忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このブログの特徴でもある、
ほんわか生活情報と、黒い生活情報の2面性。
私の血液型である、AB型を思わせます。


というわけで、ほんわかなのか、暑いんだか、
カンボジア・プノンペンの市場より。



青いバナナと、ちょっと黄色くなってきたバナナ。
青いバナナは、野菜代わりに料理に使ったりします。




ちょうど暑くなってきたので、
いろいろな果物が市場に並んでいます。
お薦めは、やはりマンゴー。



中国正月の時期だったので、
ベトナム風ハムを売る人も多かったです。




えび!エビ!AB!

そう、これが書きたくて。
出だしの文が伏線になってました。
気持ちは、東野圭吾。
(最近、ようやく2冊ぐらい読みました。)


使いまわしとけ!

東南アジアで、よく見かけるのが、
日本で使われなくなった、バスや重機。
○○建設とかかれたクレーンや
日本だったら、廃車寸前の○○高校行きと書かれたバス。
乗用車なら、特に、トヨタのカムリ、カローラは人気が高い。


私が住んでいるホテル。
○○(私の住んでいる街名)ホテルという名前がついているので、
(例:山形ホテル、ホテル仙台)
街の中では、そこそこのホテルだと思うんだけど。

さっき、シャワーを浴びて、
ホテルのバスタオルで、体を拭こうとしたところ、
バスタオルに○○ホテルと、
私の住んでいるホテルの名前がプリントされた、その生地。

1枚に、Korakuen Hotel

1枚に、Okayama Hotel

と縫いこまれていた。
うーん。

ちなみに、私がハノイで利用している安宿は、
ハノイホテルと書かれた、
くたびれたタオルを使っている。


前にも書いたが、
親父系週刊誌が大好きな私。
日本から来る人には、
おみやげや食べ物はいいから、
週刊ポストを買って来てと、
おねだりをするほど。

そして、いろいろな親父系週刊誌を読んで、古くなると、
部屋のゴミ箱に捨てるのだが、
次の日には、ホテルのロビーの、
新聞、旅行雑誌コーナーに並んでいる。

私の住んでいるホテルには、
他にも日本人が住んでいるので、
読まないことはないと思うのだが。

週刊新潮、文春。
これは問題なし。
女性の読者も多い雑誌だし、グラビアも上品。

週刊ポスト、現代。
ちょい微妙。
たまに、セクシーグラビアもあるので。
と言っても、水着グラビアぐらいで、
おさえてあるのが、ほとんどなので、
なんとかクリア。

アサヒ芸能、週刊大衆。
まずいっしょ。
(書いてて、インスタントラーメンのうまいっしょを思い出した。)
グラビアは、ほぼ、裸祭り・・・。
中身も、突撃風俗情報みたいな、漫画が載ってるし。

でも、上品なおしゃれ旅行雑誌の横に、
息をひそめて、並んでいる。
いや、息をひそめてはいない。
なんか、ゼーゼー言っている感じ。

その本棚には、並んでいけないのは、
雑誌自体もよく理解しているだろう。


物を大切にする文化。
日本人も見習ったほうがいいだろう。

と無理やり、ほんわか生活情報に持っていってみた。



このブログの他に、バイトで、ベトナム情報
(ほのぼの系のつもりだけど、私が書いてるので、やはり黒ブログ)
のブログを書いていたのだが、
仕事が忙しくて、知り合いに引き継いだ。

私から知り合いに引き継いで、1週間。
ほのぼの度がアップで、評判がいいらしく、
名古屋のラジオ局から、出演の依頼が来たそう。

まあ、間違っても、このブログに、
出演の依頼が来ることはないだろう。
っていうか、ラジオで話せない話も多いし。

代わりに、皆さんの夢に、私がもれなく出演。
出演されると、悪夢になりそう・・・、
そう思う方は、ここをクリックして、
魔よけをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
PR

私の出身大学で、
実験中に、火災があったそう。
理系の実験は、気をつけないと、いけないものですね。
私の学科は、コンクリートを作ったりしてましたが。

まずは、子どもたちの写真から。
撮るって言ったのに、
我慢できなくて、吹いちゃいました。




カンボジアでは、
ピースサインが、逆向きだったりします。
笑顔がかわいい・・・。





センターの子どもは、
だいたいみんな写真が好きなんですが、
たまに慣れてなくて、固まっちゃう子もいます。
でも、そこもかわいかったりします。




いたずら小僧。



こんな無垢な子どもの写真の後に、
汚れきった心の私のくだらない話を載せるのは、
心が痛むんだけど・・・。
最近、おバカなことを書いていなかったので、
たまには、お許しを。

