忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ 去年のクリスマスの写真を、
 いっぱい送ってもらったので、この場でご披露。
 微妙に子どもが、まだ小さくて、
 この時期の成長の早さは目を見張るものがあります。

最近、このブログであんまり触れていなかった
お色気路線ネタを少々。
最近、何か物足りないと思ったら、
このブログでは、中核を担う、このネタがなかったからだと。

私が住んでいるホテルの向かいに、2件のマッサージ屋がある。
片方は普通の白熱灯、もう一つは赤いライト。
前からかなり気になっていた。
いつも胸のあいたミニのワンピースを着た
女の子たちがたむろっている。

ホテルの隣に、ばーちゃんがやっている
小さい日常雑貨を売る店があるのだが、
2日に1回は、そこを利用している私。
私が、水や牛乳を買っていると、
そこのマッサージ屋のお姉ちゃんが、やってくる。
100円ショップで買えるような、
買い物カゴのミニサイズのようなかごを手に持って。
その中には、いつも、オイルやローションのようなもの、
ベビーパウダーや、ウエットティッシュが入っていて、
それはそれは気になっていた。

しかし、自分が行くわけにもいかないし・・・と思っていたところ、
知り合いのおじさまが間違って(?)入ってしまった模様。
今朝、思いっきり根掘り葉掘り聞いてしまった。

まず、料金は7万ドン。
だいたい4.5$ぐらい。
私が普段行っている普通のマッサージで、
5万ドンから10万ドンぐらい。
まあ、普通。

ここからはそのおじさまの話より抜粋。
(ちょっと差し引いて、読んでください。)

マッサージって書いてあるから、
ちょうど疲れていたし、入ってみたんだよ。
でさ、値段を聞いて、高くないし、やってもらうことにしたんだ。

(でも、マッサージ嬢の服は・・・なんて、
ツッコミは決してしないのがルール。)

マッサージをするから、服を脱ぐように言われ。
いざ脱いで、振り向くと、
マッサージ嬢が、右手にウエットティッシュ、
左手にコンドームで微笑んでいたんだよ。

いや、びっくりしてさ、
マッサージするように言ったら、
マッサージなんてしたことがないから、
できないって言うんだよ。

電話が来たので、続きは後で。
PR


定期的に登場のごみ山の写真。
 本当は、向こうに見えるごみ山村の写真を撮ったんだけど、
 非常に見にくい・・・。
 プノンペンのごみ山には、プノンペン中のごみが、
 分別もされずに運ばれてくる。
 というわけで、自然発火あり、変なガスの発生あり、と
 至る所で、噴煙が上がっていて、
 上の写真のようなスモッグ具合に。
 
 ちなみに、ごみ山で働いている人は500人ぐらい。
 ごみ山に住んでいる人で、最近増えているのは、
 地方に住んでいた人が、病気などで、
 薬代のために、土地を売って、
 プノンペンに出てきたものの、
 仕事がなく、ごみ山で、ごみを拾うというケース。
 同じようなケースで、農業で稼げないという例もある。

 朝から夕方まで働いて、
 大人で1日2$行ったらいい方、子どもだと1$未満。
 その稼ぎの中から、ごみ山村の土地の所有者に
 土地の賃料を払う。
 そりゃ、大変だ。

私がラオスで働いていた日系企業は、
他の会社を買収して、本格的にやり始めて、3年。
辞めた人はたぶん誰もいない。
(辞めさせられた人はいたけど)
現地スタッフの給料の額を見ると、
今の会社の1、5倍ぐらいだ。

私が外国で働いている理由に、
日本で働いていたときのように、
12時過ぎまで残業したり、
周りの人が帰るまで帰れないというような体質が嫌い、
というのがあるのだが、
現実、けっこう根がまじめらしく、
普通に家に帰ってからとか、
休みの日に地味に働いていたりして、
基本的に日本人の心を忘れていないようだ。

でも、今の会社のベトナム人は、
忙しい時期は12時まで働いていたり、
朝5時半に出てきたり、とびっくりするぐらいにまじめ。
そんなみんなの姿を複雑な目で見ている私。



