忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ パーティーの開始を今か今かと待っています。
 10時開始なのに、みんな30分前集合です。
 一度遠足でもしてあげたいな、と思ったんですが、
  120人を連れて行くとなると・・・。
 何回かに分けようかと思っても、
 スケジュールや車の調達などでの調整が。
 何より、めちゃめちゃ予算オーバーしてました。
 みんなで海に行きたい・・・。

さて、ベトナムは先週のいきなりの寒さがぬけて、
日中は過ごしやすくなってきた。
夕方も涼しくて、外を歩いても気持ちがいい。 

というわけで、この時期、
恋人たちは、バイクに乗って、ぐるぐる町を回る。
行くところがないと言ったら、それまでだけど、
湖の周りで座って、話をするか、
ひたすら湖の周りを回る。
密着度が高くて、それはいいんだろうが、
特にハノイでは、いろいろな所で渋滞がおき、
一つの信号待ちに10分以上かかることも。

これが私の住んでいるところになると、
やはり同じなのだが、その他に、
橋の上に等間隔で、バイクに座って、
川を見る恋人たちの姿が。
みんな自分たちの世界に入っているのが、おもしろい。
日本で言うと、京都の鴨川に
カップルが2m間隔で並んでいる感じ。

昔、ラオスで働いていたとき、
勤めていた学校が家賃滞納で、一時閉鎖になった。
閉められる前に、差し押さえをするということで、
ビルのオーナーが、備品チェックに来た。

備品をチェックされた後、すごく切なくなって、
この教室のスペースを使って、ラブホテルを作ったら
いくらお金を取れば、家賃が払えるか、
計算したことがある。(頭、悪すぎ。)
水道代、電気代、なんかも入れて、
一人で計算した結果、
1日5回転ぐらいしないと、元がとれなかった。
(その時は、家賃が異常に高かったんだが。)

ちなみに、その当時のラオス人の学生曰く、
恋人たちは、草むらに行くと。
なんだよ、草むらって。
町が狭いので、すぐに誰かに会ってしまうのが、
ビエンチャン。
まあ、お金があったら、
行くのはゲストハウスとの弁。
PR

コメント
同じかも・・
実はここ南イタリアも同じ感じです。(笑
ラブホなんてものがあるの日本ぐらいじゃないですかね。^^;
ワタシもこれについては記事を書こうと思ってます・・・
【2007/11/15 22:44】 NAME[coniglia] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析