忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[343] [342] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

梁 石日という作家がいまして、
カンボジアにいるときは、
なぜか、この人と花村満月という作家の本ばかりよんでいました。

カンボジアにいたときには、
あまり日本の本が手に入らないので、
バンコクやラオスに行ったときに、
古本屋で大量購入していました。
そして、一緒に働いていた仲間の中で、
新しい本が入ると、回し読みをしていました。

中でも、住んでいたところが住んでいたところなので、
みんなではまっていたのが、
「夢は荒れ地を」というカンボジアを題材にした本と、
この「闇の子供たち」です。
映画化されて上映されています。
http://www.yami-kodomo.jp/

この2冊を読んで、
今のフリースクールを作ろうって、
強く思ったきっかけの1つでもあります。

児童売春や人身売買、売春、
カンボジアでは、まだあることです。

教育は、そんな点で重要です。
そんなこともあって、
将来は、フリースクールで職業訓練をやりたいと思っています。

それに、もし英語や日本語が話せたら、
売春以外の仕事もあるし、
売春をするにしても、
カンボジア人のお客を5人とるところ、
外国人のお客1人ですんだり、
私の夢(?)のキャバクラができれば、
売春もしなくて、すむし。
(持ち帰りに関しては、オーナーはよく分かりません)。

ちなみに、もう一つの「夢は荒れ地を」という本も、
先日、カンボジアから帰る途中によった
ホーチミンのレストランで偶然発見して、
どこも観光せずに、そのレストランで読んでいました。
さすがに、ハードカバーで500ページ(しかも2段書き)
だったので、最後には、レストランのオーナーにお願いして、
5$で買ってきました。
どちらも、オススメです。

あの時は、ちょっとハードボイルドな本をよく読んでました。
あと、三島由紀夫も。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
PR

コメント
初めまして
初めてコメントさせていただきます、松井紘子と申します!
先日渡辺さんにメールさせていただいたのですが、ご多忙からかお返事がなく、ちゃんと届いているのか心配になったので、今日再送信のうえここに書き込みさせていただいてます。
お返事いただけると大変嬉しく思います!
【2008/08/20 13:43】 NAME[松井 紘子] WEBLINK[] EDIT[]
どうも。
メール送っておきました。
詳しくはそちらで。
【2008/08/28 11:37】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析