忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友遠方より来る、また嬉しからずや。
 
ベトナムで働いていたときの上司たちが、
カンボジアに旅行に来て、
シェムリアップに行ったついでに、
プノンペンにも寄ってくれました。
明らかに、友ではなく、かなりお世話になった人たち相手に、
このタイトルは心が痛みます。
 
特に、渡辺さんのとこの寺子屋以外に見る予定もないから、
後はブラブラしてるよ、と、
そんな見る予定もない、プノンペンに、
ちょっと私のことを思い出して
来てくれたのが、
本当に嬉しかったです。
(ちなみに、カンボジアに住んでいるって、
会うまで秘密にしていたのですが、
聞かなくても
きっと住んでいると思ってたよ、と。)
 
その時の様子を書こうと思ったんですが、
それは長編になりそうなので、また今度。
 
久しぶりに、懐かしいベトナムの話いろいろ聞いたので、
そんな話でも。
 
半年ぐらい前まで、ベトナムで私が住んでいたビジネスホテル。
一応3つ星でした。
何回か、このブログでも登場しています。
 
このビジネスホテル。
掃除も洗濯してくれるし、朝食もついていたし、
インターネットも常時接続で、
私はけっこう快適に過ごしていました。

ですが、一回、会社の人が泊出張で泊まったとき、
(私が2階で、その人は私の上の階)
私の部屋のベランダをつたって、
その人の部屋に泥棒が入って、
500~600ドルを盗まれました。
そして、その泥棒は、元従業員でした。
 
そんなこともあり、
その後、会社の出張の人を
そのホテルに泊めることもなかったようなんですが、
あるとき、また出張の人が来るというときに、
町のそこそこのホテルが、
どれもこれも埋まっていて、
結局そのホテルを利用することにしたそうです。
 
そして、その出張者が、食事をし、
何事もなく、夜寝ているときに、
突然、ドーンという音が外で。
部屋の外の廊下や、外がにわかに騒がしくなり、
出張者もなんだろう…?と部屋の外に出てみると、
従業員が外でバタバタ。
片言の英語で上手く伝わらなかったようだが、
どうも殺人事件があったそう…。
とりあえず、部屋にいるように言われ、
鍵をかけ、部屋に。
その次の朝になって、詳しくスタッフに状況を聞くと、
ホテルの5階から、日本人が飛び降り自殺を図ったとのこと。
 
何があったのかは分かりませんが、
ベトナムでは、駐在は3~5年のことが多いので、
ホテルで何回か会ったり、
一緒にご飯を食べたりしてた誰かなのかな…と思うと、
何とも言えません。
ベトナムで働くというのは、
かなり大変なことだと思います。
 
今回、久しぶりに、ベトナムの話を聞いて、
ベトナムで働くことの大変さを思い出しました。
 
日本語教師をしている人は、
ベトナムっていい国、ベトナム人っていい人たちだよ、
と思っている人が多いことと思いますが、
私は、お金がからんだときの姿を知っているので、
手放しでそうとは言えません。
(もちろん、本当にいい人もいると思いますが)
 
あの玄関の上あたりに落ちたのだろうか、とか、
下はコンクリだったな、とか考えると、
胸が苦しくなります。
 
もちろん会社的に、
もう二度と利用しないことになったホテルですが、
働いていたスタッフのことも思い出したりします。
 
PR
私が昔働いていたベトナムの会社の上司が

プノンペンに来るというので、

はるばる上京してきました。

バス旅6時間+食事タイム1時間。

びっくりするぐらい、TOEICの勉強が進みました。

本当は一緒に行くはずだった、カンボジア人から、

8時半のバスは満杯なので、

あいさんだけ、先に行ってください、と言われ、

6時45分のバスに間に合うように、

6時半に行ったところ、

バスを待っているのは私1人。

席の番号も1番。

その後、しばらくして、ちょこちょこ乗ってきましたが、

運転手や周りの人も、気を使ってくれて、

トイレ休憩の時は、声をかけてくれるし、

なんかご飯も交ざって、食べてました。

さすがに、ちょっと腰が痛いですが、

かなり英語の実力がついたのでは、と自己満足。

(いつでも自己満足の生き物、私)


