忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [203]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ どこの駅だったか・・・。
 やはり、まだまだ鉄子にはなれそうにありません。

すでにタイトル自体、変わっていますが、
電車で横になった話 完結編。
↓その1
http://cambodia.blog.shinobi.jp/Entry/204/
↓その2
http://cambodia.blog.shinobi.jp/Entry/205/

読むのが、めんどくさい人のために、

山形から帰る新幹線に乗っていたら、
その車両が、
雪で道が見えずに、
間違って線路に入ってしまった軽自動車にぶつかって、
立ち往生。
(山形新幹線は在来線の線路を使っているので、
踏切から軽自動車が入ることができてしまう)

3時間ぐらいそこにいて、
夜の11時前に出発。
その頃には、さすがに、私のことを心配していた親も
あんたなら、旅好きだし、
何とかかんとか、帰るべ、と
電話をかけないように、との言葉を残して、
携帯の電源を切ってしまった。

とりあえず、再び走りだしたけど、
ぶつかって、前が多少べっこりしてるし
(後で前を見に行って、びっくりした)、
雪も降っているし、
何より、山形新幹線はミニ新幹線。
普通なら、仙台・盛岡から来る、
東北新幹線に引っ張ってもらって、
速く走ることが出来る。
なのに、その時間じゃ、東北新幹線も
とうに終わってしまっている。
自力走行、がんばれ、つばさ!!

まあ、走り出したので、ちょっと安心して、
隣の席に座っていた、友達との話も続く。
そして、またお腹がすいてきた二人。
うちの家族がお土産に・・・と
持たせてくれた、タッパーに入ったおかずを
次々と食べ続ける。

こういうときに、豪快な家族に本当に感謝。

外を見ると、吹雪。
友達と二人で、
その日、お葬式があった、友達が
「行かないで、もうちょっとここにいてよ。」
と、呼んでくれたんだろうね、と話していた。

だって、その時一緒にいた友達と、偶然会って、
二人が二人とも、終電で帰ろうとしたけど、
雪がひどくて、心配だから、前の電車に変えてた。
その友達とも、本当に何年かぶりで、会ったんだし。
死んだ友達が、交ぜてほしかったのかな、って。

そんなことを話しながら、
また、昔の思い出話なんかをして、
2時間半ぐらいたって、
友達が住んでいる大宮駅に到着。
タクシーで帰れんで、心配すねで(心配しないで)、
と言って降りていった。

そのまま、新幹線は、頑張りを見せて、
2時に、東京駅に到着。
今日は、車中泊かな、と思っていたとき、
車内放送が入り、
京浜東北線だけ走らせて、
横浜までの主要な駅は、止まると言う。

横浜駅に自転車が止めてあるので、帰れる!!

というわけで、京浜東北線に乗る人だけ降りて、
他の人は、毛布を配られ、車中泊。
それはそれで、貴重な体験なんだろうけど、
次の日の朝から仕事だし、
布団で寝たかった。

人のいない東京駅。
絶対ありえないことなんだろうけど、
薄暗くて、がらーんとしていた。
急行券の払い戻しもしてもらって、
京浜急行のホームへ。

乗る人は、全部で、30人もいなかっただろう。

私以外は、みんな何人かのグループで、
なんとなく、1グループ1車両に。

ということで、
私一人で、1車両ゲット!!

車両に、一人だけって、胸が高まる。
横浜駅まで、時間もたっぷりあるし。

とりあえず、網棚で懸垂。
・・・1回で脱落。

次につり革につかまって、
次から、次へと、つり革を渡っていく。
・・・つもりだったが、どうしても、足がついて、変な感じ。

次に、子どものように、
横座りの椅子に、反対に正座をして、外を見る。
・・・暗くて、何も見えぬ。

普通に座りなおして、
向こう側のガラスに、写る自分の姿を発見。
変な顔をしてみる。
・・・むなしさ倍増。

網棚の上にも上ろうとしたが、そんなことも出来るわけもなく。

そして、最後がこれ。
昔から、電車の中で、見る度に、
むかつきの一方、憧れのまなざしを向けていた、
酔っ払いの、何人分もの座席を占領しての、
横になっての爆睡。

ずっと、やりたかった、あれを実現する日が。

電車を愛する私として、
靴をそろえて、脱いで、座席に、横になる。
ふかふかと言うのには微妙な感じ。
ちょっとゴワゴワした感じもして、
慣れてないので、なんとなく不思議な感じ。
でも、微妙に角度を変えると、
かなり気持ちよく眠れそうだ。

