忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[250] [249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ カンボジアの私の定宿の隣に住んでいる女の子。
 私がスタッフを待っていたり、
 コーヒーを飲んでいたりすると、すぐ遊びに来る。
 そして、いつも笑顔!!
 かわいいのだ。

最近、ベトナム話が多かったので、カンボジアの話でも。

我々、愛センターには、広報部長がいる。
原田さんという大学生の方だ。
去年の3,4月に、ボランティアに来てくれて、
その後、新しく来る予定のボランティアの方の
質問に答えたり、生活面でアドバイスをしたり、と
センターにはなくてはならない存在で、
すでに、アドバイザーの域に達している。
(ホームページにも、体験談をのっけてくれているので、
参考までに、ご覧ください。)

私が勝手に、広報部長に任命したばかりに、
本当に大変だとは思うんだけど、
少しでも、新しくボランティアに来る方の為になれば・・・と、
文句一つ言うこともなく、
いろんな人の質問に答えてくれていて、
本当に、私としては、頭が上がらない。

こういう人たちに支えられて、
センターはあるのだと、本当に感謝している。

さて、話は変わって、
この前、カンボジアに行ったときに、
私は、広報担当を見つけてきた。
というか、私が見つける前に、
すでに、広報の仕事をしていた。

それは・・・
プノンペンでも有名なキャピトルゲストハウスの前の
バイクタクシーの面々だった。

カンボジアに来たバックパッカーが
皆目指すゲストハウス。
中には、1か月単位でいる人もいる。
3$から高いと10$オーバーの部屋もあるが、
安い部屋は、薄い板の壁と、
狭い部屋に小さいベッドだけ。
しかし、いつも、人が多い。

私が、カンボジアに行くときは、
いつもこのキャピトルの隣のゲストハウスに泊まるのだが、
バイクタクシーの中には、顔なじみのドライバーも多い。

ちなみに、私がゲストハウスを出ると、
バイクタクシーのドライバーが、
一辺に、クメール語で、「ゴミ山、ゴミ山。」と声をかけてくる。
さすがに、ゴミ山と呼ばれるのは、悲しいので、
なんとか、違う呼び名で頼む、とお願いしたところ、
町の名前、ストゥンミンチェイとか、
サラーリエン ジャポン(日本の学校)とか
呼んでくれるようになった。

この前も、お腹をこわして、病院に行ったとき、
たまに見る顔のドライバーの後ろに乗った。

ドライバー(以下 ド)「お前は、なんで、観光に行かないの?」

なべ(以下 な)「今日は腹痛だけど、普通は子どもと遊んでたほうが楽しいし。」

ド「普通の日本人は、観光に行って、2日で他の所に行くな。」

な「旅行で長いこといても、プノンペンじゃ、行くところないからね。」

ド「だから、たまに、俺、
  お前がよく行っている学校に、日本人連れて行ってるよ。」

な「まじで!?」

ド「最初は、日本人に言われて、連れて行ったんだけど、
  最近じゃ、どこかおもしろいとこない?と聞かれて、
  ゴミ山と一緒に、連れて行ったりしてるよ。」

な「本当に?そりゃ、ありがとう。」

ド「ついでに、説明もしてさ、
  子どもも200人ぐらいいるんだろう?」

な「うれしいんだけど、本当は、130人ぐらいなんだ・・・。」

ド「まあ、だいたい一緒だな。」

な「まあ・・・。」

ド「これからも、たまに、日本人連れて行ってやるぜ。」

こんな身近に広報担当がいるとは・・・。

キャピトルやその近くのゲストハウスは、
センターに来るボランティアの方が、利用していることも多く、
中には、近くのバイクタクシーを使っている人もいて、
ストゥンミンチェイ(センターがある町)と言うと、
何人かのバイクタクシーが
ゴミ山か?学校か?
あれだろ、子どもがいっぱいいる学校だろ?と
なかなか良く理解してくれている。

スタッフから聞いた話。
日本人観光客がゴミ山に行って、荷物を全部ひったくられたそう。
その時、バイクタクシーの運転手がとっさに、
あそこに行けば、日本語が分かる奴がいる!と思い出して、
その観光客を連れて、センターに来た模様。

スタッフは、一瞬、何があったか、全然分からなかったようだが、
後で、説明を聞いて、警察に一緒にあげていったそうだ。

これは、発掘広報担当の話。

そんな広報担当以外にも、
今までボランティアに来てくださった方が、
お友達を連れてきたり、
他の人に話をしてくださったりと、
口コミで、少しずつ、
いろいろな人に知ってもらえてきている気がして、
本当にありがたく思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
PR

コメント
おおっ。
とても嬉しいお話ですね。^^
言葉じゃない何かがちゃんと伝わるって
本当に素晴らしいですね。

ステキなヒトはステキな人を呼ぶんだなあ
きっと。
【2008/02/27 05:22】 NAME[coniglia] WEBLINK[URL] EDIT[]
ステキな人
私がステキな人でないことは確かなんですが、
フリースクールに関わってくれる方は、
ステキな人が多く、
そこから、今少しずつステキな人の輪が増えています。
もちろん、conigliaさんもその輪の大切な一部です。
【2008/03/02 20:21】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析