忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ タイトルどおりに、近所の空き地に住んでた家族の娘。
 お兄ちゃんたちが、水運びなどの手伝いをしているときに、
 待っているところをパシャリ。

カンボジアのごみ山に住む子供たちとともに、
インドにいるとき、気になっていたのが、
空き地や歩道、電車の高架の下に住む人々だ。

インドの歩道は、歩く為だけのものでなく、
時には、人が物を売ったり、床屋になったり、
耳かき屋(ほとんど見なかったけど)、アイロン屋、
果物屋、カレーの屋台などの店、
それ以外にも、寝ている人や普通に食事している人、
生活している人、時には出産が行われたりもする。

夜になると、1メートル置きに、人が寝ているいるような道もあり、
そんな道は、人が車道に出て、歩かなきゃいけない。

空き地に住んでる人は、もうちょっと条件がいいのか、
ブルーシートのテントをはったりしている人もいる。
(どっちもひどいのには、変わりはないけど)
ただ、空き地で水浴びしたり、ごはんを作っていたりするのは
同じで、変わりはない。

カンボジアとかだと、ご飯の食べ残しをもらう物乞いも多いが、
インドはほとんどいなかったように思う。

空き地に住む人々。
上の写真の家族の子供たちとは、
なぜか友達で、たまに近くのビーチに行ったりしていた。
ただ、親の手伝いも忙しくて、学校にも行ってなかった。

そんな空き地の近くにも、新しいマンションが建てられたり、
寝泊りしている人もいる道のすぐ前に、
最新のIT企業ばかりが入っている、
でかいオフィスビルが建てられたり。

この国は、本当にいろいろな人たちの集まりだ。
そして、カーストの難しさも大きな問題だ。


PR

コメント
ああ・・・
>寝泊りしている人もいる道のすぐ前に、
>最新のIT企業ばかりが入っている、
>でかいオフィスビルが建てられたり。

以前テレビでそんなインドの光景を見たことが
あります。びっくりしました。
中国にも似たような場所があったと思います。
豊かになったとはいえ、貧しい人々がいることは
確かで、そんな人々は置き去りにされるのでしょ
うか・・・
【2007/08/19 22:19】 NAME[coniglia] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析