忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ ラオスの村に住んでいた時の近所の子供。
 田舎っぽい感じが好き。
 ラオス女性はスレてないかわいさがあるので、
 将来はどうなるのか、楽しみ。

ベトナムにもケンタッキーはある。
インドにもあったんだけど、
カンボジア、ラオスにはなかった。
ラオスにはビエンチャンに、KFCという名前の
同じようなフライドチキンを売る店があって、大人気だった。
それはいいとして、
先日、知り合いの家に行く時のおみやげに買って行こうと
店に入っていった。
注文はファミリーパック。
フライドチキン10個入り。
お飲み物は?と聞かれ、いいえ、肉だけと答える私。
その時、店員からこんな質問が。
こちらでお召し上がりですか? と。
かなりびっくりしながら、お持ち帰りでと、答える私。

片言のベトナム語だったから、
店員が、私に「お持ち帰り?」って言っても、通じないと思って、
気を使ってくれた、と勝手に思うことにしたけど、
本当に店内で食べると思われてたら、大ショック。


さて、鶏肉話はこれぐらいで、昨日の続き。
急いで、人ゴミを抜けようとした私。
途中、バイクタクシーの人に肩を叩かれ、声をかけられた。
誰か知り合いかと思って振り返ったら、バイタクのじじぃで、
無視して急ぎ足で通過。
そして50mぐらい歩き、近くのミニマートへ。
ジュースとヘアムースを買おうとレジに並び、
いざ清算。

カバンの中をあざくるが、財布が見つからない。
おやおやと覗き込もうとすると、
店員が、あ、あんた、大変よ、と。
言われて、指差された先のカバンの端を見て、私もびっくり。
カバンの脇が、きれいに20cmほど、切られている。
しかも、けっこう深く、けっこう厚めのかばんが、
内側の布まで、ぱっくり。
あれ、まあ。

とりあえず、品物を棚に返すように頼んで、
今、来た道を、穴あきをかばんを手で押さえながら。
ぱーっと、下を見ながら、歩いてみるが、見つかるわけもなく。

どうしようかと考えながらも、
まずは、泊まっているホテルが近くなので、直行。
ホテルに戻って、スタッフに事情を説明して、
カバンの中身をチェック。
カバンの中には、本数冊やら携帯やら鍵やら、
いろいろ入っていたんだけど、取られたのは財布だけ。
携帯と鍵が、カバンの中の貴重品を入れる、
厚い内ポケットの中に入っていたのが、これ幸い。

ただ、取られたのも、切られたのもバーバリー製。
これは悔しいと、スタッフにお願いして、
すぐに一緒に警察に行ってもらい、
盗難証明書を書いて、提出。
でも、この盗難証明書が、書き方が悪いとか、
英語は駄目だとか、説明が足りないなどと言われて、
合計、4回の書き直し。

引ったくりへの怒りが、警察への怒りに変わってきて、
一緒に付いてきてくれたホテルのスタッフになだめられる。
結局、ホテルでゆっくり書き直して、往復すること3回。
盗難証明書に警察のスタンプをもらったら、
ドッと疲れが。

もう一度、手持ちの全財産をチェック。
30ドル程度。
そのうち、20ドルで、学生用に試験の申し込み用紙を
買わなければいけなく、帰りのバス代が2ドル。
申し込み用紙を買いに行くバイクタクシー代、その他で7$。
明らかにホテル代が払えない。

もうすでに、10回以上利用していて、
かなり仲良くしてもらっているので、
その時に呼ばれてきていたオーナーに、
今の手持ちがこれだけで、
どうしても申込用紙を買わなけりゃいけないので
お金を来週まで、待ってくれとお願いする。

オーナーも、別にいいよ、にしても、お前は何でそんなに強いんだ、
普通のベトナム人だったら、泣いているよ、と。
そう言われたら、急に気が抜けて、声が震えてきた。

前に、カンボジアで泥棒に入られた時も似たようなもので、
気が張っているときは、泥棒を追っかけていく強さまであったのに、
あとで、校長が見に来てくれたら、急に泣きそうになってしまった。

