとシモだったので。
軌道修正。

↓いろいろな人のアジア情報が、見られます。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

 

結婚式に行ってきました。
自分の学生は、皆お年頃。
最近は、結婚式が多くて、特に今日は、大安だから?
街の至るところで、結婚式が行われていた。




花嫁のほうが、私の学生。
性格もよくて、いいお嫁さんになりそう。


では、フリースクールから、
子どもたちの様子より。

3月の頭に、
日本の大学生のグループで、
ラオスやカンボジアで、子どもたち相手に、
着ぐるみを着て、劇をやっているグループが来て、
子どもたちに、劇を見せてくれました。


皆、こういう劇を見る機会は、本当にないので、
楽しみにしていて、当日も大勢集まりました。



みんなで記念撮影。
たっぷり楽しんだようです。

ありがとうございました。


さて、タイトルのハッカですが、
決して、ハッカ飴のハッカじゃ。
私が、始まって何分かのタイトルを見ただけで泣いてしまう、
「蛍の墓」でおなじみの、
サクマドロップのハッカじゃ・・・。


先ほど、スポーツニュースで、
今日の大相撲を見ているときに、

パチパチパチ、

と窓の外で、赤い光が。

眩しくて、目がくらんだぐらい。

車のライトでもないし、なんだべ、と窓の外を見た。
向かいの店の人も外に出てきた。
でも、外の道路を見ても、
特に、原因と思われるものは、見つからない。

何だったんだろう、と
窓を閉めようとすると、あれっ。

屋根の上の電線から発火している。
握りこぶしぐらいの火で、
パチパチ、言っている。

急いで、フロントに電話をかけて、

電線に火が・・・早く来て・・・

と言ったのだが、
パニックで、何を言っているのか、
自分でもよく分からないぐらいだったので、
もちろん、フロントの人には伝わらず。

急いで、フロントに向かっている途中の階段で、
ホテルのスタッフを見つけて、
とりあえず、
大問題が・・・とだけ言って、
引っ張ってくる。

部屋に入って、窓の外を見て、
彼もパニック。
相変わらず、パチパチ言っている。
しかも、2箇所になっていて、
軽く、火花とか出てるし。

急いで、もう一度、フロントに電話。
連絡をして、他の人を呼んで、
また、二人で、様子を見守る。

すると、突然、強い風が吹いて、
火が弱まってきた。

そして、2,3分後。
何もせずに、風で鎮火。

その間、別に、他のスタッフが来ることもなく。

火が消えたから、もう大丈夫、と言って、

来てくれたスタッフも帰ろうとするので、

本当に大丈夫か、と聞くと、

ノー プロブレム


よく見てもらおうか、と思ったが、
夜なので、懐中電灯で照らしても見にくい。

でも、心配なので、
明日もう1回見てもらうことにして、
心配なので、部屋も変えてもらって、
貴重品と着替えだけを持って、移動してきた。


外にむき出しの電線なので、
そこに、屋上にたまった雨水が垂れてきて、
自然発火したそうだ。

今日は、夜出かけてなくて、本当によかった。
明日の朝、点検するように、強く言わないと。


今日は、昼に、上にも書いた結婚式に行って、
大量にお酒を飲んできて、
ずっと昼寝をしてて、
その後も、絶対、大相撲の朝青龍VS白鵬戦を見なければ、と
意気込んでいた。
久しぶりに、大相撲を最初のほうから、見た。
物言いがついたり、貴乃花が審判部長になっていたり、と
いろいろと見所が。
上の取り組みには、
取り組みはあっという間だったが、
闘志が伝わってきて、
懸賞金が40数本ついていたのも、
1本7万円で、6万5千円が買ったほうの懐に、入るのね、と
違う意味で、楽しめた。
まあ、橋下・東国原知事もおもしろかった。
なんて、普通の話なんかも。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

 

小学6年生の女の子から、メールをもらいました。
小学校の教科書を送りたいですが、
どのぐらいきれいだったら、いいですか、
と書いてありました。

そのメールだけで、ウルッときてしまいました。
年でしょうか。
送料がかかってしまうので、
どんなに汚くてもいいから、お願いします、とは、
喉まで出掛かってはいるのですが、
すぐには言えず。
その気持ちだけでも、ジーンときて、
現地スタッフに話したら、
現地スタッフも、そのメールだけでも本当にありがたい、
と言っていました。

これからは、このブログも、内容を考えていかないと。
なので、これからは、
東南アジアにキャバクラを作りたい、的発言は封印で。


今日も、子どもたちの写真から。



子どもたちは、立って発言するのが好き。
そして、いつから始まったのかは分からないが、

ある程度、子どもたちに教えた後、
一人ずつ確認をして、
最後に、みんなで、大きな声で、
その日に勉強した例文を、読み上げるのが、

フリースクールの勉強のスタイル。




ちょうど、全員で読み上げているところ。



ボランティアに来た方にはおなじみの彼女。
みんなかなり助けられているはず、もちろん、私も。

何か・・・というと、
フリースクールでは、授業の前、又は後に、
ラジオ体操(ラジオ代わりに、号令で)をしている。
以前に、ボランティアに来ていた澄穂さんという方が、
教えてくれたのが、始まりで、
(中には、澄穂体操みたいな名前で呼ぶ子どもがいるぐらい)
体育の時間がないカンボジアの小学校では、
どうしても運動不足になってしまう、ということで、
その後も継続中。

彼女は、そのラジオ体操のお手本として、
いつも、前で、体操をしてくれている。
私が行った時も、微妙に順番とか忘れていて、
チラチラと見ながら、やっていた。
いつも、ありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝、5時ぐらいに、雨の音で目覚めた。
もう一眠りと思って、目覚ましを確認して、
また布団をかぶった・・・。

が、激しい風の音で、眠れず。
それはそれは、かなりの強さ。
電気を付けっぱなしで寝てしまったので、
とりあえず消すか、と
起き上がろうとしたところ、
触れてもいないのに、電気が消えた。

ハンドパワーか!?

