忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[182] [181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ 洋服を配り終えて、一安心。
 みんなの笑顔を見て、左側のソレンさんも笑顔がこぼれてます。
 本当に先生というより、アニキってほうが
 しっくりくる感じです。

カンボジア教育事情、その2ですが、
たぶんまたちょっと曲がった方向に行きそうな予感。

まず、カンボジアの人口は1300万人。
日本の10分の1。
その中で、両親又は、どちらかの親を亡くした孤児は67万人。

17歳以下の子どもの5割が、
何らかの仕事をしています。
農業や漁業が中心ですが、
地方での農業は給料も安いので、
都市に出て、ごみ山で働いたり、ごみをあさったり、
物乞いをしたりしている子どもも増えている。

1975年から1979年に起こったポル・ポト時代の虐殺で
小学校教員は1/8の3000人、
中学校教員は1/10の200人しか
生き残れなかったそうだ。

今の学校の先生も、多くが20代。
ちょっと年がいってても、30代前半である。

教育とはずれるけど、

乳児死亡率(1歳未満)子ども1000人中
              日本 3人   カンボジア 97人
5歳未満児死亡率   日本 4人   カンボジア 140人

そう、カンボジアでは子どもの10人に1人が、1歳未満、
7人に1人が、5歳未満で死んでしまうのだ。

 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析