忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [254] [253] [252] [251]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の出身大学で、
実験中に、火災があったそう。
理系の実験は、気をつけないと、いけないものですね。
私の学科は、コンクリートを作ったりしてましたが。

まずは、子どもたちの写真から。
撮るって言ったのに、
我慢できなくて、吹いちゃいました。




カンボジアでは、
ピースサインが、逆向きだったりします。
笑顔がかわいい・・・。





センターの子どもは、
だいたいみんな写真が好きなんですが、
たまに慣れてなくて、固まっちゃう子もいます。
でも、そこもかわいかったりします。




いたずら小僧。



こんな無垢な子どもの写真の後に、
汚れきった心の私のくだらない話を載せるのは、
心が痛むんだけど・・・。
最近、おバカなことを書いていなかったので、
たまには、お許しを。

センターのホームページを作ってくださっている方が、
タイに住んでいて、
雑誌というか、情報誌というか、を作る仕事をされている。
私は、この方にも、本当に頭が上がらないのだが、
別に何の関係もないのに、
この方に連絡を取ると、
いつも、ゴーゴーボーイを思い出してしまう。
(繰り返し書くが、本当に何の関係もない)

と言っても、行ったのは、もう4,5年も前。
当時、カンボジアで働いていた私。
仕事で、プノンペンから、陸路でバンコクへ行った。
バスで、12時間との話だったが、
実際は、いろいろあって、
朝、6時にプノンペンを出て、
夜10時頃、バンコクの安宿街にバスはついた。

仕事はすぐに終わる簡単なものだったので、
その日、1日フリー。
ちょうど、ラオスで働いていた男の同僚が、
バンコクで働いていたので、
昼間から、ショッピングセンターに行ったり、
街をうろうろ徘徊していた。

そして、夜。
ちょっとビールを飲んで、食事。
その後に、是非連れて行かれたのが、
ゴーゴーボーイの店。

さて、ゴーゴーボーイとは、何だろう。
ゴーゴーガールの男版と言えば、分かりやすいが、
お立ち台の上で、セクシー(書くのが恥ずかしい・・・)な
服(パンツだけとか、皮のピッタリした服とか)を着た
そこそこかっこいい男たちが、ダンスをし、
それを見た、お客さんが、チップを渡したり、
お持ち帰りをしたりするシステムの店で、
働いている人たち。
(本当は、ダンスまでの意味らしいのだが)

同僚に連れられて、2階にある店へ。
まだ、お客が少なく、ショーも始まっていない。

とりあえず、缶ビールを注文。
当時、1本100B(250円ぐらい)。

しばらく友達と話していると、ショーが始まる。
20人ぐらいのそこそこかっこいい男達登場。


みんな、白ブリーフ一丁・・・。


小学生の身体検査かってーの。
でも、もちろん、パンツに名前も書いてないし、
ガンダムのイラストもないから、
ふと我に返れるけど。

そして、音楽に合わせて、
けだるい感じで、踊っていた。

ビールを片手に、友達と話しながら見ていると、
ショータイムを知ってか、
お客さんが続々入ってくる。


みんな揃いも揃って、中年の白人男性。
しかも、一人・・・。


二人で来ているのなんて、我々だけ。
女なんて、店のスタッフを入れても、私のみ。
男子校の売店のおばちゃんにでも、
なったような気分・・・。

長くなっちゃうので、
その後は、多少はしょって。

次に、皮の短パンとベストを着た、イケメンによる
セクシーダンス。
そして、店のはしっこにある、
ガラスの壁の小さいシャワールームでの、泡々ショー。

そして、その頃から、微妙に店内のあちこちで異変が。
さっきまで踊っていた、ブリーフ君たちが、
お客さんたちと、ひそひそ話。
中には、肩を組んで、何か囁いている人も何人か。

ちなみに、私たちのテーブルには、なぜか、
店のママ(というか、男なんだけど、ゲイだから)が登場。
私は、あまり上手ではないが、ラオス語が多少話せて、
そのママがタイの東北部出身で、言葉が似ているそうだ。
店員さんが、、私が、タイ語だと思って、
ラオス語で、いろいろ注文しているのを聞いて、
ママに教えてくれたらしい。

