忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑大きくしてみてください。
  日本から中古車だと思われるんですが、
  ガラスにヤンキー張りのカッティングが・・・。
  プノンペンの街中で見かけて、思わず写真を撮っちゃいました。

昨日、書いたラオスの医療事情の続きで。
ただ、私は保健とか医療は全く専門外なので、
細かいことを語ることはできないが、
ラオスの田舎で働いていた時は、
近くの町に日本のNGOや協力隊の人が入っていて、
その地域の医療状況は、かなり改善されているようだった。

それらの人の中には、仲良くしてもらった人もいて、
僻地で本当にがんばってやっている人が多くて、
本当に頭が下がる思いだった。

さて、私が勤めていた某会社で、
その田舎に地域貢献の一環として、福祉施設を建設したのだが、
そこに私がヘビの血清を置きたいという話をした。
というのも、ラオスではヘビの血清は
たぶん手に入れるのはかなり難しく、
その村でも、その年にすでに、二人が毒蛇に噛まれて、
死んでしまったということだった。

というわけで、どんなルートをたどれば、手に入るか、
会社のラオス人幹部に聞いたところ、
血清を手に入れるのは、かなり難しいので、
祈祷師を常勤させておいたほうがいいのでは?という意見。

もっと詳しく尋ねると、
そこら辺では、重い病気にかかると、
まずは、車で1時間ぐらいの町の大きな病院に行くが、
それで原因不明だと、あとは祈祷師に祈ってもらうという。
その幹部って、ドイツ留学経験があって、
国際的な常識があると思ってたんだけど。

まあ、田舎に行けば、そんなもん。
近くの診療所の人に聞くと、
血圧計がほしいという声が多数。
ベッドは、木のベッドの上にゴザが敷いてあるだけだったり。
どこにでも、格差はあるけど、
命の大切さに格差はあってほしくないな、と。

日本のボランティアの人たちが
乳幼児の死亡率を下げる為に頑張っているのは、
本当にえらいなと思います。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析