忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラオスにいたら、ラオス人に間違われ、
カンボジアにいたら、クメール語で話しかけられ、
バンコクで裏道を歩いていたら、
タイ人に、伊勢丹がどこか聞かれ、
ベトナムでバスに乗ったら、
ベトナム語で隣の人の話が始まる・・・。
(まあ、ベトナム人の方が、もっとスタイルがいいんだけど)

どこに行っても、現地人に間違われる。
ほとんどは、話し始めるとバレるけど、
ラオスだったら、ものすごく田舎から出てきて、
言葉がちょっと違う、と言うと、ちょっと持つ。




昔、ラオスで働いていたとき、
村で、ちょっと会社関係の
大きなパーティーというか、イベントがあり、
ラオス政府の偉い人や役人、村長など、
日本からは、大使館関係者、
会社の株主の大企業の偉い人が来た。

私は、パーティーの下働きスタッフだったので、
朝は、ジャージで現場確認をしていた。
その後、一応、パーティーなので、
ラオス服を着て、そこそこ小ぎれいにして、
お客さんが来るのを待っていた。

とは言っても、
会社のラオス人女性チームが、きれいどころが揃っているので、
お客さんが来てからは、そっちに、歓迎を任せて、ひたすら裏方に。

片言のラオス語で、現地人スタッフを動かし、
冷タオルを配ったり、写真を撮らせたり、
席の確認・案内させては、
日本人上司に、報告している私の姿を見て、
お客さんが一言。

客:いやー、日本語が上手なスタッフですね。

私の上司と私の間に、不思議な風が吹いた。

ラオス人のフリをしようとしている私の気持ちを察したようで、
上司が、

上:こう見えても、日本人なんですよ。

客:それはそれは・・・、いやー、ラオス語が・・・上手で・・・

上:ずっと、ラオス人と現場にいたんで、
  すっかり、現地人化してしまって、ハッハッハ。

客:ハッハッハ。

ついでに、私も笑っておいた。
確かに、現地人化してたし。

日本に戻って、日本人化できるんだろうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析