忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑私が住んでた、インドのチェンナイの観光スポットの教会。
キリスト教のインド人も多いので、
土日は見学のインド人もいっぱい。

今、NHKで、30代のうつについて、やっている。
もし、初めて勤めた会社で今も働いていたら、
たぶんとっくにうつ。
海外に出て、よかったです。

ブツ切れで申し訳ないんだけど、スター話の続き。

自分の出番が終わると、スターはまた、我々のテーブルへ。
俺の歌、どうだった?
大学生の女の子たちも、すごいよかったです、と。
すると、スターは、VIPテーブルに来ないかと、誘ってくれた。
それは、本当にエグゼクティブで、
客席からちょっと高い段になってるところにある、
スターのためにテーブルで、でかいソファーつき。

彼女たちは行きたいと言うのだが、
心から踊りたいベト子(踊るスペースからの行き来が大変)、
売れない歌手が隣の隣のテーブルにいるので、裏切りたくない私。
でも、私の仕事は、彼女たちを楽しませることなので、
危なくないように、スターの動向をチェックしつつ、
踊りたいベト子と共に、ダンススペースに行って、
ちょこちょこ彼女たちに目を配ることにした。

とりあえず、VIPテーブルに座り、
スターから、ジョニ黒の差し入れ。
その辺りから、スターが大学生の女の子の一人を気に入ってることが分かる。
スターがご機嫌で、彼女たちも危なくないような配置に座らせ、
私たちは踊りに行くから、ここでゆっくり飲んでてくれ、とスターに言って、
ダンスフロアへ。

途中、スターがイケメンギターリストをもう一人の女の子に紹介し、
ペアペアになった模様。
なかなかスターもやるもんだと思い、ベト子と踊り続ける私。

ベト子は踊りを楽しみながらも、私と考えは同じみたいで、
危ないことがないように、ちょこちょこ、一味を見ている。
でも、後半戦は、あまり楽しめなかったようで、
とりあえず休憩するべと。

席に戻ろうとしたとき、売れない歌手のテーブルの前を
通り過ぎなきゃいけなく、胸が痛む。
でも、席もないし、VIPテーブルに戻って、彼ら4人と、一応隣の席へ。
しかも、スター、何を間違ったか、
私も一応日本人だからと気を使ったのか、
ブサイクなにーちゃんを私にあてがってきた。
そんなことされても、本当に迷惑。
奴を無視して、二人でくっちゃべる、ベト子と私。

一般的に見たら、かわいい女のグループと、数合わせのような。
一応英語で話は通じているようだが、
スターのご機嫌でもとってやるか、と適当に場を盛り上げて、
クメール語で通訳したりと、なかなかがんばる私。
でも、途中から、スターがあまりにも露骨に女の子を落とそうとしているのが、
目についてきて、ちょっとやな予感。
案の定、スターが彼女用に作った、ソーダ割を間違ったフリをして飲むと、
思いっきり原液。

また、長くなっちゃった?
続きます。


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析