↑ 話題がベトナムなので、ハロン湾を。

さて、ホテルの話。
私は、ゲストハウスとかホテルとかに泊まるのが好きだ。
昔、建築の仕事をしていたときは、
一生に1回ぐらい、ラブホテルの設計をしたいと思ってたぐらい。

かと言って、別に高い所に泊まるわけではなく、
最低限の設備がそろっていれば、
選り好みはそれほどしない。

一度そこそこのゲストハウスを見つけると、
ほとんど浮気もせずに、そこに泊まり続ける。

プノンペンでも定宿があって、
たまに行っても、フロントのお姉ちゃんが覚えてくれてて、
家にでも帰ったかのようだ。

昔は、いろいろなとこに泊まっていて、
ラオスの2$のドミトリーに泊まったこともあるが、
基本はやはり個室。
ちなみにこのドミは、個室が空いてなくて、
ドミを一人で貸切だったけど。

ちょうど先先週、会社の出張で、なかなかいいホテルに泊まった。
ガイドブックで言うところの、高級ホテルの一番下のランク。
よかった。
バスタブ付きで、インターネットも使いたい放題。
朝食バイキングに、ウェルカムフルーツも盛りだくさん。
いいホテルに泊まると、立ち振る舞いもセレブになって、いい。

さて、先週の金曜日、仕事の打ち合わせがあるので、
授業が終わって、すぐハノイに行くことになった。
6時半に授業が終わって、バスに乗って2時間。
8時半について、すぐ打ち合わせの予定。
朝のうちに定宿のホテルに電話をして、2日連続で予約しておいた。
(日曜日に勉強会があるので)

予定通りに8時半にハノイについたけど、
荷物が重いので、一度ホテルに荷物を置いてから行くことに。

バイクタクシーでホテルに行って、
その時、荷物とパスポートを預ける。
そして、ちょっとご飯を食べに行ってくると、外へ。

9時から10時半まで、打ち合わせをする。
ホテルに戻って、部屋の鍵をもらおうとすると、
フロントのにーちゃんが、いやいや、隣のホテルに行ってくれ、と。
はー、ここを予約したのに、なんで隣に行かなきゃけないの?
いやいや病人が出て・・・。
っていうか、なんで、さっき言わないの?
それは・・・しどろもどろ。

そんな時間に、他のホテルを探せって言われても、無理なので、
大人しく、移ることに。

話し疲れたし、次の日も打ち合わせがあるので、
大人しく早く寝ることにした。
シャワーを浴びて、タオル・・・と思ったら、置き忘れてるし。
まあ、それは確認しなかった私が悪い。

さーて、エアコンと思ったら、リモコンがない。
そんなに暑くないし、ファンをちょっと廻す。

そして、ちょっと、課題作りなんかをして、
12時に寝ようとした。
すると、なにか外で、ゴーっと、轟音。
室外機とかジェネレーターの音が、10分周期でやってくる。
かなり辛いが、自分、ラジオをかなり大量録音をしたものを
持っているので、その音で、轟音を打ち消す。

1時ぐらいに室外機の音も収まり、寝ることに。

すると、さっきどころの騒ぎじゃない轟音が。
ガタガタ、カンカン、ゴーッ。

最初は我慢できたが、同じく10分周期でその音は来る。
あまりにうるさいので、何をしているのか、見ようとすると、
ベランダに出るドアが半開きで、
無理やりチェーンの鍵で閉めてはあるけど、
上と下には大きい三角の空間が。
しかも、閉めようとしても閉まらない・・・。
そりゃ、うるさいわけだ。

なんだか分からないけど、そうこうしているうちに、2時に。
こりゃ、文句を言わないと・・・。
フロントに行くが、人が見当たらず。
どこの部屋で寝てるのか。
しかも、また部屋に戻ろうとしてびっくり。
屋外(騒音)→部屋のベランダ→私の部屋(2,5×12m)→廊下
なのに、ドアを閉めてても、廊下まで、騒音が。