で、ママの解説で、その店のシステムやゲイ事情などについて、
簡単な授業。

店に来るのは、90%が白人男性。
タイ人の男は、ホモの白人に人気があるらしい。
自分より小さいのと、笑顔が特に人気。
後は、従順だとか。

後の10%で、お金持ちのご夫人が来店とのこと。
当時は、それがかなり増えている時期だったらしい。
私は、貧乏くさかったので、それはない、とふんで、
ママも、このテーブルに来たそうなんだけど。

ショート(休憩持ち出し 2~3時間程度)で、1000~1500B
(当時で、2500円から、3750円ぐらい)。
お泊りで、2000B(5000円)。

ブリーフ君たちは、田舎から出てきた人が多いが、
中には、学生が学費を稼ぐためにやっていたり、
遊ぶ金欲しさでやっている人もいる。

そのショーの間に、お客さんを見つけないと、
その日の稼ぎは、店から出る、
ちょっとした給料しかないので、
指名がかからないブリーフ君は、
自ら売り込みに行く。
(ビールを注ぎに行ったり、隣に座って、体を触ってみたり、
逆にいろいろと触らせてみたり。)

日本の女性グループが来たことも何回かあり、
それぞれお持ち帰りをして行くことが多いが、
中には、何もせずに、
屋台を回ったり、ディスコに行ったりして、
遊ぶだけの人もいて、本当に不思議だ、と。

でも、男サイドとしては、
早く終わって、また次のお客さんを探したいというのもあって、
微妙なところらしい。

聞けなかったけど。
1日レンタルで、おいくらぐらい、払っているものなのか。

途中、アピールのブリーフ君たちが、
連れの所に殺到していたが、
(やはり、でかい白人より、日本人のほうがよろしかろう)
私は、ママの話に夢中で、放置。
連れは、そこそこタイ語が分かるので、
それも、よかったらしい。

私の所にも、何人か来たが、
(ブリーフの上から、触って!!と)
ママが上手くさばいてくれた。

ブリーフ君たちのほとんどは、
別にゲイではなく、お金の為にやっているのが、ほとんどで、
できたら、女の人のほうが、
怖くも痛くもないので、買ってもらいたいそうだ。

そして、その日のメインイベント。

男同士のカラミでした・・・。
全裸の二人。
手押し車の格好で、結合したまま、場内を1周。

途中、アクロバットショーではないですが、
体操のお兄さん程度に、いろいろ体勢を変えて。
場内も一斉に盛り上がる。

しかし、決して、コンサートやライブの盛り上がりではなく、
盛り上がると言うよりは、
熱く、本当にいろいろな意味で熱くなっている・・・。
もちろん、中年白人男性の目は、一点集中で。

途中、二人から声がもれる度に、
中年男性からの歓声も飛んでいた・・・。

そして、場内の盛り上がりも最高に達したところで、
ショーは終了。
最後に、みんなが出てきて、挨拶。
ひとりずつ、ペコリと挨拶をして、
そのまま、気に入った人がいたら、
呼ばれて、そのテーブルに行って、交渉が始まっていた。

ここは築地か?

その後は、買われなかったブリーフ君達が、
ひたすら、お立ち台の上で、アピールダンスを。

私達も帰ろうか、とお会計を。
ママのビール代込みで、確か600B(1500円)行かなかったような。
帰るときに、いろいろ解説をしてくれたママに
チップを渡すと、
ママが、


私を店の外へ持ち出しするときは、500Bだけど、
3人で、ディスコに行かない?
と。


絶対、行かないけど。
でも、ママ、自分が高く売れないと知って、
かなりの価格破壊。

いや、人生勉強になった1日だった。
たぶん、もう行く機会はないだろうけど、
でかした、私の連れ。
なかなかの観光ガイドぶり。

っていうか、かなりの長編。
昨日、飲んで帰って、すぐ寝てしまって、
朝5時に起きてしまい、
朝一で、こんなネタを書いてしまった・・・。

まあ、4、5年前には、
カンボジアで、ほとんど娯楽がない中で生きていたので、
これぐらいはお許しを。
落とした金額は少ないけど、何もしてないし。
日本人の評判は、落としていないかと・・・。


よくここにコメントを書いてくれる匿名さん、
恋愛話を書こう・・・とは思っているんですが、
こんなのを先に書いてしまって、
本当にすみません。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析