忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑近所の子どもたち、みんな同級生です。
黒い服の女の子は、近くの青空屋台の看板娘です。
私もよく行きます。

初めてカンボジアに行ったのが、8年前の卒業旅行。
その時に、感じたのは、子どものサイズがおかしいということ。
サイズというと、ちょっと変な言い方だけど、
年齢と体の大きさが合わないという意味だ。

これは、前回のゴミ山の話でも書いたが、
見たところ、日本の子どもで言うと、7,8歳なのに、
実年齢は10歳~12歳なんて、いうのがよくあって、
栄養足りてるのかな、なんて、かなり心配してた。
年齢を聞いたのは、ほとんど物乞いの子どもだったので、
ご飯食べてるのかな・・・なんて。

その時から、6年。
今度はプノンペンの日本人経営の民間の学校で働き出した。
その時は、学生たちに聞いても、ちょっと小さいなとは思っても、
そんなに違和感を感じることはなかった。
そして、しばらくすると、そんなことまるで気にならなくなっていた。

しかし、フリースクールを開校して、しばらくして、
やっぱりなんか違和感。
子どもだと思って話していたり、書いた絵をチェックしたりして、
あとで、年を聞いてみると、
やっぱり実年齢に体の大きさは伴っていない。
人懐っこい昼クラスも、小学校低学年ぐらいかなと思っていたら、
高学年がかなり含まれている。

最近、夕方の日本語のクラスを開いた。
ちょっと、年齢層があがるね、なんてスタッフと話していたが、
会話練習で、何歳ですか。~歳です。の練習をして、またびっくり。
中1、2ぐらいかなと思っていた学生のほとんどが高校生。
日本人の子どもに比べて、一回り小さい。

いろいろ考えたけど、前に勤めていた学校は、
学費が1ヶ月10$。でも、プノンペンでは高額。
みんな、そこそこいい服を着て、学校に来ていた。
間違っても、穴のあいた服とか汚れた服を着ている学生はいなかった。
今のフリースクール。
穴のあいた服とか汚れた服なんて、あまり珍しくないのか、
今や、ほとんど気にならない。
いろいろな経済格差なんだろうか。

たぶん、前の学校は、みんなおいしいご飯を食べて、
特に生活に困る子もいなかっただろう。
今のフリースクールの子どもだって、ご飯に困ることまではないだろうが、
ひょっとしたら、栄養が偏っていたのかもしれない。

いろいろと考えるところがありそうだ。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析