忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑大家さんの娘。
時々、授業にも混ざってますが、
たぶん何も分かってないと思われます。

さて、微妙なタイトル。
これはデータが少ないので、
カンボジア、タイ、ラオスなんかも含めて書いてみよう。
そりゃ、3つとも暑い国。
ラオスは性に関してはまたまだ閉鎖的だけど、
3つとも、まあ暑い国だから・・・と言葉を濁してみる。
よく言えば開放的、悪く言えば勢いというか。
男が止められないのか、だらしないのか。
まあ暑い国だから。

日本だったら、避妊するのは男の責任で、
出来ちゃった婚で、責められるのはやっぱり男。
時には、避妊しない男にやらせる女も悪いと言う意見もあるけど、
どっちかというと、男がコントロールするというのが、一般論。

さて、さっき挙げた3つの国。
これは避妊は女がコントロールすることが多い。
若くて、それなりにしっかりした育ちの人、
あるいは外国人と付き合ったことがある人であれば、
コンドームを使うということも、頭に入っているが、
特にカンボジア。風俗天国。
男を信用してない女は自分で避妊をする。
っていうか、するしかない。

薬屋で普通にピルが買える。
日本などで買うときは、体重によって、飲む量も変わるようだが、
こっちは、体重も年齢も何も考えない。
1日何粒とか、そんな感じ。
みんな同じ飲み方。
こえー。

もし、飲んでないとき、やってしまったら、これも薬がある。
たぶん日本でも、特定の医者にあるみたいだが、
やって72時間以内に飲めば、妊娠しない薬。
日本だと、レイプされたり、望んでないのにされた場合に
限られるみたいだが、これも普通に薬屋で買える。
たぶん1粒1$ぐらいかな?
お金を払えば、誰でも買える。

そして、妊娠しちゃったら、
日本だったら、中絶手術しかないだろうけど、
変なとこだけ進んでる国。
妊娠2ヶ月目ぐらいまでなら、自然流産できる薬も売ってる。
これもちょっと大きい薬屋で。
3,4日飲み続ければ、ちょっとおなかが痛くなるぐらいで、
また簡単に復帰できる薬らしい。

全て、量が薬屋の目分量で決まってしまう。
でも、たぶんなんとなくの目分量。
体、大丈夫かい?

それで、男の意見を聞くと、
子どもが欲しくなかったら、
奥さんや彼女が薬を飲むのは当たり前というか、
飲んでるもんだと思っている人が多い。
あとは、男サイドの話では、年頃の女の人で子どもがいなかったら、
普通は薬を飲んでるからだべと。

あんまり考えてないから、この国の男どもは。
そりゃ、女がしっかりしないといけないわ。
というより、男ももっと女のことを思ってやらないと。
それを考えると、日本人の男はちょっとは偉いのかな。

そんなカンボジアだけど、
結婚して1年半ぐらいしても、子どもができなかったら、
女サイドからの十分な離婚の原因になってしまう。

最後に、がんばれ、東南アジアの女達!




PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析