忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑ 憂い。
 ではなくて、ただ、席を立って、前に行くだけなんだけど。
 英語のアルファベットの授業風景より。

学生の試験が終わったら、
私まで、気が抜けてしまって、
1年ぶりの風邪っぴき。
薬を飲んで、毎日ひたすら寝てた。

えーと、どこまで書いてたのか。
試験の話の続き。
待ってたとこまでは、書いてたような。

早く行って、みんなが来るのを待ってた。
ここまでは、書いてた、確かに書いてた。

インドでは、遠くから受験に来て、
教師が引率で付いてきたり、
会場まで近い学校に勤めてても、
一応、激励に行くのが、暗黙のルールになってたので、
ベトナムでも同じものだと、普通に行ったんだけど、
他には、1人、それらしき人がいるぐらいで、
後は、ほとんどの先生が、試験監督をするようで、
みんなスルーで過ぎていく。

あれれ。
私ぐらい。

まあ、でも、こちとら、
みんな前の日に泊まりで来て、
仕事の都合で、一人で来る人もいるし、
バス酔いするので、朝4時に出て、3時間かけて
バイクで来ている人もいる。

重みは違うけど、地方出身者の受験なんか、
自分も分かるし・・・。
なんて、
私、まじめに考えすぎてたみたいで、
他の学校の先生に、塾の先生みたい、
なんて言われてしまった。

でも、会場に来た学生は、逆にウケてて、
昨日、飲んでませんでしたー?とか、
どこに泊まったの?誰と泊まったの?なんて。

そして、私の学生を感じさせるのが、
誰一人として、直前まで見るように言ってた、
漢字のプリントや教科書、持ってきてなかった・・・。
思いっきり手ぶらだったり、
手に鉛筆だけ持って来たり。

あれあれ。
でも、一人で来た人も合流して、ちょっと安心した模様。
一人の男の学生が、
「昨日は先生と一緒に泊まりました。」と
冗談を言ったところ、その場の全員、
信じて、固まっていた。
結局、誤解も解け、
みんな仲良く会場に向かった。

見送ったら、自分も気が抜けて、
ホテルに戻って、
近くのおしゃれカフェで、朝からケーキと紅茶。

それからマンガ喫茶に行って、のんびり。
しばらくして、学生から電話。

先生、むずかしかったですー。

あー、やめてくれ。
聞きたくないっちゅーの。

まあ、でも、なんとか大丈夫そうです、
と言われ、ちょっと一安心。

と言うわけで、気がぬけて、
風邪をひいて、今は布団の中。

なんとか、明日は飲みに行けるように、復活しないと。
いつもの私なら、酒が入れば、治るはずなんだけど。




PR

コメント
無題
拝啓
早く、元気になって、下さい。
山形の、瑞穂さんに、頓服薬、を、送っときました。
W。K
【2007/12/08 19:18】 NAME[w。k] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析