忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[26] [25] [24] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑日曜の夕方の街角。
見づらいけど、子供たちが遊ぶ公園です。

今日は教師の苦労から。
たまには、学校のまじめな話題。
今、学校ではクメール語、英語、日本語のクラスがある。
英語だけや日本語だけのクラスは、比較的年齢層も高く、
中学生や高校生が中心。

これらのクラスは、教師からしてみれば、教えやすい。
ある程度、勉強の習慣もあるし、
なんとなくクラスもバランスがとれていて、
ちょっと年上の学生が、うまくクラスをまとめていたりする。

では、大変なのはというと、クメール語と英語を勉強するクラス。
このクラスは、小学校の低学年から高学年までが対象。
英語は勉強したことがない子供がほとんどだったので、
みんな仲良く勉強している。

しかし、クメール語は、初期のあいうえおから勉強したい子もいれば、
長い話を読みたい子まで様々。
なので、教師陣は試行錯誤を繰り返していた。
初めは、本当に初歩から始めて、早いスピードで進めて、
次はクラスを前半、後半に分けて、
前半クラスが初歩を勉強している間に、後半クラスは宿題を。
で、授業後半はその反対。

これも、クラスの人数が増えて、授業を3交代になってしまい、
教師を1人増やして、クラス分けをして、事なきを得た。
最初から、こうすれば、良かったんだろうけど、
なにぶん、やりくりも大変で、つい最近、この体制になって、
本当に助かるとのスタッフの声。

前から、他のスタッフと言っていたのが、
公立の学校の補習クラスを作りたいということ。
公立の学校の勉強についていけない子供の補習をしてあげたいと。
学校の勉強についていけなくて、
学校を辞めて、家族を手伝ったり、そのまま何もせずに過ごす子供もいる。

まあ、資金の問題があるから、もうちょっと待って。
がんばって働いて、お金稼ぐから。

こうやって、婚期を逃していくのかな、なんて心配な、
ちょっと適齢期オーバーな私。
この学校の子供が、すでに私の子供になっています。
大家族スペシャル!!

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析