忍者ブログ
カンボジアでフリースクールをやってます。 スタッフと私の奮闘記です。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



タイトルはゴミ山ですが、写真は、去年のクリスマスのときの教師陣。
学校が始まったときからの、古参メンバーです。
とても仲がよく、言いたいことがいえる仲です。


しばらく学校のことが続いたので、小休止。
 
学校のすぐ近くにある、ゴミ山について書こう。
このゴミ山は、よく見るフィリピンなんかのスモーキーマウンテンとほぼ同じ。
プノンペンの中心地からバイクで10分程度のところにあり、
少し行くと、近くに置屋街(ピンクのネオン街や、
町の汚水が流れてくる、泡立った川(洗濯機の排水ホースの出口みたい)なんかもある。
 
ここに初めて来たのは、3年前。
アンコールのあるシェムリアップには、大学の卒業旅行で行き、
なんとなくではあるが、将来カンボジアで働くという、漠然とした予感があった。
当時、ラオスで働いていた私は、2週間の休みがあり、
将来はカンボジアで働きたいと思っていたので、まだ行ったことのないプノンペンに行こうと思った。
 
プノンペンの観光地は、びっくりするぐらいに気分が暗くなる場所が多い。
ポルポトで犠牲になった人の博物館や、無数の骨が置いてあるところなど、
行ったあとには、肩のあたりが、何かが憑いてでもいるかのように、重くなる。
時には、具合が悪くなって、吐きたくなることも。
(学生のガイドの練習で、何度か行ったが、行った後はみんな押し黙ってしまい、
ご飯も食べずに帰ることがほとんど)
唯一、川沿いは比較的、気分がよく、初めて来たときは、
毎日のようにバイクタクシーのお兄ちゃんに連れて行ってもらって、安いご飯を食べていた。
 
初めての旅行の時は、プノンペンに4日の滞在だったが、1日でいわゆる観光地は見てしまった。
インターネットでゴミ山があるのを知って、それを見るのが、一番の目的でもあった、旅行。
あとの3日はゴミ山に費やすべ、と思った。

ただ、場所もよくわからず、バイタクのお兄ちゃんに、
子供たちがゴミを拾っているところがあるんだけど、知ってる?と聞くと
(当時は英語力もなく、ジェスチャー交じりで、本当にゴミを拾って、説明)、
ちょっと困った顔で、

「知っているけど、本当に行きたい?」
「プノンペンに来たのは、それが目的だから」
「そんなところ、観光客で行く人、いないよ」
「でも、他に見たいところもないし、ある意味一番の名所だよ」
「分かったよ、明日連れて行くから、なるべく汚くて、目立たない格好をしてこい、
あとは歩きやすい丈夫な靴を履いて来い」
「よろしくぅ」
 
で、次の日。
バイタクのにーちゃんも汚いシャツとズボンにビーサンに
なぜか、ほっかぶりをして、帽子(どうみても、農家の人)。
私は、暑いから、Tシャツの上に、ウインドブレーカーとすぐに洗える綿のパンツと運動靴。
途中、行く途中で、にーちゃんが厚いマスクを買ってくれた。
ほこりが多いからかと思ったが、ゴミ山に近づくに連れて、納得。
何台もゴミの収集車がやってきて、行く途中でも、
何人も人が、ビニールやペットボトルをゴミ袋に入れて歩いてきたり、
再利用するために、ビニールを干したりしていた(100㎡ぐらい全部ビニール)。
少しずつ悪臭が漂ってきて、ようやく山の下に着いた時は、
生まれてから見てきた光景で、一番衝撃を受けた光景が広がっていた。
 
山のいたるところから、変なガスによる煙が出ていて、
子供から大人まで、破れた服や裸足のまま、ゴミをかき分け、拾っていた。
ゴミ収集車が来ると、それはもう争い。
子供を吹っ飛ばして、割り込む大人。
吹っ飛ばされても、果敢に、金目のものに群がる子供。

真っ黒に汚れた顔に、いたるところに擦り傷や切り傷のある子供。
その足元は、穴のあいた長靴ならいい方。
はだしで、血がにじんでいる子供もいた。
しかも、そんなことは気にとめる暇もなく、ゴミを拾う。
これが、同じ人間の生き方なんだろうか・・・。

ちょっと長くなったので、明日に続きます。
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/15 SLT-A65]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[10/11 NONAME]
[01/24 kansuke]
プロフィール
HN:
なべぞう
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析