忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ インドで近所の空き地にテントを張って住んでた家族。
 なぜか、たまに休みの日は遊んでました。
 これはお手伝いの風景。
 飲み水を購入、運んでます。

今回もまじめニュースで。

ベトナム・ホーチミン市の裁判所は26日、
ベトナム人女性129人を台湾やマレーシアに 売り飛ばしていたとして、
人身売買の罪でベトナム人の女(35)に禁固12年、
夫の台湾人に 禁固7年の判決を言い渡した。
このほか、この夫婦の仲間の4人にも禁固5―10年の 判決が下された。
タインニエン(電子版)が伝えた。

犯行グループは2005年以降、
女性の送り込み先を台湾からマレーシアに変更。
高齢者や身体障害者と結婚させるため、
1人1500―2000米ドルで女性をマレーシアに売り飛ばしていたほか、
マレーシア国内のバーで
1万7000―2万5000リンギで女性を「直販」していた。


直販って・・・。
野菜の産地直送で見るけど。


このブログには、すでに何回も登場のベト子。
古いブログを読む元気のない人のために簡単に書くと、
前にカンボジアで勤めていた学校の校長の彼女で、
ベトナム人なんだけど、いろいろあって、プノンペン在住。
ベト子は自称私より3,4つ下なんだけど、
なんとなく同年代のにおいがプンプンしてて、
大好きな友達で、今は連絡も取れないけど、
また会いたいと思っている。
彼女ぐらい仲良くした外国人の女友達はいないぐらい。

そのベト子なんだけど、
私がカンボジアを去って、ラオスに勤めていた頃、
風のうわさっていうか、関係者から聞いた話、
校長のお金を持ち逃げをして、トンヅラしてしまった。
悪いことだし、かばうつもりはないけど、
兄弟にたかられたり、親が家を建てたりで
いろいろお金が必要だった模様。

持ち逃げしたのも、まあ結構な額なんだが、
そのうちなくなり、次に彼女は上の記事に近いようなことになった。

又聞きなので、多少ズレがあるのは、勘弁。

アメリカ人のおじいちゃんにもらわれていって、
2万ドルを手に入れたそう。
こっちの2万ドルなんて、日本でいうと10倍の価値はある。

そういうわけで、以前、一緒に働いていた同僚の人たちと、
ある意味、幸せになってよかったのかな、なんて話していた。
(そう言えちゃうぐらい、ベト子の人生は山あり谷ありというか、
 1冊の本にできちゃうぐらいの代物)

しかし、また、その何ヵ月後かに耳に入った話。
その話もどっかで食い違っていたらしく、
本当は結婚話で騙されて、
結婚して、マレーシアに住む予定が
ただ単に、マレーシアの工場で、
かなり劣悪な労働条件で働かされていたそう。
結局1,2年でどうにかこうにか、ベトナムに帰って、
今はベトナム人と結婚して、縫製工場で働きながら、
慎ましく暮らしているそうだ。
これは小さいけど、本当の幸せだろう。

お金を持ち逃げしているので、
本当は肩を持っちゃいけないのは重々承知。
でも、彼女の人生は本当に苦労の連続なので、
本当に幸せになって欲しい、と思っている。
そこにやり方の問題はあるが・・・。

でも、どんな姿であれ、もう一度、ベト子に会いたい。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析