忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[91] [90] [63] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ラオスの子どもたちシリーズで。
カンボジアの子どもは写真好きだけど、
ラオスの子どもは、やはり照れくさいらしく、
目をそらしてしまいます・・・。

映画が好きだ。
しかも、あまり人気がないの。
例え流行っていても、映画館が混んでたらアウト。

それは日本にいるときも同じ。
地元の映画館は、ジジババしかいない時間があって、
いつもそこを狙って、見に行く。

先日、ベトナムの地元の映画館に初めて行った。
その日は、携帯の会社の主催の映画上映会。
携帯の会社にメールを送ると、ただで見られる仕組み。

地元の映画館は、うちから歩いて5分。
去年できたばかりのデパートに入っている。
デパートにはよく行くが、映画館は初めて。

行ってみると、びっくりするぐらい近代的。
ゲーセンもボーリング場も併設で、
ベトナム随一のおしゃれスポットと思ってしまうほど。

持ち込みありの映画館で、一緒に行った学生が
お菓子やら飲み物やら、そしてなぜか桃まで持参。
しかも皮付き。
どうやって食べるっていうの?

見た映画は東京ドリフトと言う映画で、
アメリカの高校生が普通の道で、カーレースをやって、
学校を追われたので、日本に来て、
そこで出会った友達たちと、運転テクを磨いて、
最後に日本人ボスとレースをして、勝つという話。

まあ、内容はあまり期待してなかったけど。
一応、妻夫木も小錦も出てた(2分ぐらいずつだけど)。
話もありがちだけど、許す。
自分の学生は、日本の様子が分かってよかったと言ってた。

しかし、根本的に問題。
日本で撮影しているのに、主人公の友達の日本人、
最後にレースをする日本人ボス、
やつら、みんな韓国人役者。
話しているのは英語で、サブタイトルもベトナム語だけど、
顔が思いっきり、韓国顔で、日本語もなまっている。
確かに、日本人の役者で、
英語を話せる人がいないのかったかもしれいけど、
これが興ざめの、本当の事例。

でも、映画館自体は気に入って、
次の週も、Mr.ビーンを見にいってしまった。
土曜の11時からの回。
行ったら、たぶん200人ぐらい入る会場に6人だけ。
ゆったり見せてもらった。

この調子なら、毎週でもいいかも。
ちなみに1回250円程度。

あ、後日談。
1週間後、DVDショップに行ったら、
Mr.ビーンのDVD、1$で売ってた。


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析