忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ゴミ山ダーティーボーイズ(バービーボーイズっぽい響き)のメンバー。
写真慣れてないから、笑うのが苦手みたいで、
思いっきり、周りに突っ込まれてました。
これでも、かなりがんばった賞。

プノンペンも他の東南アジアに負けず、というより明らかに勝利で、
物乞いが多い。
インドに行く前に、インドはバクシーシ(物乞い)が多いから、
気をつけて、なんて言われたけど、
プノンペンと比べても、あまり変わらない気がする。

というのも、定番の母親と赤ん坊、子ども、じーさんのほかに
カンボジアは地雷で足を失って、物乞いをしている中年層もいる。
1回片足がひざからない人に、ちょっとお金をあげたら、
後日、普通に歩いているのを目撃。
たぶんひざをまげて、ふくらはぎをぴったり太ももにくっつけていたと思われる。
それと、子どもにお金をあげたら、
そのすぐ後に、ゲームセンターでゲームをやっているのを見つけて、
文句を言いに行ったこともある。

私のルールとして、大人にはあげない。
単独行動の子どもには、お菓子又は余ったご飯をあげる。
お金は、ちょっと話してみて、気になった子どもだけ。

タイとかだと、物乞い会社があって、朝トラックの荷台に物乞いを乗せて、
ダブらないように担当の範囲を決めて、担当区域でおろし、
夕方またトラックで、迎えにくるらしい。
高給取りで1日1000B(3000円ぐらい)稼げるようで、
カンボジアからタイに出稼ぎに行く物乞いも多いらしい。

私が、ゴミ山で働く子どもが好きなのは、
お金がなくても、人に頼らず、少額でも自分たちで働いて稼いでいるところ。
たぶん、物乞いのほうが収入はいいはず、特に子どもだったら。
観光地に行ったりすると、1ダラー連発の子どももいるのに、
やつらは1日の稼ぎは、その半分でも、決して物乞いにはならない。
私がゴミ山に行って、中にぐんぐん入って行っても、知らん顔。
こっちからアクションを起こして、ようやく反応する。
仕事に集中させてよ、って感じがいい。

がんばろう、未来は僕らの手の中。

今日は久々のまじめな話題で。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析