センターのホームページを作ってくださっている方が、
タイに住んでいて、
雑誌というか、情報誌というか、を作る仕事をされている。
私は、この方にも、本当に頭が上がらないのだが、
別に何の関係もないのに、
この方に連絡を取ると、
いつも、ゴーゴーボーイを思い出してしまう。
(繰り返し書くが、本当に何の関係もない)

と言っても、行ったのは、もう4,5年も前。
当時、カンボジアで働いていた私。
仕事で、プノンペンから、陸路でバンコクへ行った。
バスで、12時間との話だったが、
実際は、いろいろあって、
朝、6時にプノンペンを出て、
夜10時頃、バンコクの安宿街にバスはついた。

仕事はすぐに終わる簡単なものだったので、
その日、1日フリー。
ちょうど、ラオスで働いていた男の同僚が、
バンコクで働いていたので、
昼間から、ショッピングセンターに行ったり、
街をうろうろ徘徊していた。

そして、夜。
ちょっとビールを飲んで、食事。
その後に、是非連れて行かれたのが、
ゴーゴーボーイの店。

さて、ゴーゴーボーイとは、何だろう。
ゴーゴーガールの男版と言えば、分かりやすいが、
お立ち台の上で、セクシー(書くのが恥ずかしい・・・)な
服(パンツだけとか、皮のピッタリした服とか)を着た
そこそこかっこいい男たちが、ダンスをし、
それを見た、お客さんが、チップを渡したり、
お持ち帰りをしたりするシステムの店で、
働いている人たち。
(本当は、ダンスまでの意味らしいのだが)

同僚に連れられて、2階にある店へ。
まだ、お客が少なく、ショーも始まっていない。

とりあえず、缶ビールを注文。
当時、1本100B(250円ぐらい)。

しばらく友達と話していると、ショーが始まる。
20人ぐらいのそこそこかっこいい男達登場。


みんな、白ブリーフ一丁・・・。


小学生の身体検査かってーの。
でも、もちろん、パンツに名前も書いてないし、
ガンダムのイラストもないから、
ふと我に返れるけど。

そして、音楽に合わせて、
けだるい感じで、踊っていた。

ビールを片手に、友達と話しながら見ていると、
ショータイムを知ってか、
お客さんが続々入ってくる。


みんな揃いも揃って、中年の白人男性。
しかも、一人・・・。


二人で来ているのなんて、我々だけ。
女なんて、店のスタッフを入れても、私のみ。
男子校の売店のおばちゃんにでも、
なったような気分・・・。

長くなっちゃうので、
その後は、多少はしょって。

次に、皮の短パンとベストを着た、イケメンによる
セクシーダンス。
そして、店のはしっこにある、
ガラスの壁の小さいシャワールームでの、泡々ショー。

そして、その頃から、微妙に店内のあちこちで異変が。
さっきまで踊っていた、ブリーフ君たちが、
お客さんたちと、ひそひそ話。
中には、肩を組んで、何か囁いている人も何人か。

ちなみに、私たちのテーブルには、なぜか、
店のママ(というか、男なんだけど、ゲイだから)が登場。
私は、あまり上手ではないが、ラオス語が多少話せて、
そのママがタイの東北部出身で、言葉が似ているそうだ。
店員さんが、、私が、タイ語だと思って、
ラオス語で、いろいろ注文しているのを聞いて、
ママに教えてくれたらしい。

で、ママの解説で、その店のシステムやゲイ事情などについて、
簡単な授業。

店に来るのは、90%が白人男性。
タイ人の男は、ホモの白人に人気があるらしい。
自分より小さいのと、笑顔が特に人気。
後は、従順だとか。

後の10%で、お金持ちのご夫人が来店とのこと。
当時は、それがかなり増えている時期だったらしい。
私は、貧乏くさかったので、それはない、とふんで、
ママも、このテーブルに来たそうなんだけど。

