忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ ラオスの街角の風景。
 観光客を、話しながら、案内するお坊さん。
 仏教が、人の生活に息づいています。

ラオスに滞在した1週間。
ほぼ、毎日昼からずっと飲んでいた。
そういえば、ラオスで働いていたときは、
1週間に8回は飲んでたような。
(毎日飲んで、雨の日は仕事ができないので、
朝から、ちょっと飲んで、雨がやむのを待っていた。)

さて、ラオスで過ごしたお正月の話は、
毎日ビールを飲んで、終了なので、
ラオスで働いていたときの話。

私がやっていたのは、
村にコミュニティーセンターを作るというプロジェクト。

その時の施工を担当していた会社の社長のことで。
その会社は、なかなか大きくて、
社長が、ラオス各地やタイで、建築資材を買い付けて、
その下に付いている、
ラオス人とベトナム人が、実際に現場で作業をするのだが。

この社長、本当にお金持ち。
きっと、私がしていたプロジェクトでも
もちろん儲けているんだろうけど。

まず、一人で車7台所有。
しかも、ほとんどが4WDの大き目の車。
レクサスなんか、色違いで持っているという、大人買いぶり。
月曜から日曜まで、日替わりで楽しめて、
それ以外に、工事用の車も持っているんだから、すごい。

ラオス人の普通の給料なんて、
100$ぐらい、良くて200$ぐらいなのに、
なんじゃ、こりゃー、と当時、思っていたけど、
大学を出て、ソ連に留学して、建築を学んで、
次に、タイで経営学の修士を取ったそう。

まあ、確かに出来る人で、
なかなか仕事は早かった。

そして、建物がある程度建て終わって、
90%終了時点でだましだましで、
オープニングセレモニーを行った。

その前、1週間はかなりテンパってて、
よく形にしたな、というぐらい。

そのお祝いを兼ねて、というか、
私が、その村から少し行った町にある、
タイ国境を越えたことがないので、
建物が、完成したら、
絶対、向こう岸のタイで、
エビ料理を食べると宣言していたからか、
いや、本当は、タイの家具屋で、
家具を見に行くのが狙いだったんだけど、
私の社長公認で、
二人でタイへ行って、次の日に帰ることになった。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析