忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ ラオスで一緒に働いていた、学校のスタッフです。
 男のスタッフは田舎に帰っちゃったんですが、
 女のスタッフとは、今でも仲良しです。
 この時、給料50$でしたが、
 次の仕事先では給料400$になってました。

日本のニュースを、よくチェックするんですが、
すごく気になったのがあったので。

東京・日比谷公園で知的障害のある息子を刺殺し殺人罪などに
問われた母親が20日、 東京 地裁で懲役7年の判決を言い渡された。
母親は自らの生い立ちを我が子に重ね合わせ、
「かわいそうだから」と殺害の動機を法廷で語っていた。
「経緯には多分に同情の余地が 認められる」。
青柳勤裁判長はこう言いながら「自らの思いこみから
息子の将来を一方的に 悲観し、 殺害した。
独りよがりのそしりはまぬがれない」と述べた。

母親は埼玉県川口市の無職横山志津江被告(52)。
昨年6月10日夜、小学5年の 次男翔君 (当時10)を
果物ナイフで刺殺し、自らも自殺を図ったが死ねなかった。

判決などによると、横山被告は、母子家庭で育ち、
9歳で母と死に別れた。軽い知的障害があり
養父母から虐待を受けた。結婚して2男2女をもうけたが、
夫は借金を抱えて失跡し離婚した。
次女は1歳7カ月で髄膜炎で亡くなり、
重いぜんそくだった長女も16歳で死亡した。
生活保護を受けながら総菜屋などで働き、
知的障害のある2人の息子を育てたが、 
次男の 翔君は小学校に行きたがらなくなった。
「いじめを受けている」。そう思いこみ、悩んだ。

「死ぬ前に一度乗せてやりたい」。
2人は新幹線で新潟の温泉宿に向かった。
翌朝、睡眠薬と 缶酎ハイを翔君にも飲ませ、
山中で死のうとした。
翔君が眠らなかったため新幹線で東京に 戻り、
日比谷公園を目指した。
夜になり、眠りについた息子をベンチに寝かせた。
「翔君、ごめんなさい」。果物ナイフで胸を突き刺した。

「翔と自分とはイコール。ああするよりほかにありませんでした」。
公判で殺害の理由を問われた 横山被告はこう述べた。

検察側は懲役13年を求刑した。
弁護人は「被告の身に起きたことは一人の人間が抱える
ことができる 許容量をはるかに超えている」と訴えた。

「喜びや楽しみ、悲しみや苦しみも含め人が
生きていく上で経験するであろうことを翔君も
経験できたはず。これを奪う権利は何人にもない」
裁判長の言葉を、横山被告はじっと法廷の床を見つめながら聞いた。
http://www.asahi.com/national/update/0721/TKY200707200588.html 


裁判傍聴マニアでいろいろな事件を見てきましたが、
これを読んだとき、思わず泣いてしまいました。
PR


↑炭を作っているところ。
 ラオスは林業が盛んなので、炭の輸出も多いです。


↓だいぶ古いニュースですが、発掘しました。
 噂では、よく聞いてましたが、
 実際に聞くと、うーん、って感じ。
 やっぱりインド恐るべし。

乞食の手足を切断するインドの医師

2006-08-02 Wed 22:04
click!―BBC NEWS―
インドの医学会は、食いっぱぐれないようにするため
自ら障害者となることをねがう乞食たちに、
希望通り手足の切断手術を施していた
医師三人の調査をはじめました。

このことが明るみになったのは、
テレビのインタビューに応えた医師が
乞食の四肢の切断手術を200ドルで請け負っていると
述べたからで、これまでにも囁かれていた噂を
裏付けることになった次第。

というのは、これは元記事には書いてありませんが、
インドの乞食というのは障害者の割合が異常に多いそうなんですね。 
カースト制のインドでは、路上生活者など
最下層のカーストから抜け出すことは
よほどの奇跡でも起こらないと難しく、
路上に生まれたものは路上に死ななければなりません。 
で、乞食となるわけですが、そのとき障害者であったほうがより
同情をかうことができるため、
五体満足で生まれてきた体を自ら損なうそうなのです。 
また、これは親が子供に施す他、
乞食たちを束ねているギャングたちが手術料をたてかえることもあるそうです。

今回放映されたシーンは、
デリー郊外の国立病院で働く医師と乞食とのやり取り。
「どこを切ってもらいたい?」 と訊ねる医師に対して、
乞食が 「どこからでも」 と答え、
医師が義肢を付けやすいようにと膝下の切断を提案するという代物。
放送後に医師の家を怒った群衆が取り囲み、
医学会では衝撃的なことと今更のように声明を出していますが、
諸悪のもと、生まれながらにして差別を生むカースト制が撤廃されるのは
いつのことなんでしょうね。 
既得権益があるほうから声があがる筈もないでしょうし。 


↑前回に引き続き、植樹祭での
 けーさつのお姉ちゃんです。
 制服のスカートを気にしながら、苗を植えてました。

真面目なニュースより。

インド南部で病気を患った75歳の女性が
ごみ捨て場に横たわっているのを地元の夫婦が 発見した。
介護を嫌がった娘と孫たちによって
捨てられたとみられていると、
ヒンドゥスタン・ タイムズ紙が報じた。

この女性の救出に携わった1人は
「(女性は)家族の仕打ちを責めるようなことは一切口にせず、
ただ助けなしでは動けないことを悲しんでいた」と語った。

女性が救助者らに明かしたところによると、
誰が女性の世話をするかについて1番下の娘と
ほかの家族のメンバーが言い争いになり、
その後末娘が自分の息子たちにこの女性を同国
南部のタミルナド州に捨てに行くよう命じた。

同事件については、複数の政治家が怒りを表明しており、
女性の家族に何らかの措置を取るよう
当局に求める考えを示している。

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-26961320070719


ちなみにこのおばあさんが捨てられたタミルナドゥに、
私は住んでたんですが、
なんで、この土地に捨てたのかは、全然分かりません。
今はIT都市で少しずつ発展はしてきていますが、
まだまだ発展途上で、
高層ビルの前の道路で、家族が路上生活してたり
するようなところでした。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析