忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑写真を撮ろうとしたら、
子どもがお母さんと一緒に撮って!と。
こんな素直な子ども、日本では珍しいですぜ。

私の親にも、たまにカンボジアの子ども写真を送るのですが、
いつもかわいいを連発。
子育てに失敗したので(私のこと)、
一人もらいたいなんて、言うんですが、
家の家計を考えてから、発言してよ、といつも思います。

カンボジアにいると、なんとなくエイズはあまり遠くない病気のような気がする。
売春婦も多いし、女の人の売買も大して珍しいことでも
ないように思えるようになった今だから、そう思う。
前に働いていた学校のカンボジア人の先生も
学校を辞めてからエイズになってたし、
セキュリティーのお姉さんの旦那もエイズだったし。

このお姉さんの話は、なかなか長編で、
まずお姉さんは、カンボジア在住のインド人の所に嫁に行った。
そこは、インド人、お金があるので、他にも奥さんがいて、
お姉さんは6番目の妻(なんだか、愛人なんだか、判断は微妙だけど)。
嫁いで、しばらくして、旦那のエイズが発覚。
もれなく、上の5人が逃げていき、神取忍ばりに繰上げ当選。
本妻になっちゃって、金銭的には、かなり恵まれた生活に。
セキュリティーのにーちゃんも、私と一緒に学校に寝泊りしてたのに、
新品のバイクを買ってもらって、
二人の住む家の一部屋を間借りするようになって、
そのうち、セキュリティーの仕事も辞めて、
やりたかった日本語の先生になることに。

お姉さん、たぶん家族を養うために、そのままの状態を選んだのかなって。
心の中までは読めないけど、
好きだけの気持ちで、一緒にいるとは思えないのが、カンボジア。

それより、コンドームの看板とテレビ広告多すぎ。
それぐらい大切なんだろうけど。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析