忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[69] [68] [67] [66] [65] [64] [62] [61] [60] [59] [58]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑パン喰い競争もどきのいい顔撮れました。
昔の運動会を思わせるハッスルぶりに、
思いっきり笑わせてもらいました。

昨日の続き、私の第2の故郷、プレイヴェン。
時速100キロ超バイクで、1時間半。
大きな川をバイクごと、フェリーに乗って、
さらに30分。
大きい道路から、脇道に入り、
なんとなく道っぽいところを行って、
森と田んぼに囲まれた小さい集落に着く。

いつものことで、着くと知り合いの家族に挨拶をして、
裸足で近くの森や田んぼのあぜ道を歩いて、
木の間にハンモックを吊るして、一眠り。

それは、計3回のプレイヴェン訪問での、
全く変わらないスタイル。

途中、ファミリーのうちで、野放しで飼ってる鶏やひよこが
近くをウロウロ。
かわいい声で目覚めて、ファミリーの子どもに連れられて、
牛の散歩に同行。
牛も7、8歳の子どもについて来るんだから、
団体行動ができない私なんかより、よっぽど利口。

牛の散歩が終わったら、ファミリーとの散歩。
ファミリーと散歩と言うのは、名目みたいなもんで、
近所のうちを廻って、子どもと遊んだり、ヤシ酒を飲んだり。
特に、カメラを持っているときは、子どもたちも飛びついてきては、
ポーズを変えたり、レンズを覗き込んだり、大騒ぎ。
大好きな時間。
たまに、DVDプレーヤーがある家に行って、
1曲いくらで、カラオケを歌わせてもらう。
カンボジア語は読めないけど、鼻歌で覚えてるから、
うろ覚えの適当な歌詞で歌い上げて、子どもたちに笑われる。

長くなっちゃったので、また次回。


PR

コメント
素敵ですね・・
日本にはほとんど残っていない?!
人としての幸せがある場所、でしょうか。
貴重な経験をされましたね。
続きも楽しみです。^^
【2007/06/12 02:51】 NAME[coniglia] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析