忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ いつも元気いっぱいです。
 ちょっと夜なので、教室が暗めですが。
 このソレン先生、男の子からかなり人気があって、
 アニキっぷりを発揮しています。

さっきから、You Tubeでネットカフェ難民のテレビを
見ているんだけど、なんか胸が苦しい。
日本も恵まれてはいないんだろうか。

外国で日本語を教えていて、よく聞かれる事の一つに、
物乞いは日本にいますか、がある。
日本で乞食ってよばれる人は、本当に少ないだろう。
ホームレスにしても、ゴミをあさったりして、
人に乞うことは少ないように思います。

東南アジアでは、物乞いにお金をあげることは、
仏教で、特を積む、ということで、
あげる人にも、もらう人にもいいことがあると、
お互いに利益がある、と信じている人が多い。

バンコクとかだと、水商売でお金を稼いだ女の人が、
稼いだお金のかなりの額を、お寺に寄付したりする。

海外で物乞いが近づいてきた時に、
人によって、いろいろな対応があると思う。
絶対、あげない人、
あげることが多い人、
子どもにだけあげる人。

自分の場合は、
大人にはほとんどあげなくて、
子どもだとあげることもある。
あげるものはガムだったり、果物だったり、
お金じゃないことがほとんどだ。

たまに、金よこせ、と言ってくる、
どっちが偉いのか、分からないような物乞いもいて、
逆に笑わせてくれる。

普通に学校に通って、
放課後になると、汚い服に着替えて、
靴を脱いで、物乞いに返信したりする子どももいる。
昔、物乞いの子どもにお金をあげたら、
その5分後ぐらいに、
ゲーセンでサッカーゲームをやってるのを目撃して、
ちょいギレしたことがある私。

教訓:人を見る目は大切です。




PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析