マリック、呼んで来い!!

弟子入りさせろ!!




ただの停電だった・・・。


しかし、その後も、風もおさまらなければ、
隣の部屋に止まっていた中国人が、停電にキレて、
他の部屋の人たちと、大騒ぎ。

結局、そのまま、抗議に行ったようで、
かなりの声の大きさで、眠気も覚めてしまった。

結局、30分ぐらいして、
ものすごい音をたてて、吹いていた風も一段落。
再び、電気もついて、
慌ただしく、会社に行く準備を始めた。

そして、会社に行く車の中で、
ドライバーと、今朝の風はすごかった、とか
いろいろ飛ばされてた、とか
話していた。

すると、会社に着く途中の、
大きい看板(高さ20mの柱に、縦4m、横8mぐらい)が、
高さ10mぐらいのところで、ポッキリ。

わー、こっちもすごい風だったんだ、

と、二人で大騒ぎ。

そして、会社に向かっている途中に、
いつもと違う空気を感じた。

私が勤めている会社の周りには、
いろいろな工場が、建っているのだが、
そのいくつかで、


工場の屋根が飛ばされていたり、

亀裂が入っていたり、

自転車小屋の屋根が飛ばされて、なくなっていたりと、


本当に嵐の過ぎ去った後。

教室の付近も、一部、屋根が壊れて、
床がびしょぬれになっていた。
事務所でも、パソコンの何台かが、ダメになって、
書類の一部もズタズタになっていた模様。

詳しいところまでは、分からないが、
竜巻が起こった説と、
いつもの風向きとは逆向きの
ものすごい突風が吹いた説があり。

自然災害の前には、人はまだまだ小さい。
なんて、一応、元建築屋勤務なので。



昔、セブンイヤーズ・イン・チベットを
観客が3人しかいない映画館で見ました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

今回も、カンボジアの市場の様子を皆様に。
売り場がそのまんま、ドンキホーテのようです。
これで、あの歌が流れていれば、見間違うこと、間違いなし。





お次は、電気屋より。
炊飯ジャーがきれいな並びで。





だから、通路にはみ出てるって。
歩くとこ、かなり狭くなっているから。





最後に、このブログをご覧の男性の方の為に
セクシーショットを。




ごめんなさい。
たぶん、3歳ぐらいです・・・。

東南アジアの小さい子どもは、
パンツや半ズボンを履いていないことが多いです。

お漏らしをしても、大丈夫!
ムレない!


なので、上はシャツを着てても、
下は何も履いてないという不思議な出で立ちだったりします。

ちなみに、日本でおじさまが同じ格好をしたら、
たぶんすぐ捕まると思います。



さて、先週はホワイトデーだった。
私も、一応女史、いえ、そんな高等なものじゃ、女子。
バレンタインデーには、
会社の日本人マネージャーたちに、
チョコレートをあげた。

自分が女であることを思い出して、
ちょっとトキメイテ☆みた(ウソ)。
いや、バレンタインデーを含め、
3日ほど、高熱と吐き気に悩まされ、
本当に、トイレで寝たい・・・と思っていたあの時。
トイレのドアを出た、すぐ外の部屋の床に、
枕を置いて寝てたし。

結局、1週間遅れで渡して、今更・・・感の漂うチョコだった。


そして、ホワイトデーなんて、行事があることすら、
忘れるぐらい、忙しくて、パニクっていた金曜日。
ある日本人マネージャーに呼ばれて、行ってみたところ、
日本人スタッフみんなから、プレゼントということで、
中ぐらいの箱が。

ホワイトデーを忘れてないだけで、かなりいい人たち、
と、すでにそれで満足の私。
中身は何でも、それで十分と、
包み紙を開けると、ネスカフェの箱が。

私がコーヒー好きなのって、そんなに有名かしら?
(1日3~4杯飲んでは、気持ち悪くなったりしてるので)
とよく見ると、箱は使いまわしで、
セロテープでパッキングが。

その箱を開けると・・・


天下の・・・


鬼にかなぼう(金棒)、ブスにカネボウ(鐘紡)でおなじみ、
いいえ、どんな女性でも、
きれいに輝かせてくれる、
カネボウの化粧品セットだった。

本当に、うれしかった。
久々の国産化粧品で、
美容液、ファンデーション下地、ファンデーション、口紅のセットで、
こちらへの輸入品なので、高いはず・・・。
申し訳ないが、期待していなかったこともあり、
センスのよさ(私的)にびっくり。

喜びも一塩ですわ。
早速使ってみると、透明感が違う。
私の汚れた顔と心が、透き通っていく・・・。
限りなく透明に近い、グレー。
いえ、限りなく透明に近いブルー、もとい、肌色。

うれしくて、かなり厚塗り。
塗り壁みたいにならないようにだけ、気をつけないと。
(墓場鬼太郎が流行っているようなので)


チョコっとラブ(昔のプッチモニのヒット曲)
チョコっとデブにならないように、
近くのホテルのジムに行っています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析