忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [379] [378] [377] [376]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずは、予定していた遠足ですが、

21日に、150人ほどで、動物園に行くことになりました。

先日、この動物園に行ったことがある、ボランティアの方に、

写真を見せてもらいました。

カモシカが写っていました。

どうも、動物達は、お客さんたちからもらうエサで

生き延びている模様です。


支援者の方々からいただいたご支援のお金で、

だいぶ前にパソコンを買いました。

授業の合間に、それで勉強をしていたのですが、

もっと勉強したいという声が多かったので、

そのパソコンに、

かなり古いノートパソコンを修理して、追加して、

11月から、毎日授業を始めました。

朝と夕方のクラスがありますが、

パソコンの台数上、人数はそれほど多くありません。


センターの子供たちの様子をまとめた、

愛のセンター便りを不定期でお送りしています。

ご覧になりたい方は、

aicom83@hotmail.com

まで、ご連絡ください。


ご支援をいただいた方、ボランティアに来た方

センターを応援していただいている方には、

お送りするようにしていますが、

お一人ずつ、お送りしていますので、

多少、時間がかかるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カンボジアの一部の繊維工場にも、

不景気の波が訪れていて、

工場を辞めさせられ、

田舎に帰る女の人が増えているそうです。

田舎に帰っても、仕事があるかというと、

農村などでは、かなり厳しいようで。

何か、農村でもできる仕事があったらいいんですけど、

そこが考えどころなんでしょう。


私が弟と呼んでいる、カンボジア人がいて、

彼は、自分の田舎の農村

(藤原紀香が作った、紀香学校の近く)に、

自分のコンピューターの学校を作りました。

経営は赤字で、

平日は、そこで一人で先生をして、

週末は、プノンペンにアルバイトに来ています。

農村は、都会以上に、

仕事もなければ、給料も安いです。

ごみ山で働く人も、多くは農村出身。

農村で、家族が病気になって、

畑を売って、家もなくなり、プノンペンに出てきたものの、

仕事が見つからず、ごみ山でごみを拾い、売る。

それでも、農村での稼ぎよりはいい。

しかし、ごみ山で働くのは、健康に悪影響があるのは、

ごみ山の至るところで、あがる変なガスの煙を見たら、

すぐに分かります。

さて、私たちに何ができるでしょう。


今日は、まじめ編なので、

また、普通の書き込みもします。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
 

 

 
 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析