忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



雨に唄えば。
雨が降ってきて、ずぶぬれになっています。
雨も、子供の遊び道具がわりに。

皆さんは、お酒を飲んだ後のしめは何でしょう。
お酒を飲んだ後、
基本は、ラーメンだろうか。
それとも、お茶漬け派?
人によっては、うどん・そばなんて人も。

私はと言うと、やはりラーメン派なのだが、
最近じゃ、めっきりお酒は飲まなくなってしまい、
ラーメンまで行き着くこともほとんどなくなっている。

さて、カンボジア。
お酒を飲んだり、
ディスコに行った帰りに、しめで行くのは、
多くは、お粥屋である。

日本のお粥とは違って、
どちらかというと、味が濃い、
鶏肉や豚肉やレバー入りの雑炊のような。

こちらにレシピあり。
http://khmer-recipes.blogspot.com/2008/02/blog-post_01.html
私は、鶏がらスープで作るけど。
もうちょっと、上品な感じだと、
http://www.howarp.or.jp/wasedanomori/ethnic/recipe_05.html#recipe01

とりあえず、しめはお粥です。
飲んで、12時過ぎでも、お粥屋はけっこう人がいる。
車の通りの少ない町で、
お粥屋だけ、特に、電気が明るくついている。


昔、知り合いの日本人男性とカフェに行った。
その人が、そのカフェの店員をナンパした。

男:仕事何時まで?
  ここが終わったら、一緒に、ご飯を食べに行こうよ。

店員:8時あがり。
   (その時、夕方の6時。)
    でも、うーん、ちょっと・・・迎えに来てもらうことになってるから・・・。

やんわりと断られていると思った、その男性、

男:またまた。
  いいよ、その迎えに来る人も連れてきな。
  でも、彼じゃないよね。?

店員:彼じゃないけど・・・。

男:いいじゃん、行こうよ! 
  二人で心配だったら、こいつ(私)も連れて行くからさ。
  ご飯もおごるし。

私:(おいおい、人数あわせかい!)

店員:うーん、じゃ、ご飯だけだったら。

男:サンキュー、じゃ、待ってるね。

その間、微妙な通訳をする私。
どちらにせよ、二人はそこまで言葉が伝わるわけじゃないし、
結局、私も行く事に。
彼女が仕事が終わるのを、囲碁をして、待つ二人。

8時過ぎ。
私服に着替えた、彼女が。

そして、店を出る3人。

そこにタイミングよく、
迎えに来たのは・・・


彼女のお父さん・・・。

結局、その4人でご飯を食べに行って、
何を話したのか、よく覚えていないんだけど、
そのお父さんと私は、大量にお酒を飲んだ。
会話の気まずさを酒でまぎらわすように。

結局、会計をし、
お父さんと彼女は家路へ。

そして、連れと私は、お粥屋で反省会。
いや、反省以前の問題だったんだけど。
お父さんが来るとは、反省のしようもございません。
(デヴィ夫人風に。
この前、杉本彩のものまねをしようとしたら、
デヴィ夫人に似ていた・・・)

酒を飲んだら、しめはお粥で。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
 

 





PR


今日も、パーティーの様子から。
パーティーも3年目になると、
テーブルに、布をかけることも覚えます。
スタッフも、すごく楽しかったと言っていました。


スタッフの中に、
手堅く働いているスタッフがいます。
もともと、日本語ペラペラで、
ガイド経験もあり、
今も、センターの運営をお願いしていて、
日本語も教えています。

他に、日本人と一緒に、
ブランドショップで働いています。
(カンボジアですが、本物のヴィトンが売っています。)
雇われ店長ですが、
たぶん、カンボジアでは数少ない
スーツの下には、ベストを着て、働いています。

私より一つ下ですが、
自分の家も買い、本当に堅実に生活しています。
子供も中華系の幼稚園(結構、授業料高い)に
通っています。

ただ、よく働くのは、よく分かるのですが、
そこまで稼いでいるとは思えず、
ずっと疑問に思っていたのですが、
最近、副業が判明。

田舎で、ワニを飼っていました。
そのワニを育てるか、貸しているかで、
小銭を稼いでいた模様。
今は、あまり調子はよくないようですが。

知り合いの日本人で、
ラオスで象(もれなく、象使いもついてくる)を
飼っていた人もいましたが。
匹敵するぐらいの衝撃っぷりです。

ちなみに、そのラオスの象ですが、
ある日、象使いが、
象が、田舎に帰りたい、と言っている・・・
と言って、どこかに行ってしまった模様。

ワニで稼ぐとは、恐るべき・・・と思いきや、
意外と、外国って、ワニ園があるかも。
タイにも、カンボジアにも、インドにも、ベトナムにもある。
ワニ革のベルトでも、おねだりしてみるか。
にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
 

 

あやしげなアジア情報関連の本を読んでいた。
その本は、タイトルにアジアとあるのだが、
載っているのは、タイ・ベトナム・カンボジアの話のみ。
なんとなく事情が分かるので、
面白く読んでいたのだが・・・。

その本は、6年前に書かれた本であり、
多少、情報が古いのだが、
その中に、プノンペンで
よく銃の売り買いが行われていて、
爆弾も多数あるので有名な市場として、
紹介されていたところが、
知り合いの学生の家のすぐ近くだった。
その爆弾を使って、
かなり有名なホテルの爆発騒ぎがあったのだが。

その学生の家にも、何度も行った事がある私。

その本に書いてあるのは、
その市場の入り口では、
軍服や警察の制服や腕章なども売り買いがされていて、
その付近にいくつか並ぶ美容院の店先で、
小声で頼むと、2階から銃を持ってきてくれるそう。

この付近には、警察や軍関係の人が多いので、
そういう人たちから、横流しで来るものや、
見て見ぬふりをして、多少の賄賂でなんとかなるそう。

ふーんと思って、読んでたのだが、あれれ。

知り合いの学生の家は、美容院。
しかも、店先で軍服を売っている。
お父さんは、警察官。
なんとなく、どんぴしゃの予感。

その美容院で、何度か髪を切ってもらってたけど・・・。
たとえ、どんぴしゃでも、6年前の話なんで、まあ。
うん、今もか?


にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
 

 

バスに乗ること、約4時間半。
国境の町に着いた。
この町に着く前に、
私の心の第2の田舎、プレイヴェンという町を通って、
すごく懐かしい気持ちになった。
途中、バスに乗ったままで、そのバスがフェリーに乗っかって、
川を越える場面もありで。
 
そして、国境の町も、思ったより栄えていた。
と言うのも、カンボジア、ここ何年か、カジノの建築ラッシュ。
国境の町もベトナムから来やすいので、
新しいカジノが何軒も建っていた。
ちなみに、プノンペンも至るところに、カジノが。
 
国境の町で、お昼の休憩が。
みんなご飯を食べていたけど、
私は、絶対ホーチミンでベトナム料理を食べる!!と決めていたので、
ヨーグルトで、過ごす。
 
そして、国境越え。
カンボジア側の国境へ。
一旦、バスを降ろされ、係員がパスポートとバスの中をチェック。
ここでポイント。
パスポートを持っていない人は、
その時、係員に言って、
バスガイドが、速やかに徴収済みのお金を払う。
ちなみに、パスポートを持っていない人は、
バスの中で。
 
そして、あっさり、国境を越え、ベトナム側のイミグレへ。
今度は、全部の荷物を降ろし、
各自にパスポートと、ガイドが適当に記入した入国カードが配られる。
係員に、パスポートを見せると、
私はベトナムのビジネスビザ持ちなので、笑顔で通過。
 
その後、荷物検査へ。
空港によくある手荷物検査の機械に、
私の小さいスーツケースとドラムバックを通す。
すると、係員の顔が曇る。
CD-Rをいっぱい持っていたので、それか?と思っていると、
ドラムバックを開けるように言われる。
 
昔、カンボジアの手荷物検査で、
かばんを開けられ、すぐにパンツが出てきた失敗例があるので、
ドラムバックの中は、きれいに小分けしてあった。
これが服で、こっちが洗濯して、乾かなかったやつで、
虫さされの薬と、風邪薬と…。
すると、係員が、ある薬に、目が行っていることに気づく。
その薬は・・・これなしでは、旅はできない、正露丸(糖衣じゃないほう)。
これを見せろ、と言ってくる。
 
はい、どうぞ、どうぞ。
 
何の薬だ。
 
お腹が痛いときに飲む薬で・・・。
 
ちょっと開けてみろ。
 
はいはい。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
目が・・・、というか、鼻が・・・。
 
早くしまって、行ってくれ、と言われる。
 
はいはい、とバスに戻ると、
荷物検査でひっかかったのは、私だけで、
みんなが私を見つめていた。
 
やはり、世界の正露丸。
これなしでは、旅はできません。
今日は、地元の市役所で定期的にしている
NPOの相談会に行って、いろいろ聞いてきました。
担当の人がいい方で、優しく教えてくれました。
というわけで、微妙に、活動しております。

田舎に帰ってから、いろいろな方と知り合う機会が多いです。
カンボジア関係の人にも、知り合いができました。
いい関係が築けたらいいです。

そろそろ、カンボジアの様子をブログに書こうかと。
書く書くと言って、けっこうさぼってたので。

と言っても、プノンペン-ホーチミン間の陸路での国境越えの話です。
よくボランティアの方に、
このルートでの国境越えについて、よく聞かれていたんですが、
実は、このルートを使うのは、初めてのことで、
ホーチミンに行くのも、7年ぶりのこと。
聞かれたことには、なるべく正確に答えたいのと、
ホーチミンから、荷物を取りに、
前の勤務先である、ハノイ近郊の町に帰るのに、
ホーチミンから飛行機の直便が出ているので、
このルートを選択。

プノンペンでバスチケットを買うならここ。
キャピトルゲストハウスで、サイゴン行きのバスを予約。
10$で、6時半出発のと、9時半に出発のが。

6時半のだと、ホーチミンに1時半着。
9時半のだと、4時半到着。
ということで、6時半のに、乗って。

6時にゲストハウス出発で、
スタッフがバス乗り場まで、送ってくれて。
ボランティアの二人も、ゲストハウスの前で、お見送り。
朝早いのに、うれしかった。

バスは満杯。
8割カンボジア人、その他、ベトナム人、外国人3人。

プノンペンは、ある程度大きい病院はあるのだが、
本当に悪い病気の時は、ホーチミンの病院に行くことが多く、
何人か、病気でフラフラしている人がいた。

乗って、すぐに、パスポートを集めるのだが…。
そう、集めるのだが…。
パスポートのない人も何人かいて、
普通に、慣れた手つきで、
25$をガイドの人に渡していて、
パスポートがないから、これで、と。
病気での、国境越えだったら、実にいい制度。
日本のニュースで、ベトナム高官への賄賂が報道される中、
袖の下の重要性を、考えさせられたりして。
というわけで、続きます。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析