忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



また、パーティーの様子から。

メニューは、鶏肉のせご飯とスープ。

ジュースと、デザートに、バナナとランブータン。

もちろん、ランブータンは箱買い。

普段はできない大人買いを、こんなところで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、まじめな話が続いてましたが、

大麻汚染が、日本中に蔓延している

(私のパソコンだと万円と変換されがち)と

話題になっています。

私の出身大学の学生も逮捕されたらしく、

ニュースでやっていました。

お、私の出身大学も、

けっこうメジャーだったのか、とびっくり。


大麻はマリファナとかガンジャとも言いますが、

あらら、ガンジャとは、神の草という意味なんです。


ラオスに住んでいたとき、

知り合いの日本人が、不眠症で、地元の病院に行きました。

知り合いは、ラオス語と英語が上手な人なので、

あまり強くない薬がほしい、と医者にお願いしたところ、

ナチュラルタイプがいいですね、

と言われ、マリファナを渡されたそう。


カンボジアでは、大きいピザを頼むと、

よくついてきます。

ハーブ代わりのようなもので、

食欲増進の効果もあるそう。


私が、ラオスに住んでいるときに、

道で、日本人旅行者に声をかけられました。

ゲストハウスで、

同じ部屋の日本人にマリファナをすすめられ、

吸っているうちに、意識がなくなり、

気がつくと、部屋から貴重品が全部なくなって、

同じ部屋の日本人も消えていた・・・

という人でした。

本当にお金がなくて、どうしたらいいんだろう、

と、在住者の私たちに声をかけてきたんだそう。

警察に行って、盗難証明書をもらって、

すぐに、保険会社に連絡するか、

大使館に行くか、と提案したところ、

そんな所に行ったら、

マリファナを吸ったことがばれて、

捕まってしまう・・・とおびえていたので、

結局、日本の実家に電話をかけて、

お金を送ってもらえるようにし、

その日のご飯代は払ってあげました。

あまりに、顔がやつれていたので。

2日分ぐらいのご飯代は貸してあげました。

その2日後、道で、また彼と会いました。

送ってもらったお金で、

思いっきりご飯を食べて、元気になってました。

でも、そんな彼を見て、

私は、たとえ、簡単に、手に入っても、

大麻には、手を出さないと決めました。

それに、これでも、教育者のはしくれですから。

(スラムダンク桜木のバスケットマンですから、を真似て)


ちなみに、ラオスやインドは、

大麻を吸いたい若者には、

人気がある観光地でもあり、

ラオスの有名な観光地では、

多くのレストランに、

英語や時には、日本語で、

ハッピーピザがあります、とか

マジックオムレツ(マジックマッシュルーム入り)大人気、

などど書いてあり、

夜間は、ちょっと目がイッちゃった人が歩いています。


ラオスの首都、ビエンチャンや

プノンペンなどでも、

トゥクトゥクやバイクタクシーの運転手が、

ハッパいるか、女いるか、などど

男の人には、聞いてきます。

私も一度聞かれましたが、

女の人は、普通、そんなことはほとんど言われません。


大麻は、タバコよりは、健康面に影響がない、とか

酒のほうが、アル中の危険がある、とか

いろいろな話はありますが、

まずは、精神面に影響を与えるというので、

やめておいたほうがいいと思います。


基本的に、私には、

ビールやお酒があるので、楽しく過ごせるので、

元々、必要はありませんが。


ただ、楽しめるところで、終わらなくなったら、

それは、大麻にしろ、アルコールにしろ、

害になると。


マザーテレサのテレビを見ながら、

この書き込みをしていて、

途中から、マザーテレサに申し訳なくなってきて、

まじめに終了。


マザーテレサは、やっぱり神ですわ。

私は、マザーテレサには、なれませんが、

大家族スペシャルのお母さんのように、

なってみたいと思います。


関係ありませんが、17日に、

ものまね王座決定戦のDVDBOXが発売。

清水アキラも好きですが、

コロッケも私にとっては、神です。


にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
 

 

 
 
PR


3周年パーティーの時の様子です。

おいしくランチタイム。

教室の中では、ちょっとお姉さんの3人ですが、

恥ずかしがり屋だったり、

時々、すごくはじけてたり、

本当に仲がいい3人です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

聞いたことがあるかもしれませんが、

例えば、皆さんが英語を話すとします。

すると、英語を話すときの性格というか人格と

普通に、日本語を話すときの性格は違うそうです。

確かに、英語に自信がなくて、弱気になる、というのを

差し引いても、ちょっと納得できる部分があります。


違う言語を話すときには、

違う性格になる・・・(完全に変わるわけではないですが)