まあ、私はそのドキドキ感を持続させたまま、
横浜駅まで、ゴロゴロしていた。

横浜駅で、電車を降りるときの、名残惜しいこと。
こんな経験、たぶん一生で、もう二度と出来ないだろう。
一人で一両占領だけでも、かなり価値ありだし。

そして、電車を降りて、あまりの寒さにびっくりした。
その横浜駅から、寒さに震えながら、
自転車に乗って、帰宅。
あまりの寒さに、布団をかぶって、速攻寝た。
ヒーターを待つなんて、とても出来ないぐらいだった。

次の日、会社に行くと、
みんな、その事故を知っていて、
みんながみんな、私がその電車に乗っているような気がしていたら、
本当にそうで、びっくりした、と。
そういう事件がある場所に、私がいるイメージがあるのだと。
そして、いるからと言って、別に害があるわけではない、までが、
イメージらしい。

関係ないけど、
その友達が死んだ後に、
何か、やりたいことがあったら、
早いうちにやっておいた方がいいのかな、と
考えるようになった。

その時、勤めていた会社が、
月の残業時間が、150時間とかになる会社で、
あるとき、私は風邪を引いてしまった。
早く帰って寝れば、治るのに、
残業しないと帰れずに、
そのまま気管支炎になってしまった。

そして、あまりにゼーゼーした咳が出るので、
このまま、肺炎にでもなったら、どうしようと、
夜10時に帰ろうとしたら、
上司に、じゃ、今日は早退だね、と言われ、キレました。

何日か後に、上司と、会社を辞める話をして、
ちょっとは引き止めてもらったけど、
時間のムダです、とはっきり言えた。

結局、退職願を出している人がかなり多い時期だったので、
その半年後にようやく辞めさせてもらったけど。

あの時、辞める力を与えてくれた友達がいて、
今、やりたいことをやっている自分がいるような気がする。

感謝して、ヤツを超えるような人間になりたい。
あれから、7年経っても、まだ当分超えられそうにないや。



PR

コメント
尊敬できる人
尊敬、または敬愛?出来る友人や知人がいて
その人を目指し、その人を超えようと考える事が
出来るような状況にある人は非常に幸せだと
若かった頃を思い出しました。
もう歳だからなどと思わずに、何か明確に
情熱を持ってできる事がないのかと
久し振りに考えています。
あ~、このブログ(・・・・たまには)
やっぱり為になるわ~~っと思いながら。
【2007/12/28 16:21】 NAME[ふみりん] WEBLINK[] EDIT[]
情熱を持って出来ること
やはり、東南アジアで
キャバクラ開設しかありませんね。
私も、最近俳句作りが楽しくなってきました。
支障、いえ、ふみりん師匠の下で、
腕を磨きたいを思います。
【2008/01/04 02:09】
無題
うーん、いい話だとは思うんだけど文章の問題なのか途中よく意味がわかんね。。。友達の葬式に行った話?
【2008/01/05 16:08】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
すみません。
文才というか、説明能力ないんです。
本当は、タモリ倶楽部のマニアックな電車の特集を見ていたら、
私も鉄道好きの血が騒いで、
電車の座席に横になって、寝た話を書きたくなったんですが、
何回かに分けて書いたもので、
話がダレダレになって、よく分からなくなってしまいました。
友達のお葬式に行った帰りの出来事です。
【2008/01/10 00:55】
無題
辞める力・・・なるほど。
やりたいことをやるって勇気やパワーがいる
んですもんね!!
ワタシも海外に来てかなり老いを悔やみました
ヨ!(泣き笑い
【2008/01/07 02:41】 NAME[coniglia] WEBLINK[URL] EDIT[]
何か
新しいことをするのは、パワーがいりますから。

そんな泣かないでくださいよ。
あ、泣き笑い。

いえいえ、経験でカバーできる部分も多いですよ。
私の場合、年齢を重ねて、
だんだん逞しくなってきました。
(私も泣き笑い)
【2008/01/10 01:00】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析