さて、クメール語を勉強しようと思っていた私ですが、

授業以外の仕事で使うのは、英語がほとんど。

先日なんて、いきなり会議をすると言われて行ってみると、

外国語学部会議。

アメリカ人IT教師、英語教師4人+私+韓国人

ちょっとアウェイな感じで。

でも、そこは、英語力ではない、

コミュニケーション能力でなんとか。

夜にやることがなく、

毎日TOEICの勉強をしていただけのことあり。

関係ないですが、

昨日は、大学の先生たち数人と

ビールを飲みに行ったんですが、

9時に家に帰ったら、

家のシャッターが閉まっていました。

超箱入り娘です。

(ダンボール箱、または、ゴミ箱)

出会いの要素0の町で、

仕事に打ち込みます・・・。



来ました。

カンボジアにやってきました。

しかも、昨日からは、

プノンペンから車で6時間かかる町に。

月曜日の夜について、

火曜と水曜は研修があったので、

その合間に、センターにも顔を出してきました。

20分ぐらいで、教え方会議も開き、

今来ているボランティアの方にも、

かなり頑張ってもらっています。

今日は、朝の子供たちみんなでごみ拾いをして、

少しずつ地域の寺子屋としても、

活動の輪を広げたいと思います。


さて、このブログといえば、

カンボジア→エロ

ベトナム→ズル

ラオス→のんびりゆったり

インド→カレー

日本→私のだんな探し

のカテゴリーでなんとなく分類されていましたが、

今度住み始めたカンボジアの田舎町は、

特に遊びの要素もなく、

夜は持ってきたTOEICの勉強をするか、

エロ小説を書くか、

それ以外には、やることがほとんどなさそうな。

もちろん、日本語を教えに来たので準備はしますが、

センターについて、いろいろ考え、

ブツブツ言う時間が増えそうです。




 にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 

 

たぶん、このブログを長いこと読んでくださっている方は、

すでにお気付きだとは思いますが、

最近、次の仕事の都合上、

ちょっとブログ上のキャラ設定を変えていました。

なるべくいい人であるように心がけ、

悪口、文句、風俗情報は書かないように、と思い、

そういう文を書こうとしました。

したんです。

けっこうがんばりました。

でも・・・


何を書いたら、いいんだろう・・・

何も書けない・・・

はあ・・・

と、慣れないことをするのは、

本当に辛いことが判明。

いろいろと考えた結果、元に戻そうかと。

ちょっとリハビリは必要ですが。


そんな私ですが、

晩ご飯に食べた、まぐろのすき身にあたったらしく、

軽く腹痛。

まだ、カンボジアに旅立ってすらいませんから。

今朝、みずほ銀行の前で、

ものすごく宝くじに当たりそうな気がしていたのですが、

まさか、こんな当たり方だとは、

想像だにしませんでした。


キャラ設定と言えば、

このブログでも何度か書いている

私の人と違った趣味には、

裁判傍聴、献血、電車の時刻表を見る、

引越しで部屋探しをするときに、

不動産屋で、変に安い物件を探す、

など、人とあまり楽しみを共有をできないことが多い

楽しみワールドがありますが、

社会的評価としては、まともな趣味のほうに、

俳句があります。

1月ぐらいに、とある俳句賞に応募していたのですが、

その2次審査を通過したらしく、

(と言っても、すごい量の俳句がくるので、

さらに、3次、4次審査と続いていくようです)

その俳句賞の担当の人から、電話が来て、

住所、氏名、俳句の確認(漢字など)を聞かれ、

その俳句を作った状況を説明してほしいと

言われました。

子供を題材にした俳句だったんですが、

説明と言われてもだめだめで、

文面どおりの説明をしてしまいました。

しかも、担当の人が、

こちらの子供は、渡辺さんのお子さんですか?