ショート(休憩持ち出し 2~3時間程度)で、1000~1500B
(当時で、2500円から、3750円ぐらい)。
お泊りで、2000B(5000円)。

ブリーフ君たちは、田舎から出てきた人が多いが、
中には、学生が学費を稼ぐためにやっていたり、
遊ぶ金欲しさでやっている人もいる。

そのショーの間に、お客さんを見つけないと、
その日の稼ぎは、店から出る、
ちょっとした給料しかないので、
指名がかからないブリーフ君は、
自ら売り込みに行く。
(ビールを注ぎに行ったり、隣に座って、体を触ってみたり、
逆にいろいろと触らせてみたり。)

日本の女性グループが来たことも何回かあり、
それぞれお持ち帰りをして行くことが多いが、
中には、何もせずに、
屋台を回ったり、ディスコに行ったりして、
遊ぶだけの人もいて、本当に不思議だ、と。

でも、男サイドとしては、
早く終わって、また次のお客さんを探したいというのもあって、
微妙なところらしい。

聞けなかったけど。
1日レンタルで、おいくらぐらい、払っているものなのか。

途中、アピールのブリーフ君たちが、
連れの所に殺到していたが、
(やはり、でかい白人より、日本人のほうがよろしかろう)
私は、ママの話に夢中で、放置。
連れは、そこそこタイ語が分かるので、
それも、よかったらしい。

私の所にも、何人か来たが、
(ブリーフの上から、触って!!と)
ママが上手くさばいてくれた。

ブリーフ君たちのほとんどは、
別にゲイではなく、お金の為にやっているのが、ほとんどで、
できたら、女の人のほうが、
怖くも痛くもないので、買ってもらいたいそうだ。

そして、その日のメインイベント。

男同士のカラミでした・・・。
全裸の二人。
手押し車の格好で、結合したまま、場内を1周。

途中、アクロバットショーではないですが、
体操のお兄さん程度に、いろいろ体勢を変えて。
場内も一斉に盛り上がる。

しかし、決して、コンサートやライブの盛り上がりではなく、
盛り上がると言うよりは、
熱く、本当にいろいろな意味で熱くなっている・・・。
もちろん、中年白人男性の目は、一点集中で。

途中、二人から声がもれる度に、
中年男性からの歓声も飛んでいた・・・。

そして、場内の盛り上がりも最高に達したところで、
ショーは終了。
最後に、みんなが出てきて、挨拶。
ひとりずつ、ペコリと挨拶をして、
そのまま、気に入った人がいたら、
呼ばれて、そのテーブルに行って、交渉が始まっていた。

ここは築地か?

その後は、買われなかったブリーフ君達が、
ひたすら、お立ち台の上で、アピールダンスを。

私達も帰ろうか、とお会計を。
ママのビール代込みで、確か600B(1500円)行かなかったような。
帰るときに、いろいろ解説をしてくれたママに
チップを渡すと、
ママが、


私を店の外へ持ち出しするときは、500Bだけど、
3人で、ディスコに行かない?
と。


絶対、行かないけど。
でも、ママ、自分が高く売れないと知って、
かなりの価格破壊。

いや、人生勉強になった1日だった。
たぶん、もう行く機会はないだろうけど、
でかした、私の連れ。
なかなかの観光ガイドぶり。

っていうか、かなりの長編。
昨日、飲んで帰って、すぐ寝てしまって、
朝5時に起きてしまい、
朝一で、こんなネタを書いてしまった・・・。

まあ、4、5年前には、
カンボジアで、ほとんど娯楽がない中で生きていたので、
これぐらいはお許しを。
落とした金額は少ないけど、何もしてないし。
日本人の評判は、落としていないかと・・・。


よくここにコメントを書いてくれる匿名さん、
恋愛話を書こう・・・とは思っているんですが、
こんなのを先に書いてしまって、
本当にすみません。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ


↑ 見づらいとは思いますが、
 顔にいたずら書きをされてます。
 古典的な、めがねとヒゲ。
 田代まさしを思わせる名作です。
 この子は、センターがあるとこの大家さんの娘。
 まだ小さいので、よくみんなにいじられてます。

リンク追加しました。
一つは公団ウォーカー。
日本にいるときからの団地好きなので。
今も、よく写真を撮っています。
もう一つは、つれづれなるままにハノイ。
これは、私がアルバイトの一環で書いてます。
ただし、仕事が絡んでいるので、
ハノイでの生活について、
あくまでも、当たり障りなく、書いているものです。
例えるなら、こちらが白ブログ。
このブログが黒ブログと言ったところでしょうか。


