忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ 送ってもらった服をじっくり選別中。
 サイズとか、かなり真剣にチェックしています。

金八シリーズの第2シリーズ。
加藤が荒谷二中に殴りこんで、
放送室に立てこもってる場面を見ながら。

さて、ものすごく気になるトイレサミット。
昔はTOTOやINAXで働きたいと思ってた私なので。
かなり長いので、読みづらかったら、途中まで。

【インド】世界トイレサミット開催、衛生改善とカースト問題

31日から4日間、インドのニューデリー(New Delhi)で
「第7回世界トイレサミット(World Toilet Summit)」が 開かれる。
同サミットで発表予定のインドの環境専門家は、
トイレを普及させることによって、
病気のまん延を 止めることができるだけでなく、
人の排出物を捨てに行くという嫌な仕事から
下層カーストの人々を 解放できると、
貧困にあえぐ国民のためにトイレ整備の推進に尽力している。

■排泄物処理は下層カーストの仕事

「汚れ」に対する恐れが根強いインドでは、
数百年にわたって維持されてきたカースト制度の中で、
各家庭の排出物をバケツに入れて捨てに行く
下層カースト層がもっとも忌み嫌われてきた。

国際ボランティアNGO「スラブ・インターナショナル
(Sulabh International」の創設者
ビンデシュワル・ パタク(Bindeshwar Pathak)氏は、
「下層カーストの人々がいなければ皆、疫病で死に絶えていただろう。
なのにその返礼として、
社会は彼らに『アンタッチャブル(賎民)』の烙印を押した」と語る。

30年以上前に衛生改善のために同団体を創設したパタク氏は、
下水施設がなくても使えるトイレの普及を 行っており、
31日よりニューデリーで開催される「第7回世界トイレサミット」で、
ヒトの排泄物利用に関する 詳細な計画を発表する。 

パタク氏がトイレの普及運動に目覚めたのは、
1970年代に夜間にゴミをあさって生活を支える人々の住むスラムで
数か月を過ごしたことと、幼少期のあるできごとがきっかけだという。

カーストの最高位バラモンに属する同氏は、
幼少時に住んでいたビハール(Bihar)州の村で下層カーストの
女性に触れ、祖母にひどくしかられた。

「大騒ぎだった。体を清めるのだと、
ウシのふん尿と砂とガンジス(Ganges)川の水を飲まされた」
とパタク氏は 笑い、人生でもっとも鮮明に覚えている記憶のひとつだと語った。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2304483/2293946

■衛生から安全まで、トイレ不足は大問題

スラブ・インターナショナルはこれまでに、
国内に120万台のトイレを設置した。
毎日1050万人によって 使用されている。
しかし、7億人が土壌を汚染しないトイレ施設を
使えていない同国では、ごくわずかな 助けにしかならない。

国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)の統計によると、
インドでは毎年約40万人の子どもが汚染された水による
下痢で死亡している。

都市部でさえも、約1億人が整備されたトイレを
利用できない環境にあり、
バケツで排出物を捨てに行く人に 頼ったり、
定期的に下水溝の詰まりを取り除いたりしなければならないという。

公式発表によれば、首都ニューデリーでは
1400万人のうち5分の1の人口が、下水道のない環境で生活している。
別の調査では約半分との結果も出ている。

農村地域では、田畑や線路に排出物が廃棄されている。
また女性が早朝や夜に、ひと目につかない場所に行けば、
性的暴行などに遭う可能性が高くなる。

40か国から参加者が集まる世界トイレサミットでは、
トイレが利用できない世界の人口26億人を2015年までに
半分に削減するという、
国連(UN)の『ミレニアム開発目標
(Millennium Development Goals、MDGs)』を
いかに実現するかについて話し合われる。 

■排泄物を有機分解、バイオガスに

しかしパタク氏は、ほぼ100%がトイレを必要とする開発途上国で、
下水施設や豊富な水を前提とした西洋式の
水洗トイレの普及は不可能だと指摘する。
「施設の建設はあまりにもコストが高く、必要な水の量も莫大だ。
開発途上国では完全に無理だ」

パタク氏のNGOは、排泄物を有機的に分解し、
温室効果ガスを出すことなくバイオガスを作る環境に優しい
トイレの推進を行っている。
バイオガスは、その後発電や調理に使用できる。
スラブ・インターナショナルでは
そのようなトイレをこれまでに175台設置し、
17万5000人が使用しているという。

一方、においはないものの、
排泄物の有機分解システムには
若干慣れが必要だろうとパタク氏は語る。
カンボジアからスラブの事務所を訪れた客たちは、
事務所で食べた食事が排出物のガスで料理されたことを
知ると、気分を悪くしたという。

4日間のトイレサミットは、2001年に非営利団体として
創設された「世界トイレ機関(World Toilet Organisation)」
との共催。WTOは公衆衛生の改善を主要な国際課題として掲げ、
42か国55団体が加盟している。 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析