と質問を。


いえ・・・、まだ結婚もしていないので・・・。


たぶん、担当の人、すごくいい人なんだと思います。


本当にすみません、ごめんなさい・・・。

と平謝り。

いいえ、たまに、子供に勉強を教えたりするので・・・。


いいえ、本当にどうもすみません。


あまりに謝ってくれるので、ちょっと申し訳なくなって、

どうしたらいいか、分からず、

そんな感じかな、と想像して作りました。


はい、終了・・・

の予感大。


何を動揺してしまったのでしょう。

そんなことを気にしていたら、

フィリピン人のハーフのドラマ

(嵐の、さかなくんに似た人のドラマ)を

途中で見るのを止め、

NHKの「コンカツ・リカツ」に

チャンネルを変える自分がいました。


せっかくなので、カンボジア情報をちょっと。

そんな婚活がテーマのドラマが

日本で流行っている一方で、

カンボジアでは、とあるレズ映画が流行っているそう。

カンボジアも進んだものです。


最後は、いつもの恒例で、話が飛びます。

Britains God Talent 

http://www.youtube.com/watch?v=9lp0IWv8QZY

人の評価が、一瞬で変わる瞬間が見られます。

ちょっと前にCNNでも取り上げられてました。


以上で、キャラ設定はいかがでしょうか。

ブレまくりです。


 

 にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 

 

来週の月曜日にカンボジア行きです。

なかなか準備が進みません。

クメール語の勉強もイマイチで、

カンボジアの映画を見て、

なんとか形だけ勉強はしていますが、

夏休みの子供みたいです。

しかも、夏休み最後の日に頑張る子供ではなく、

始業式の日に、急いで帰って、

自由研究をしていた小学生の私、そのままです。

「三つ子の魂 百まで」と言いますが、

35ぐらいまでには、ちょっと自分を変えたい感じです。


行く前に、日本でやり残したことがないようにしておこうと、

先週の土曜日に、楽天の試合を見に行きました。

1回ノーアウト満塁からのきれいな3三振。

長谷部のいいピッチングにもかかわらず、

楽天の負けでした。

その後、日曜日、そして、今日と連勝。

何でしょう?


あとは、松屋のカルビ焼肉定食を食べておかないと。


それより、タイですよ、

心配なのは・・・。

カンボジアで大きい病気になったら、

絶対、緊急搬送されるのは、バンコクのはず。

そのバンコクがこんなじゃ・・・。


ちなみに、

バンコクという名前を、

タイ人は、「クルンテープ」(天使の都)と呼びます。


昔、プノンペンに住んでいたとき、

バンコクは、本当に憧れの町でした。


当時、何ヶ月かに1回、

仕事でバンコクに行っていました。

陸路で15時間バスに乗ってバンコクへ。

1日目は疲れて、

ゲストハウスの近くで

バーガーキングを食べるのが精一杯。

次の日の午前中に仕事を終わらせ、

昼は、日本食を食べ、

伊勢丹をブラブラ、スーパーで買い物、

漫画喫茶でご飯を食べ、

夕方の飛行機で、プノンペンに帰ります。


当時は、この1日が、

どれだけ息抜きになったことか。

仕事で押しつぶされそうなとき、

普通の生活を思い出させてくれた町です。


ちょうど、タイもカンボジアも

今は正月。

特に、タイ正月は、水掛け祭りで有名です。

早く安全で活気があるバンコクに戻ってほしいです。

バンコクはいつまでたっても

憧れの町ですから。


なんて言いながら、

ここでも前に書きましたが、

タイで日本語を教えないか、と言われたとき、

私は、日本人の先生が教えたがらないような所でこそ、

力を発揮できると思うので・・・と

断ってしまいました。

その結果が、カンボジアの田舎ですから、

望んだ通りの結果でしょうか。

力、発揮できるのかな・・・。

バカ力はいつでも発揮できますが。

 にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 

 



忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析