忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [155] [162] [161]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ 熱いスピーチをするTuanさん。

前の続きで、休憩後から。

休憩の後、スピーチ再開。
みんなまじめなテーマで、しかも上手いときてる。
みんながみんな上手い。
緊張して、ちょっと固まったりしてる発表者がいるのだが、
練習して作りこんできたのも、よく分かり、
ジェスチャーも踊っているよう。

個人的には、ジェスチャーは好きではないのだが、
見ていると、演劇のようで、
テレビドラマでも見るように、
ここがいい、悪いと批評することもなく、
ただただ見ていた。

そして、全員の発表が終了。
私の前任だった先生と私の共通見解は一緒で、
おもしろは優等生には勝てない。
自分達が審査員だったり、
ビールを飲みながら、居酒屋でスピーチを聞くなら、
1位だけど、審査員は、普通に偉い人ばっかりだし、
つらいね・・・。
特別賞(そんなの、実際にはないけど)か、
よくても、会場を沸かせてたから、3位かな
(でも、あまり期待できなそう・・・)。

一緒に来ていた、上司たち。
元々、応援部隊の割には、
前の晩、どこかに遊びに行くのが、目的だったのか、
(そんなことはないです、すみません、冗談です!)
カメラは忘れてくるし、名刺は持ってこないし。
かなり心配な応援部隊・・・。
でも、それを聞いたとき、
この人たちとだったら、上手くやれる、と思った私。

さて、審査員も席に戻り、いよいよ発表。

の前に、大使館の偉い人から、高評。
ユニークで、みんなの注目を引いた。
しかし、タイトルが分かりづらいので、直した方がいい。
(ああ、本当は、それは指導した私の責任なのに、
ごめんね、言われちゃって)

というわけで、3位の期待もだいぶ薄くなりながら、まずは、3位の発表。
でも、私たちにとっては、一番可能性があるので、かなり重要。

しかし、発表されたのは、別の発表者。
自分達の席からは、深いため息が・・・。
ああ、やっぱり、おもしろはまじめなスピーチには勝てないか。

がっくりして、2位の発表は、ほとんどが気が抜けたまま、聞いていた。
2位は、予想通り、違う人。

関係者一同、もうぐったり。
そして、1位の発表。
気持ちどっかに行ってる私たちの耳に届いたのは、
聞いたことのある、タイトルと名前。

あれ、聞いたことない?
一瞬、固まったあとで、段の上に呼ばれていく姿に見覚えが。
あ、1位になったのは、自分の学生だった。
会場は、大盛り上がり。

それからは興奮して、よく覚えてないが、
とりあえず、カメラを片手に、表彰式の写真を撮りながら、
近くにいた、知らない方々のお祝いの言葉に
何か答えていたような気がする。

ふと我に返って、
もちろん、会社の上司も固まっていて、
日本研修旅行1ヶ月の副賞、どうするんですか、と聞いたところ、
あ、どうしよう・・・と。

前の日に、社長と会食をした際、
社長から、まあ、1位になることなんて、ないだろうから、
日本行きの心配はいらないな、なんて言われてたんだが。

その後は、写真撮影とか、いろいろな偉い人たちからのお祝いで、
本人は大忙し。地元テレビ局も来ていた。

私のところには、日本語教師の知り合いがチラホラ来て、
みんながみんな、大穴だった、とか、びっくりしたと。

それより、私の上司たち。
偉い人や日本語教育関係者が、次々に挨拶に来る中、
名刺なしで、かなりテンパってて、
いやー、私もこんなことになるとは、思っていなくて、
名刺が手元にないんです、なんて答えてたぐらいなので。

審査員の方たちとは、審査についての話はしてないので、
何とも言えないんですが、
審査員の方が理解がある方たちだったのが、よかったと。

審査の手伝いをしていた日本語関係者に聞いたところ、
発音も話し方も、決して上手くはなかったが、
実体験や本当の気持ちを書いていて、
審査員の共感をよんだからだ、と。
つまり、スピーチの技術より、ハートで勝負した模様。

実際、私はあまり何かをしたわけでなく、
本人が頑張って、作文を書き、
自分なりのスピーチの仕方を考えてきて、
私はちょっと手伝った程度。
まじで、本人の頑張り。

その後、偉い人に連れられ、買い物やパーティーに行く彼を、
一人、マッサージや買い物をして、時間をつぶして待つ私。

高級ホテルでの祝賀会によばれた、彼を私が迎えに行った時は、
すっかりぐったりしていた。

でも、よくやったね!
一躍、有名人(会社と日本語関係者の間で)!

PR

コメント
おめでとう!!!
素直にスゴイ!と思いました。
おめでとうございます!!!^^

全く関係なく、知らない方なのに・・・
本当に嬉しいです。
(勝手に一人で盛り上がって喜んでます。
ごめんなさい(笑))

副賞で日本のいろんなものを見て感じて
欲しいですね。^ー^
【2007/10/18 07:50】 NAME[coniglia] WEBLINK[URL] EDIT[]
Congraturazione!!!!
と、イタリア語で祝福です。
本当におめでとうございます!
本人、あいぷーさん、ともに一生の思い出ができましたね!
やっぱり副賞ナシ、なんてことにはならないですよね(爆)
【2007/10/19 19:31】 NAME[けんじ] WEBLINK[] EDIT[]
イタリア語
けんじさんの実力把握。
英語とちょっと似ているんですね。
副賞の日本研修旅行は、なんとか行けそうです。
本人は電子手帳がかなりうれしいようで、
授業中もピコピコ調べています。
デジカメも持っていなかったので、
3歳の娘の写真を撮りまくっている模様。
でも、パソコンを持っていないので、
会社の自分のパソコンで、こっそり保存しているようです。
【2007/10/29 00:46】
ありがとうございます。
本人が頑張ったおかげです。
私は、おまけのようなもので。
なかなかセンスがある楽しいスピーチだったので、あとで、載せておきます。
大使館の公使が直々に、社長と本人の上司に
話をしてくださったおかげで、
日本研修に行ける事になりそうです。
でも、苦肉の策で、
平日は、同列会社の工場で、技術研修。
その合間を見て、観光旅行になりました。
念願の京都行き、実現です。
【2007/10/21 22:45】 NAME[なべ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析