忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[107] [106] [105] [104] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ラオスで一緒に働いてた、植林スタッフ。
 植樹祭のあとの一服。
 似合いすぎ・・・。

先週、アジアカップに行ったばかりなので、
スポーツつながりということで。

カンボジアでは、暑いこともあって、
自分がしてたスポーツとしては、水泳と卓球。
それ以外に見るスポーツとして、楽しみにしていたのは、
ムエタイのような、キックボクシング(と普通のボクシング)。
 
普通の小学校の体育館の大きさぐらいのところの真ん中に、
リングが1つだけの会場。
その周りにはテレビカメラとパイプ椅子のリングサイド。
 
いつもは3時開始で、2時半ぐらいには、中に入る。
1回はリングサイド1$、半2階席0,7$。
私は断然、リングサイドがお気に入り。
同じくキックボクシング好きのカンボジア人と行って、
いつもだいたい同じあたりをキープ。
 
お金を払って、中に入って、壁に立てかけてある
パイプ椅子を持って、気に入ったところに座る。
だいたい3~4列目。

ここら辺が自分のベストスポット。
理由は、前なので、よく見えるのと、
よく解説してくれるおっちゃんが近くにいること。
(例えるなら、阪神の外野席で、監督並みに
批評、采配をしている、ベテランのおっちゃん)
あとは、この辺りは、賭けをする人が多く、
試合の最初から賭けている人もいれば、
試合の途中で賭ける人もいて、かなり盛り上がること。

自分自身は、お金を賭けたことは1回しかなくて、
その時は勝ったけど、それ以来賭けたことはない。

1日に6~8試合。
小学校高学年ぐらいから始まって、
上はカンボジアの中でも上位の人たち。
上の人たちになると、テレビ中継も入るので、
何度か通うと、テレビで見た顔に会えることも多い。

試合が始まって、ボクサーがリングにあがると、
リングをゆっくり1周する。
途中は祈ってみたり、最後は踊ってみたり。
それが簡単な儀式でもある。

私の場合、お金は賭けないが、
リングを回っているときに、選手の体つきや、細かい動きを見て、
一緒にいる人と、赤コーナーのボクサーか青コーナーのボクサーで
勝ちそうな方を予想する。
ダブっているときは、どっちかが妥協。
そして、予想した方を必死に応援。
これが、楽しい。

確かに好きなボクサーはいたが、かっこいいけど、弱かった。
私は応援はしていたが、予想はいつも相手方。

本当に賭けている人にはかなわないかもしれないが、
これはけっこう盛り上がる。

関係ないが、賭けを仕切っている人は、おばちゃん。
お金を預かって、預かった金額と人の顔をしっかり覚えてる。
(ちょっとはメモはしているが)

いつもはキックボクシングの後に、普通のボクシングの試合が
あるのだが、ほとんどのお客さんは見ないで、帰る。

自分たちはいつも最後まで見て、
飲み残しのジュースを、缶を集めている子どもにあげて、
全て終了。
応援で疲れて、うちに帰ると、6時前後。
なんとなくのサザエさんタイムで、日曜日も終わっていく。
当時の好きな、休みの過ごし方。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析