忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ インドにいた時の、近郊の町の一応、観光名所、ワニ園。
 私が行ったときは、園内に私と一緒に行った学生と
 他のお客さんは3人ほど。
 その3人は一生懸命、薬を選んでいましたが。

何か、ベトナムにいて思うこと。
思い出すと、意外とインドは楽しく、
意外とインド人も好きだったような。
本当にたぶんベトナムにいるから思うんだと。

インドのテレビ事情。
外国で見られる日本のアニメと言ったら、
普通は、ドラえもんとか、ドラゴンボールとか、
タイだとワンピース、ナルト。
ベトナムではコナン。
インドで見たのは、犬夜叉と、なぜか両さん。

一緒に働いていた人は、
クレヨンしんちゃんのアニメの翻訳をしていた人。
かなりの日本語を使いこなしてましたわ。
敬語なんかは私よりうまいほど。

ちなみに10年前にタイに初めて行った時に泊まった
ゲストハウスの娘も、しんちゃんの翻訳をしていた。

私はしんちゃんに縁があるんだろうか。

あれ、書きたかったインドの話が全然。
また明日にでも、ゆっくり。




PR


↑ タイトルどおりに、近所の空き地に住んでた家族の娘。
 お兄ちゃんたちが、水運びなどの手伝いをしているときに、
 待っているところをパシャリ。

カンボジアのごみ山に住む子供たちとともに、
インドにいるとき、気になっていたのが、
空き地や歩道、電車の高架の下に住む人々だ。

インドの歩道は、歩く為だけのものでなく、
時には、人が物を売ったり、床屋になったり、
耳かき屋(ほとんど見なかったけど)、アイロン屋、
果物屋、カレーの屋台などの店、
それ以外にも、寝ている人や普通に食事している人、
生活している人、時には出産が行われたりもする。

夜になると、1メートル置きに、人が寝ているいるような道もあり、
そんな道は、人が車道に出て、歩かなきゃいけない。

空き地に住んでる人は、もうちょっと条件がいいのか、
ブルーシートのテントをはったりしている人もいる。
(どっちもひどいのには、変わりはないけど)
ただ、空き地で水浴びしたり、ごはんを作っていたりするのは
同じで、変わりはない。

カンボジアとかだと、ご飯の食べ残しをもらう物乞いも多いが、
インドはほとんどいなかったように思う。

空き地に住む人々。
上の写真の家族の子供たちとは、
なぜか友達で、たまに近くのビーチに行ったりしていた。
ただ、親の手伝いも忙しくて、学校にも行ってなかった。

そんな空き地の近くにも、新しいマンションが建てられたり、
寝泊りしている人もいる道のすぐ前に、
最新のIT企業ばかりが入っている、
でかいオフィスビルが建てられたり。

この国は、本当にいろいろな人たちの集まりだ。
そして、カーストの難しさも大きな問題だ。




ラオスで仲良くしていた家族の近所のみんな。
 飲み会とかで、よく一緒になっていました。
 クリスマスパーティーの時は、一緒に飾り付けの担当。

101回目のプロポーズを見ること、すでに10話目。
顔が微妙に、浅野温子のクシャクシャした笑い顔に
自然になっている私・・・。
東京ラブストーリーを抜いて、歴代ドラマNO.1の面白さ。

今日はインド話。
私が住んでた町の比較的、おしゃれスポットのビーチ。
ちょっとした輸入物も手に入るスーパーや
インド料理以外のレストランもある。
この町は外国人や家族連れやカップルなんかも来て、
週末は大賑わいになる。

私が住んでいるところから、オートで5分ぐらい。
ちょっとコーヒーを飲みに行くのにちょうどいい距離で、
その日曜日も、授業の準備でもしようかと、カフェに行った。
ちょっと長居をして、同居人とご飯を食べに行くために、
帰ろうとして、オートを拾おうかと、大きい道に出た時、
車もバイクも渋滞。

どうしたものかと、渋滞の先頭を見に行くと、
道の真ん中で、
30代ぐらいの女の人の上に、馬乗りになる男。
見たら、ボコボコとはまさにこのこと。
連打。
ボディ、ボディ。かお、かお。
左、右といいパンチ浴びせていて、
相手が女、脇の人の話じゃ、嫁じゃなかったら、
見入ちゃうところだけど、
さすがに殴られていたのが、女だから、痛々しくて、見るのもつらい。