年末にラオスに行ったときに、友達の家に行った。
友達は日本人で、ラオス人と結婚して、子どもが2歳半。
私が行ったときには、
ちょうど、友達がお昼の準備をして、
子どもがバタバタ遊んでいるところだった。

ちょうど、私とは波長が(というか精神年齢か?)
合っていたので、
友達にお昼の準備をまかせて、
私は子どもと遊んでいた。

その時に、友達が言ったセリフと、
この前、カンボジアに行って、
センターで子どもと遊んでいたときに、
見学に来ていた友達が言ったセリフがほぼ同じ。

ラオスにいる日本人の友達が言ったセリフ。
「あいちゃん、ラオス人みたい。」
カンボジアにいる日本人の友達が言ったセリフ。
「あいちゃん、それって、カンボジア人だよ。」

何についてか、と言うと、
私が、太いペンで、子どもの手に時計を、足に、靴下を
はたまた、腕にドラえもんファミリー勢ぞろいで
書いたりすることについて、言っていたのだ。

私は絵を描くのが好きだ。
しかも、かなり詳細まで書き込む。
時計なら、時計と秒針、ベルト、ロレックスマークまで。
靴下なら、踵とかつま先の部分も書いて、
きちんと傘マークとか、ラコステマークまで。

これを何のためらいもなく、始め、
子どもが喜ぶので、だんだんエスカレートして、
精巧に、絵を書き出す。
その間、友達を無視し、
子どもの要望どおりに、指輪が増えたり、
ドラえもんに、スネ夫やジャイアンが加わったり。

私の中では、子どもの要望どおりに書いているつもりなのだが、
友達曰く、普通の日本人は絶対にしない、
だけど、ラオス人(カンボジア人)は好きで、
よく子どもにいたずら書きをしている・・・と。

言われて見てみると、
ラオスとかカンボジアって、
いたずら書きをされている子どもって、時々いる。
同じように、時計とか指輪もあるけど、
大胆に、顔に書き込まれている子どももいる。

そうか、普通、人の子どもにいたずら書きは、しないよね、
と思っていたところ、
この前、センターで見た、英語の授業。

ホワイトボードに30ほど、単語を書いて、
それを二人ずつ競争で、
教師が言った単語を早い者勝ちで、指していく。
5つ、先に指したほうが勝ち、というゲームを使った授業。
きゃっきゃっ、言いながら、
競争しているのを、目を細めて見ていたが・・・。
5つ、先に指して、勝ったほう、
負けた子の顔に、水性のペンで、
猫みたいなひげを描いたり、めがねを描いたり。
みんな、10歳前後なんだけど、
それはそれは楽しそう。

みんな、子どもの頃からされてるから、好きなんだろうか。
遊び時間にも、
顔にいたずら書きして、と来る子どももいるぐらいだから。

ただ、困ったことに・・・。
その日は、一人一人の顔写真、名前、身長、将来の夢を書いた、
小さい紙をホワイトボードに貼って、
センターのみんなが、一目で分かるような、
大きいボードに作ろうと計画していたのだ。

写真撮影をするのに、
みんな、黒メガネとか、猫ひげが顔に書いてあるんだけど・・・。
仕方なく、手でゴシゴシして、なんとなくきれいにした。
そのままで写真撮ってもいいよ、なんて、
みんな言ってたけど、
ずっと残す予定の写真に、
パーティー用のひげメガネの写真は、さすがに・・・。

というわけで、みんな、なんとか
かっこいい、そして、かわいい写真に仕上がりました。

にしても、知らないうちに、現地人化してるなんて・・・。
というより、それに気づいていない自分。
私が一番子どものようです。

ふとランキングに参加してみました。
よかったら、一押しお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ


↑ なんか元気が写真の外に飛び出してる気が。
 こんなとこには、おさまってらんねー、みたいな。
 私のヘルニアも、こんな感じで、
 骨と骨との間から、軟骨、微妙に飛び出し気味。
 同じく、こんなとこには、おさまってるような器じゃないとでも、
 言いたいかのように。
 なんか、写真から、まるで騒ぎ声が聞こえてきそう。


http://cambodia.blog.shinobi.jp/Entry/239/
31歳児シリーズ、その1です。
今日は続き。
なんか、また長編になりそうなので、
多少カットしつつ。

