忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回は、くじけて、書きかけだったので。

カンボジアでは、私自身、かなり貧乏生活をしていたので、
特に、身の回りに、愛人を囲えるような、
甲斐性のある男はいなかったのだが。

前にいたラオスと、今いるベトナムで
働いているのは、日系企業。
というわけで、現地人スタッフは、
そこそこの給料をもらっているはずだ。

その給料も、
専門職の経験が長かったり、
政府関係者に知り合いがいたり、
英語や日本語が話せたりすると、
給料は一気に上がる。

さて、ある程度の給料が確保でき、
生活面にゆとりが出てくると、次はなんだろう。

そして、中には、愛人というか、
プチ彼女というかを作ったりする男どもも出てきたりする。

まずは、私の仲良しの、ラオス在住、ベトナム人。
35歳、現場監督をしつつ、建築の現場作業員の斡旋をしているのだが。
奴が監督している現場は、5つ程度。
県をまたぎ、時には、現場と現場の間の距離が、
車で5~8時間かかることも。
そんな時は、現場に何日か泊まって、また次の現場へ。

ベトナムに、妻子をおき、年に2回程度帰る。
そんな彼は、まるで、その現場ごとに、
彼女と言うか、愛人と言うか
(だいたい30代の旦那が出稼ぎに出ている奥さんか、
現地のビールが飲めるような店のお姉さんを
ナンパして、そのまま彼女に)がいる。

と言うのも、現場作業員は、現場に小さい小屋を建てて、
共同生活をしているので、
寝るときも、同じ小屋の中で、男同士で、
多いときには、50人近くで一緒に寝泊りをしているので、
一人きりになる時間は、皆無。
いろいろたまることもあるようで。

そうすると、やはり、自分の寝床が欲しくなるものだ。
そして、男だけで、生活していると、
それはそれは、女の肌が恋しくなるのだと。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析