忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ゴミ収集車が捨てていったゴミにたかる人々。
写真の上半分は人の山で、下半分はゴミの山です。


連日ゴミ山のことを書いたが、ちょっと重い話だったので、今日は軽い話。
ゴミを拾う人々。
これはゴミ山でではなく、街中でゴミを拾う人々の話。

カンボジアにもゴミ収集車は来るが、
持って行く必要があるのは、生ゴミぐらいで十分。

他のゴミはゴミ拾いの人が持って行ってしまうからだ。

ゴミを捨てると、夜の間に、ゴミの中から金目をあざる人が来る。

だいたい朝になると、ゴミ袋の中身が四方八方に飛び散っていて、
ゴミではあっても、
多少はお金になるものだけ、なくなっている。

(人気があるのは、やっぱり1番はペットボトルで、ダンボールもなかなか)

いつも、その後始末をして、
もう1回掃除をしなくてはならないのが、かなりの不満だったが、
そこに止まっているバイクタクシーグループからのクレームが多くて、
私の仕事になってしまった。
(掃除する代わりに、バイタク料金は安めにしてくれる)


なので、何かを捨てるときには、
細かく切ったり、大きい袋にまとめていれて、
ゴミ収集車を見かけたら、すぐに出しに行くようにしていた。


しかし、最初の学校を離れる前には、引っ越しが伴ったので、

授業の合間をぬって掃除をしては、ゴミを捨てていた。


そして、ある日、身の回りのゴミを出して、

夕方、学生への声掛け運動のために、外に出てびっくり。

朝、出したゴミ袋が持ち出されていて、

残っていたのは、私のブラジャーが一つ。

学校の門のちょっと脇にブラが落ちているという、不思議な光景。

学校に住み込んでいたのは、セキュリティーのにーちゃんと私だけだったので、
捨てた犯人が私、と瞬時に分かる。

急いで拾って、もう1回他のゴミに混ぜて、出した。
何事もなかったかのように。
いやー、事なきを得たと。

でも、そうじゃなかったよ。
さすが期待を裏切らない町、プノンペン。

その次の日の朝、バイタクのにーちゃんに呼び出されていくと、また私のブラのみが。

他に出した服とか、紙ゴミも持ち出されているのに。

おいおい、私のブラは、そんなに価値がないのか!!!
ダンボール紙以下かい!?

黙って、そのブラを拾って、ちょっと離れたゴミを集めるとこまで、持って行った。

ちょっと切ない昼下がり。
暑さが身にしみた。

↓こっちも見てください。
http://cambodia.nobody.jp/

Mixiでコミュニティーを作りました。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2044881

PR

コメント
声を出して笑ってしまいました
さすがカンボジア。お金になるものは何でもって感じですね。でもブラだけ残るとは。。。。ん~切ないものを感じました(笑)
【2007/04/15 22:53】 NAME[のり] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析