忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2月から3月にかけて、
ボランティアに来てくださった和恵さんに
送っていただいた、写真です。
以前に、このブログでも紹介した、
着ぐるみの劇を見た後の一コマです。

お菓子は、クリスマス会の時に、
いろいろな方にいただいたお菓子の余り分を
大切に取っておいたものです。
賞味期限は、大丈夫ですので。

クリスマス会の際には、
いろいろ持ち寄ってくださって、
ありがとうございました。




休みの日に、みんなで集まるのは新鮮なようで。
本当に、楽しんでいる。
いつもの制服姿より、みんなかわいく見える。




たぶん、イベント好きなんだと。

クリスマス会とかすると、
すごくおしゃれしてきたりする。
明らかに、一張羅。

日本で言うところの、ピアノの発表会のような。
そんなおめかしするような、
パーティーでもないんだけど。




子どもの頃、なかなか貧しい家庭に育った私。
お出かけ服は、数えたくても、皆無。

当時、将来の夢を描こう、という、
地元の絵画コンテストに、応募したんだけど、
周りの子ども達が、
クレヨンや絵の具、色鉛筆で、
きれいに、色鮮やかな絵を書いている中、私の絵。
サインペン(黒マジック)1本で描きあげた、白黒の絵。
かなり、男らしかった。

でも、頑張って描いて、それはそれは頑張って。
サインペン1本で描くのは、大変で、
色の情報がない分、
子どもながらに、ものすごく書き込みをしてた。
しかも、絵画コンテストなのに、
上に、「看護婦さんになります」と、
タイトルを、これまた黒マジック(太い方)で。

結果、幼稚園の部で、1位だったんだけど、
表彰式に着るようなおしゃれ服は、もちろんないので、
いつもどおりの青い短パンと
白いポロシャツ姿(精一杯のおしゃれ服)。
子どもだからこそ、許される。

周りがワンピースとか、子供用スーツとか、
入学式スタイルの中、
なかなかインパクトがある感じ。
私の服は、そのまま幼稚園に行って、
砂場で、遊べるスタイルなもんで。

みんなで写真を撮ったんだけど、
子どもながらに、
自分の服がういているのは分かってて、
一番だから、真ん中にどうぞ、と言うのを、
いいえ、端っこで・・・と断る、
空気が読めるんだか、読めないんだか、
よく分からない子どもだった。

今でも、絵を描いたり、見たりするのは、好きで、
フリースクールの子ども達にも、
絵を描くチャンスを、
どんどん作れたらいいな、と思う。


ちなみに、その年のクリスマスに
サンタさんにお願いしたのは、かわいいお洋服。

実際に届いたのは、
たぶん、ばあちゃんが買ってくれたのであろう、
マンガ 日本の歴史。

そんなこともあり、
私は高校時代、社会科は、地理と世界史選択。
(ばあちゃん、ごめん。日本史だけは、本当にだめだ。
除:独眼竜政宗)

たまに、実家に帰ると、読むけど・・・。
と、特に、為になる情報もない、今日の書き込み。


あ、こちらは、為になる情報が!
  にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

 

PR

コメント
そうなんだ
俺は小さい頃どちらかと言うと中の下位の生活レベルだと思う。でも小3位から母がパートに出て
たので、仕込んである食材で料理を作ってましたよ。週3で。
その分今は下ランクだな。
やりたい事・やって見たいことが未だに理解していない
ペンネーム
学芸会の時に主役をさせられ、いきなり台詞を噛み、真っ白になり「コマネチッ!!」てやって失笑された小3からメタボ  より
【2008/04/02 20:21】 NAME[スパイク] WEBLINK[] EDIT[]
うちは。
母がパートに出たいと言うのを、
私が寂しいと言ったばかりに、
弁当のおかずは、ずっと寂しいまま。
小学生の途中で、
母方のばあちゃんの養子に入って、
ようやく弁当のおかずも増えました。

コマネチッ!!って、
それが出てきたのも、すごい。

小3の学芸会では、かまきり役でした。
【2008/04/04 00:15】
無題
俺も母親しかいなくて、しかも母は夜の仕事してたから朝は食パンにマヨネーズかお茶漬け。たまに外でラーメン食べるのが楽しかったなあ。


小遣いなんて貰ったことなかったし、もちろん中学出てすぐ働いて。20歳の時に会社の社長が夜学を進めてくれて、通信だけど大学まで出た。そんときはホント金なかったなあ。散髪自分でしてたし。
それ考えると今は幸せだね。
【2008/04/03 00:05】 NAME[けんた] WEBLINK[] EDIT[]
苦労した人は
必ず、将来幸せになれる、とまでは、
不条理な世の中、なかなか言えませんが。

人の痛みが分かってあげられる人になれると。
それと、いろいろな物のありがたさを
心から感じられるようになると思います。

私も、今住んでいる町は、
みんなは退屈だとか、何もないとか言うんですが、
昔、山の村に住んでいた私としては、
大きいスーパーがあるだけで、
恵まれている、と思ったりします。

けんたさんは、いい社長を出会えて、よかったですね。
きっと、これから、
いいことがたくさんある、と思います。
【2008/04/05 12:15】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析