話す言語によって、表現が違い、

それを話すときの性格もちょっと変わるということです。


周りを見ても、

日本語で話すときは、すごく早口で落ち着かないのに、

英語を話すときには、すごく落ち着いている人、

日本語で話すときは、おとなしいのに、

英語で話すときは、すごく強気の人、

など、いろいろな人がいます。


私の周りは、

英語を話さないといけない環境にいる人が多いのもあり、

英語で話すときになると、

しっかりした感じになる人が多いです。


それじゃ、私はと言うと、

日本語で話すときは、説明が下手なのもあり、

あわわ・・・となってしまいますが、

比較的、落ち着いているほうだと思います。


英語で話すときは、

どちらかというと、性格が暗い感じになります。

何でしょう、英語コンプレックスでしょうか。


ラオス語で話すときが、一番弱気です。

覚えた外国語では、一番話せると思うのですが、

これまた、どうして。

近所のおじさんに教えてもらったので、

おじさん言葉なのに、なかなか強く出られない、

微妙な乙女心みたいになっています。

まあ、よく言えば、優しい感じってことで。


カンボジア語を話すときが、

一番自分らしい気がします。

丁寧な言葉とかは話せないので、荒い感じの言葉ですが、

さっぱりした性格になっている気がします。


ベトナム語は、ほとんど話せないので、

コメントしづらいんですが、

なんか、尖っている感じになります。


皆さんはどう思いますか。


最近、いい感じで、まじめな話が。


もちろん、おバカねたも書くので、

これからもよろしくお願いします。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
 

 

 
 
カンボジアの町並みでも。

まずは、結婚式の準備中の様子から。




結婚式は、大体が

昼が、家に人が集まって、

ご飯を食べながら、

どっかからよばれて来た、

お笑いのような司会の話を聞いて、

歌ったり踊ったりして、時間が過ぎていく。

また、夜は夜で、

パーティー会場やホテルのホールを借りて、

もっと大規模に、ご飯を食べたり、飲んだり。

この夜のほうだと、

招待客だけでなく、その友達や知り合いなどもOKで

かなり大規模になる。

ご祝儀は、10$ぐらいが多くて、

日本人だし・・・とか、

お世話になった人だし・・・となると、

20$ぐらい出したり、10$+プレゼントだったりになる。


次は、道すがら。



かなり豪快な積み方で。

木材は、高価な建築資材です。


次も、そんな建築資材。




レンガがきれいに積まれています。

レンガも主要な建築資材で、

高い建物も、壁は鉄骨がほとんど入っていなくて、

レンガにセメントだけだったりします。


遠足でいく予定の動物園ですが、

動物が飢えてるっぽいという情報が入ってきて、

ドキドキもんです。

そんなに私をドキドキさせないでください。

血圧があがってしまいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
子供たちの写真は、小休止。
しばらく、カンボジアの町並みの写真を。




ちょっと見づらいかも。
看板です。
何の看板でしょう?

お代は、3500リエル(1$=100円=4000リエル)



そろそろ、想像がついたころでしょうか。


床屋さんの看板です。
ほら、いい男・・・の絵ですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海外生活は5年弱でしたが、
その中で、3年近くは、日本の会社で働いていました。
一つは、その国で、一番大きい会社
(他に、日本企業がほとんどないというのもありますが)
もう一つも、その町の工業団地で、一番大きい会社でした。

一緒に働いていたり、教えていた学生に聞くと、
もちろん、自分の会社が、一番有名な日本の会社、と言います。
じゃ、それは、別にして、
日本で有名な会社は?と聞いていました。
適当な私のデータによると、
(私の身近なので、データに偏りはありますが)

ラオス
1、トヨタ、
2、ホンダ、
3、マキタ(電動工具などで有名な会社。
  私が働いていたのが、工事現場だったもので)

カンボジア
1、ホンダ、
2、トヨタ、
3、アサヒ(ビール。
  カンボジアのレストランで、普通に飲めます。
  タイに大きな工場がある模様。)
4、ナショナル・パナソニック
  (インターナショナルという、不思議なブランドも存在。
  日本の電化製品は偉大です。)
5、マイルドセブン
  (会社じゃないけど、みんな知っています。)