明らかに男、旦那は明らかにキレていて、
周りも止めるに止められないまま、
人の山は大きくなっていく。
近くにいた人に聞くと、危ないから近づいちゃいけない、と言う。
女の人もあまりに殴られすぎて、
声をあげることすら、できなくなってて、
男が殴り疲れて、終了。
またもや、近くにいた人の話。
噂話なので、適当に流すところだろうが、
嫁が他の男を見たのに、キレたんだろうとのこと。
その後、車のクラクションの嵐。
男が立ち去って、近所の店のおばさんが女の人を起こして
運んでいった。

いや、びっくりして、動けなかったわ。
男同士のケンカは見たことがあっても、
女を殴る、しかもボコ殴りは初めて見た。
インドだからか、DVだからか。
インドは男のほうが偉いと言われてるので、
殴ることなんて、大したことないのかな。

その後、男同士のけんかで、同じように馬乗り、ボコ殴りを見たけど、
あまりにさっきのインパクトが強くて、
今度はちょろっと見て、素通りで通り過ぎてしまった。
意外と白状だわ、私。
けど、私には何もできなかったし、
周りも遠めで見て、素通りだったので。

インド、でかいわ。
いろんな人がいすぎ。
この国は、ものすごくアンバランスの中で、成り立ってます。








↑ これまた、卓球友達。
 いつもは警察学校の寮に閉じ込められてるけど、
 ボートレースの警備によばれ、
 町に出てきて、ちょっとはしゃいじゃってます。

インドのカースト制。
私はインドに半年しかいなかったので、
深いところまで、知っているわけではない。
なので、コメントするのは心苦しかったりするのだが。

しかも、私の勤めていたのはIT企業だったので、
働いていたのは、みんな似たようなカーストの人達。
でも、その中には微妙な位の高い低いはあって、
みんなある程度、大人だから、
私にはあの人がどうのこうの、と言うことはなかった。

一人、どう間違ったか、私のファンKがいて、
私がよく話したり、一緒にお菓子を食べていたSについて、
Kのコメント。
Sはあまりいいカーストではないから、
Sからもらった食べ物やお菓子は食べないほうがいい、と。

どうコメントするか、考えちゃったけど、
SもKも私の大切な学生で、誰が上、下は私の中ではなくって、
もし上下があるなら、がんばったかどうかの判断による上下だけ。
誰でも、がんばったら、私は認めると。

そしたら、Kはシュンとして、どっかに行っちゃった。
ちなみにKは地方のお偉いさんの息子。
親は市会議員かなんかで、家具会社の社長。
それなのに、なんで自分が一番じゃないのって。
いやいや、人生はがんばり点も大切。

これから何回か、インド特集でも書くつもりです。


↑ 一応、インドの世界遺産だったりします。
 実際に見ると、意外と小さくて、ちょっとしょんぼり。
 でも、そんな期待はずれの世界遺産を見るのが好きな私。
 この近くに原子力発電所があって、
 津波が来たときに、少し放射能が漏れていたと言う噂あり。
 そんな私も次にインドに行ったら、
 タージマハールを見たいな・・・と。

前にも、何度書いたが、ラオスに滞在したのは2回。
初めては日本語教師で、ビエンチャンに8ヶ月ほど。
次は、建築系の仕事で、週末はビエンチャンだけど、
平日はビエンチャンから車で4時間ほどの村に在住。

その辺りには、小さい集落というか、村が点在していた。
大きさに差はあるものの、ほとんどが小さい村であることに
変わりはなかった。
そんなところに、日本の会社は来たものだから、
なかなか大騒ぎ。
ゴムを植えたり以外は、仕事は木こりだったり、
竹を細かくたたいて編み、簡易的なうちの壁にする
シートを作ってみたり、仕事は少なかったもので。

中には、電気が通っていなくて、夜はろうそく暮らしの家も多く、
ちょっと前に、ソーラー電気の会社がトライアルか宣伝の一環として、
一つの村にソーラー電気を引いた。
小さいもので、晴れた日で、
2~3時間のテレビ観賞ができるぐらいの電気を確保できる。
その村に、ソーラー電気の効果を見に、
連れて行ってもらったときに、びっくりしたことは、
粗末なうちでも、意外とテレビはあったこと。
やっぱりテレビは文明の利器だなと。

また、その近くの村では、どこかの国の援助で、
電気が引かれることになった。
その年は、明るい電気が来て、生活はよくなった模様。
ただし、次の年、村の娘たちの妊娠が例年と比べ、激減。
援助をしてくれた国の人へのクレームもちょっとあったそう。
そこは自己責任のような気がするけど、
いろいろあって、世界はおもしろい。




忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析