まあ、そのまま部屋に戻って、すぐに保険会社に電話をかけて、
事情を説明して、手続きの仕方を聞いた。

なんか、お金を取られた悔しさはちょっとあったけど、
海外に出て4年。
ここ3年は比較的無事に過ごしていて、暮らしていたので、
気を引き締めなければならない、きっかけになった。

幸い、大きいお金はポケットに入れていて、
被害は少なかったのは幸い。
財布とカバンがバーバリーだったので、
カバンの写真だけ、提出するように、保険会社から言われる。

さっき、被害写真を撮るのに、
タバコとカバンを並べてみたりする自分。
自分はタバコは吸わないので、
隣の雑貨屋で1本だけ買ってきた。

にしても、カバンを前に下げていたのに、
すごい技術だと、感心してしまうのが、悔しいところ。

PR

コメント
わわわ
災難でしたね・・・
肩を叩いたじじいと誰かがグルだったのでしょうか。
それにしても本当にスゴイ腕・・・
先日ドイツのフランクフルトに行った時に、
明らかにスリなアラブ系の男性がいました。
後ろをずっとつけてて相方の肩からかけてたバッグを
狙ってたので、相方に耳打ちしてバッグを前に抱える
ようにいったら、しばらくしていつの間にかいなく
なってました。神隠しにあったように忽然と消えたので
怖くなりました。
他にも道端に注射器がいっぱい落ちてたりと、
海外にいることの危険をワタシも身を持って感じ
気を引き締めなければ、と思いました!
なべさんも気をつけてくださいね。
【2007/08/22 01:43】 NAME[coniglia] WEBLINK[URL] EDIT[]
いやー
本当に。
何がくやしいって、
くやしさよりも手口に感心してしますこと。
NHKの海外安全情報なんかでは、よく見る定番みたいなんですけど。
早速、明日皮のカバンでも買いに行きます。
この暑さの中、あえて皮カバンを使います!
と言っても、お金は紙幣でポケットに入れず、財布派で。

やっぱり日本って、安全な国なんですね。
離れてようやく分かるありがたさです。
イタリアはマフィアとか多いんですか。
(また、知識のないところを露呈してしまいますが)
【2007/08/24 22:53】
あれれ
なべさんでもこんなことあるんですね。そんなスキ絶対に無さそうなのに。なんてね。

そこまではっきりやられたらわかりやすくてイイよ。あれ?入れたはずのお財布がないぞ?家に忘れてきたかな?家に帰って探してもやっぱり無い。どこかに落としたか?前の店で忘れたか?あの人混みで盗られたか?ってぐるぐる堂々巡りよりもさ。

あと、完全に自分の不注意で置き忘れて出てこないってのより、泥棒のせいにできるからイイと思わない?自分の不注意はもっと泣きたくなる。

こんな事欠いても慰めにもならないけど、不幸中の幸いかも。これからも体とお金に気をつけて。
【2007/08/22 19:29】 NAME[マンボウ] WEBLINK[] EDIT[]
私も。
スキがないのよ、と思ってる段階で、スキがありました。
明日は、この前に払えなかった宿代を払いに行くつもりです。
確かに、注意した上でやられちゃったので、
引ったくりの腕の方が上だったとあきらめます。
これからは絶対に負けない!!
おっしゃってたように、探し回る必要、時間ゼロでした。
【2007/08/24 23:03】
マフィア
ワタシはマフィアの知り合いがいないので(笑
又聞きの情報しかないんですが・・・
現在イタリアのマフィアは既に一般人化?して
いて、大きな不動産に関わっていたりする以外は
特に目立った動きはないとか。
シチリアでも特に事件とかはないそうですよ。
(でも先日新聞にマフィア絡みで10数名が殺さ
れた事件が掲載されてたような気がしますが・・・)
【2007/08/27 07:29】 NAME[coniglia] WEBLINK[URL] EDIT[]
無題
なんかいつもあまりに無防備なのでいつかこんな風になるような気がしてました。人事ですが。
【2007/09/03 21:46】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析