忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ラオスで働いていたときの、近所の学校の子どもたち。
これはタウンミーティングの一コマです。
勤めていた会社が、地元にコミュニティーセンターを作るので、
その前に、いろいろな意見を聞いてました。

最近、何の事情か、ブログにアクセスできずにいて、
しばらくぶりの書き込みです。
 
前回に続き、インドの占いの話。
インドでは、占いはけっこう重要で、
お見合いの前には、ホロスコープで相性を見たり、
泥棒がいたら、それも占い師が見て、犯人逮捕の情報につなげる。
 
自分の学生にも、一人手相を見られる人がいて、たまに見てもらっていた。
ちなみに私も手相を見ることができるのだが、結果はだいたい一緒。
鑑定結果の年齢に2,3歳ずれがあるぐらいで、他は、ほぼずれなし。
やはり、占いはインドから来ているのか?
占いは統計学だから、その辺も数学得意なインド人が元かも。
前に書いたかもしれないが、インドは割り算の九九があるぐらいだから。

さて、ようやく本題の、インド占い話。
自分の学生と世界遺産のある町へ行ったときの話。
そこは、海のすぐそばに、お寺や遺跡があって、
あ、確か、前のブログに、写真のっけてあったわ。

海岸を散歩しているとき、占い師に声をかけられた。
うさんくさい感じだったので、一人流して、
次のおばちゃんを選択。
話してみると、あーら、タミル語・・・。
まあ、貴重な通訳もついてるし、大丈夫。

何も聞いてないのに、いきなり話し始める占い師。
話を聞いてみると、こんな感じ。
ちなみに手相を占いで。

①今、胸の中で思っている人と、一生一緒にいる。
 (この時、自分だったらまずいと、一人ドキドキする学生。
  大丈夫、もらってくれ、なんて、絶対に言わないから、安心して・・・。
  っていうか、誰か、教えてくれ。)

②海外の仕事が向いている。
  外務省とか大使館とか、英語を使った仕事が特にいい。
 (インドでだいぶ進歩したものの、私の英語、かなりやばい。)

③性格は男と同じ。女っぽい男の人がぴったり。
 (たぶん、ヒモみたいな男がちょうどいいような。
    ラオスと同じ結果とは・・・。)

④年齢的に、足に問題あり。
 (これは大正解。1ヶ月ばかり、立ち仕事のせいか、
  夕方になると、足が痛み出す。気になって、理由を聞く。)
  私が、1ヶ月ぐらい前に、
  道で売っていたレモンの山をまたいだのに、
  恨みを持った、売り子のおばちゃんが、
  私に呪いをかけたせいで、足が痛くなったとのこと。)
  普通だったら笑ってすますけど、インドだし、呪いとか言われると。
  足が痛くて、ひょこひょこ歩いていたから、見れば分かるんだけど。

④は、その場で御祓いをしてもらったんだけど、
  その後もずっと痛くて、3、4ヵ月後に、
  どうにも足が痛くて、病院に行ったら、
  足痛の原因は、ヘルニアからくる、坐骨神経痛。
  
結局、何が当たってるんだかは、分からないけど、
なんとなく、それっぽい気分にはなれた。
御祓いも含めて、約300円。
ちょっと高額なのは、分かるけど、まあ観光地価格っていうことで。

でも、その後に次から次へと、占い師が殺到。
さすが、インド。
 
 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析