鉄を叩く音なので、響くんだわ、これが。
そのまま、3時ぐらいまで音は続いて、
結局、耳にトイレットペーパーを詰めて、
毛布をかぶって、寝た。

朝起きて、超クレームをつけに行くと、
どうも、夜にホテルの正面玄関の上の庇の工事をしてた模様。
久しぶりにキレて、全然眠れなくて、最低のホテルだと
私は思うけど、いつもこんななの?
と、たぶん通じてない英語で言ってみる。
(私、怒った時だけ、英語が流暢になるので)

やっぱり通じてなかったけど、そのまま出て行って、
隣の元のホテルに、クレーム。
夜に工事をするホテルに泊まるぐらいだったら、
お金を出してもいいホテルに泊まる、と。

私は予約が入っているから、来たのに、
あんたは信頼関係を裏切ったと、文句を言って、
結局、その日の予約も取り消して、他のホテルに行った。

けっこう、そのホテルは好きで、
私がひったくりにあったときは、
オーナー家族が、警察に連れてって、通訳をしてくれた。

ごめんよ、許してくれ。
でも、あの時は、朝早くチェックインしようとしたら、
まだ部屋が空いてないから、11時に来てくれっ、て言われて、
眠気には勝てなかったよ・・・。

またほとぼりが冷めたら、行くけど。
間違っても隣のホテルには、ぜってー、近づかない!
っていうか、普通、夜、工事するか?



↑ 親孝行というタイトルなので、地元山形の冬の風景を。
 山形はやっぱり、好きです。
 そろそろ帰ってもいいかなと思うのは、
 年をとったからでしょうか。

さて、皆さんは、親孝行というと、
どんなことを思い浮かべるだろう。

今日の授業で、親孝行という言葉が出てきて、
親に対して、いいこと、親が喜ぶようなことをすることと説明した。

例を出してみて、と言って、
私の頭に浮かんだのは、
家事を手伝ってあげる、とか、旅行に連れてってあげる、とか。
よく電話をしたり、誕生日などに、プレゼントをあげるのもありか。

すると、学生の答え。

1、早く結婚すること
2、男なら、結婚して、両親と一緒に住むこと。
  女なら、家が近い人と結婚すること。
3、男の子を生むこと。

みんな、私より、考えが大人だわ・・・。


↑ ラオスは林業国なので、多くの木材が取れます。
 その中で炭は、質がいいと言うことで、
 日本へ輸出もされています。

カンボジアで働いていた時に、すぐ近くのNGOで
働いていた友達がハノイ勤務になり、2年半ぶりに再会。
(本当はこの話をゆっくり書きたかったんだけど・・・)

再会を祝って、ヤギの焼肉とヤギ鍋で、乾杯。
もちろん、ハノイビールで。
ちなみに、ヤギのおっぱい焼肉は、おいしい。

その後、私の好きな、ベルギービールの店に行く。
ベルギーの赤ビールを出す店で、
前に、在住の日本人に教えてもらった店。
ソーセージと生春巻きがおいしくて、
サッカーのライブ中継を見られて、
すごく雰囲気がよくて、気に入っている。

懐かしい話、カンボジアの話、ベトナムの話、
仕事の話など、楽しい時間は過ぎる。

ビールも、前のヤギ鍋の店で、二人で3本飲んだのに、
二人とも、ビールをお代わり。

そして、その友達がトイレに行っているときに、
目に飛び込んできたもの。
キッチンのほうから、ネズミが出てきた。
そして、カウンターの方へ。
ウエイターもウエイトレスも
気づいているのか、いないのか、
何事もないかのように、作業を続ける。

その後、30分ぐらいに、カウンターからキッチンへ
ネズミが移動。

こっちに来てから、外で、ネズミを見ることはよくあるけど、
(インドでは、窓を開けて、換気していると、
時々、入ってきたりもしていたけど)
屋台じゃないレストランで見るのは、初めて。
もちろん、裏口とかはあるけど、
屋内でそこそこ流行っていて、
外国人も多い店だったのに・・・。

友達もソーセージが食べたいって、言ってたのに、
全然手をつけてなかったから、見たのかな?

友達には言えないので、ここで書きます。
でも、ビールはおいしいから、
ビールだけ飲みに、また行くかも。
 
ちなみに、私が住んでるホテルのレストランのキッチンで、
猫を飼っていることが、最近判明。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析