忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367] [366]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回の男の子特集に続いて、

女の子の写真も。




宿題を返されて、

全部正解で、

ほっとして、ニッコリ。




授業中、

隣の子の話に耳を傾けて。

顔も傾けて。




年の差がある二人ですが、

実は、同じクラスで勉強する同級生。

こんな風に、

いろんな年の生徒が一緒に勉強しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、私の変わった趣味として、献血があるんだけど、

ここ3回ほど、

血管からずれたところに、針を刺されてしまい、

この趣味も、さすがに、終わってしまった。

海外にいたので、できない時期も含めて、

トータル、10年で、約40回。


というわけで、他の趣味ってことで、

これまた、かなりの期間、お休みしてたんだけど、

これまた、あまり人に理解されてない趣味として、

裁判傍聴がある。


特に、8~9年ほど前は、かなりの頻度で通っていて、

当時は、裁判官が判決を言う前に、

かなり近いところまで、予想ができたほど。


裁判所で、裁判を見るのには、

いろいろ流れがあるんだけど、

その話は、またいつか。


今日は、今まで見た中で、一番心に残った裁判。

でも、日程の関係で、

審議の途中までしか、見られなくて、

判決が出る前に、海外に出てしまったんだけど。


傍聴で、人気があるのは、

もちろん、有名人の裁判や

テレビに出たりした、有名な事件。

その他は、殺人、殺人未遂、わいせつ関係、ここら辺。

やっぱり、犯人の顔がどんなだろう、と

見たいのが、傍聴する人の心理。


その日も、私が見たのは、殺人の裁判。

その日の裁判の予定をチェックして、

殺人とあったので、見に行くと、

そこそこに傍聴席が埋まっていた。


腰紐でつながれた、中年女性が部屋に入ってきたので、

てっきり、旦那の愛人でも殺したのか、と思っていた。


しかし、内容は、想像とは違った。

娘が家庭内暴力をふるって、

毎晩のように、暴れていた。

いつも、殴られても、部屋の中で暴れられても、

ひたすら耐えていた母親(その中年女性)。

その日は、娘が馬乗りで殴りかかってきた。

殴られながら、もう、こんなこと、終わってほしい・・・

と思っているうちに、

母親は、意識が飛んだようになって、

気がつくと、首をしめられて、ぐったりとした娘が、

上におおいかぶさってきたそう。


この事件の、普通の事件と違うところは、その後。

旦那が出張で、しばらく家を空けていたのだが、

その娘を、布団にきれいに寝かせ、

その脇で、約1週間、

母親は、どこにも出かけず、ほとんど何もとらず、

一緒に過ごしていた。

そして、1週間後に、出張先から電話をかけてきた旦那に、

殺人のことを話し、

その旦那につきそわれて、

二人で、警察に自首してきたのだ。


この事件、確かに、母親は殺人を犯しているのだが、

旦那が、妻から娘の家庭内暴力を相談されたのに、

仕事が忙しくて、ほとんど聞いていなかったので、

自分にも、責任があった、と述べていた。


そして、この母親が、

本当に、虫も殺せないような、痩せた気の弱そうなおばさん。

家庭内暴力で、本当に悩んでいたのも伝わってくるし、

首を絞めたときのことは、

記憶が飛んでいるのだが、

首を絞める前に、

「自分はいいけど、他の人に迷惑をかけたり、

誰かに、娘を殺されるぐらいだったら、いっそ・・・

と、頭によぎりました・・・」と述べていた。


意識が戻って、娘さんが死んだとき、どう思いましたか、

裁判官に聞かれ、

ちょっと、おかしな発言(そこは割愛)もしてたのだが、

娘の死体と1週間過ごしていたことについて、

たぶん、大部分の人が、

事件が発覚するのを恐れて、隠していたのだと思っていたのだが、

真実はこう。

「最初の3日ぐらいは、

ずっと、○○ちゃん(娘の名前)とつぶやきながら、泣いていました。

ただ、○○ちゃんは、昔のように、かわいくやさしい娘に戻り、

後の何日かは、最後まで一緒にいてあげたい、と思いました。

主人に電話で、全てを話して、気が抜けました。

今は、○○ちゃんのところに、早く行ってあげたいです。

どんな刑でも受けます。

一番重い刑に処してください。」


傍聴席からは、すすり泣く声が聞こえるぐらい。

その部屋にいる全員が(裁判官や検察も含め)

皆、その母親の味方になっていた。


裁判官の質問も、

「あなたは、娘さんの家庭内暴力で悩んで、

心が弱っていたんですね。」とか、

旦那さんには、

「奥さんが戻って来るまで、ずっと待って、

戻ってきたら、今度はしっかりと支えてあげてくださいね。」


この判決は、結局は聞けずじまいなんだけど、

温情判決が出ててほしいな、と。

というか、かなり前の事件なので、

もう刑務所を出ているんじゃないか、と思う。


また、いつか、裁判の見方(私のやり方)を書く日が。

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 






PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析