忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[389] [388] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [379] [378]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



3周年パーティーの時の様子です。

おいしくランチタイム。

教室の中では、ちょっとお姉さんの3人ですが、

恥ずかしがり屋だったり、

時々、すごくはじけてたり、

本当に仲がいい3人です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

聞いたことがあるかもしれませんが、

例えば、皆さんが英語を話すとします。

すると、英語を話すときの性格というか人格と

普通に、日本語を話すときの性格は違うそうです。

確かに、英語に自信がなくて、弱気になる、というのを

差し引いても、ちょっと納得できる部分があります。


違う言語を話すときには、

違う性格になる・・・(完全に変わるわけではないですが)

話す言語によって、表現が違い、

それを話すときの性格もちょっと変わるということです。


周りを見ても、

日本語で話すときは、すごく早口で落ち着かないのに、

英語を話すときには、すごく落ち着いている人、

日本語で話すときは、おとなしいのに、

英語で話すときは、すごく強気の人、

など、いろいろな人がいます。


私の周りは、

英語を話さないといけない環境にいる人が多いのもあり、

英語で話すときになると、

しっかりした感じになる人が多いです。


それじゃ、私はと言うと、

日本語で話すときは、説明が下手なのもあり、

あわわ・・・となってしまいますが、

比較的、落ち着いているほうだと思います。


英語で話すときは、

どちらかというと、性格が暗い感じになります。

何でしょう、英語コンプレックスでしょうか。


ラオス語で話すときが、一番弱気です。

覚えた外国語では、一番話せると思うのですが、

これまた、どうして。

近所のおじさんに教えてもらったので、

おじさん言葉なのに、なかなか強く出られない、

微妙な乙女心みたいになっています。

まあ、よく言えば、優しい感じってことで。


カンボジア語を話すときが、

一番自分らしい気がします。

丁寧な言葉とかは話せないので、荒い感じの言葉ですが、

さっぱりした性格になっている気がします。


ベトナム語は、ほとんど話せないので、

コメントしづらいんですが、

なんか、尖っている感じになります。


皆さんはどう思いますか。


最近、いい感じで、まじめな話が。


もちろん、おバカねたも書くので、

これからもよろしくお願いします。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
 

 

 
 
PR

コメント
私は、、、
私は英語しか習得してないんですが、、、(それも今では使ってないので大分お粗末なものです)英語を話している自分は積極的だったと思います。母国語以外を話す時の「人格が変わる」、、、分るような気がします。人格を変えないと私の場合はなり切って話しきれないんだと思います。なるほど、チョット自己分析してしまいますね。面白いです。(^^)
【2008/12/12 16:46】 NAME[のり] WEBLINK[] EDIT[]
英語
って、なんとなく、自信がありそうに話すと、
伝わるような気がします。
(って、勝手な思い違いですか?)
英語を話しているときの自分を
遠くから見てみたいですね。
【2008/12/16 21:49】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析