ベトナム
1、ホンダ
2、トヨタ
3、パナソニック
(後は、自分が働いていた工業団地の会社ばかりで、
情報に偏りありすぎ。
ほとんどが車関係の会社になってしまいます。)

インド
1、トヨタ以外は微妙な・・・。
聞いたことがありません。

あ、忘れてました。
そりゃ、世界のトヨタ、バイクと言えば、ホンダですが、
たぶん、それに並ぶぐらいに有名なのは、

味の素!!

東南アジアで
普通に歩いてて、
日本人だと気づかれ、
大声で、

味の素!!

と声をかけられた人はかなり多いはず。  

これぞ、世界に誇れる日本ブランドたちです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
知り合いの日本人師匠の彼女と、その子供。
なかなか元気な男の子です。
ガキ大将になりそうな予感。




一緒に食べに行った、鍋です。
寒い季節(カンボジアにはないですが)には
たまりません。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私、おととしはインドに住んでいました。
インドには、カースト制がありますが、
家の近くには、
竪穴式住居のような藁の家に住んでいる人、
道に住んでいる人、
空き地に青いビニールシートで家を作っている人、
いろいろな人がいました。
海まで、100メートルでしたが、
浜辺に住んでいる人もいて、
スマトラ地震の時には、多くの人が亡くなりました。

また、知り合いに、他の人のことを指差しながら、
あいつは、カーストが低いから、
あいつがよこしたものは食べるな、と
言われたこともあります。

さて、カースト制ですが、
インドのお隣のネパールでもあります。
(ここからは、いつもの口調で)

最近、読んだ雑誌で
インド人から聞いた話を思い出した。
その雑誌と、インド人の話が元なので、
多少、情報が間違っているかもしれないし、
情報が古いかもしれないのは、ご勘弁。
北に住んでいるインド人で、
たまに知っている人もいるが、
ネパール人も知らない人が多いのは、
バディと呼ばれる、最底辺の階層の売春カースト。

トイレ掃除のカーストなどもあるが、
女性としては、これが一番つらいだろう。

このカーストがあるのは、西ネパールのほうで、
カトマンズだとそんな話もほとんど聞かれないそう。

田舎の貧乏集落のはずれのほうに、
住んでいることが多く、
生理が来て、1年もすると、客を取り始め、
15歳ぐらいになると、
そこそこに仕事を覚えた感じになるという。

その地方で、その値段の女の子を買うと、
日本円で200円から400円ぐらいだが、
もうちょっと上の稼ぎどきになると、
出稼ぎなのか、売られていったのか、
北インドに行って、売春をする人が多い。

ちなみに、私の知り合いのインド人が買ったそうで、
(本人ではなく、その仲間が教えてくれたんだけど)
そのときは、400円ぐらい出したみたい。
そんな話、仲間も解説してくれなくてもいいのだが、
言葉も微妙に通じているんだが、あやしいけど、
本当に、その仕事しか、したことがないんだろうな、
というのが、すぐに分かったと言う。
(どうな風にかまでは、よく分からないけど)

その雑誌を読んでても、
それらの女の子に、ネパール語で話していても、
意思の疎通ができないことが多く、
字も書けない子が多かったと、書いてあった。

こういう風に、小さいころから、売春をしていたり、
苦労していた子は、本当に年を取るのが早い。
20歳ぐらいで、生活に疲れた中年のような顔になっていたりする。
そうなっても、この仕事しかできないので、
30円や50円で、売春をして、
日々の食料を得ているそう。

カンボジアでは、最低1~2$だろうか。
いわゆる、デキる最低ラインのところで。
(さすがに、もうちょっと高くなっているかも。)

カーストは、外から見てて、切ないことも多いが、
生まれた時から、職業や身分が決まっていると言って、
本人達は、あきらめがつくのだろうか。
もし、あきらめがつくなら、
何も悩まなくていいのか。
本当のところは、分からない。

最近は、大学の医学部なんかでは、
カーストが低い人の枠があって、
ずばぬけて、頭がいい人をとることも
多少なりとは、出てきているみたいだ。

未来は僕らの手の中。
どんな人にも、無限の可能性があってほしいものだ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析