11時にタクシーで会社に向かった私。
会社の前に、人だかり。
タクシーの運転手も、本当にここ?と聞いてくる。
とりあえず、ちょっと離れたところで下ろしてもらって、
様子を見る。

遠まわしな表現をすると・・・
集団一揆だった・・・。

本当は、会社に関わることなので、
どうしようかな、とも思ったんだけど、
地元の新聞に載るぐらいだから、
地元では、みんな知っている話なんで。
(たぶん後で削除の予定)

結局、その日は授業なし。
その日の晩から、高熱が出て、
次の日の朝、だるい体にムチを打って、
会社に行こう、と、念の為に、人事担当の人に聞いてみると、
来ても、授業できないだろうし、
家で仕事してて、との事。

それを聞いたら、急にぐったりして、熱がアップ。
気が緩んじゃったようで。
前の晩、ご飯を食べずに、そっこー寝たので、
朝ごはんにおかゆを食べ、また寝る。

ここら辺から、長くなっちゃうので、割愛。
結局、丸2日寝っぱなし。
2日目は、何を食べても飲んでも吐いちゃう。
水も薬もムリ。
病院に行こうにも、寝っぱなしなので、
だるくて、起き上がりたくない。
でも、気持ち、起き上がるとちょっと楽になってきた。

結局、次の日、だいぶ、楽になってきたので、
病院に行くことにした。
ちなみに、この間、集団一揆のおかげで、
私は、自宅待機ということで、
休みなのに、とくに、誰に迷惑かけることもなく・・・。


↑ その名称がいいのか、分からないが、
 私が、ミスごみ山だ、と思った子供。
 ミスごみ山って、言われても、
 きれいなんだか、汚いんだか、分からないってーの。

先日、カンボジアに行った時に、
1年ぶりに、激しくお腹をこわした。
何度もトイレに行き、
もう、トイレで寝てしまえたら、楽なのに・・・なんて考えるぐらい。
2,3日は、昼間ちょろちょろと水やヨーグルトを買いに行って、
晩御飯時に、お世話になっている方や他の団体の方に会うぐらいで、
それ以外は、ゲストハウスの部屋で、
エアコンもつけずに、
トイレとベッドの往復以外は、ずっと寝ながら、
ドカベンのDVDを見るという過ごし方。
3日で44話見てしまった(1話 約24分)。
たぶん、誰も突っ込まないと思うけど、
旅行先のカンボジアに、
ベトナムで買ったドカベンのDVD6枚(合計 約120話)を
持ってきている31歳独身女性。
世間的には、①あり ②なし。
2択でお願いします。

そして、あまりお腹もよくならずに、ベトナムに帰国。
飛行機でちょっと緊張しちゃうぐらいなんで、
あまり復活していない。

結局、働き始めたら、だいぶ良くなって、
1週間ぐらいで完治。

そしたら、次は、お腹にいたらしきウィルスが、
内弁慶ぶりを発揮。
次に、頭痛と高熱が。
これが先週の水曜日。
朝から、だるいな、と思いながら、
近くの教えているホテルへ。
その日は、パーティーが入ったらしく、急遽休みに。

時間がちょっと空いたので、
手持ちの銭がない私は、銀行へおろしに。

毎月、8日が給料日。
会社は10日まで休みだったが、その日は13日。
会社もさすがに、給料、入れてくれたべ、と確認もせずに、
口座がある銀行の窓口へ。

600$おろそう、と紙に記入、窓口の人に提出。

その2分後。
窓口の女の人が一言。

残金がこれしか、ないんですが・・・。

渡された紙を見ると、6$って書いてある。

あれれ・・・

残金、6$だった。

給料、入ってねーーー(以下リフレイン・・・が悲しげに叫んでる。
              ユーミンの大ヒット曲より抜粋)

ものすごく恥ずかしくなって、
じゃ、いいです、と即効帰る。

桁が1つでも恥ずかしいのに、2桁違うって・・・。
しかも、残金6$って、いい大人が。

(結局、給料日はその次の日で。
正月休み後に、田舎から帰ってこない人が多いので、
対策だったらしい。)

部屋に帰って、具合が悪いので、少し寝る。
ホテルの授業が休みになったのは、会社には内緒で、
ダルくて、どうしても休みたかった。

そして、20分ぐらい、横になって、
11時に会社へ。

話の5分の1も終わってないのに、
長くなってしまった。
また、明日。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析